和泉首相補佐官・大坪審議官“安倍側近不倫カップル”の醜聞が止まらない 「文春」より早く2人を告発したブログが新たな音声公開を予告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
和泉首相補佐官・大坪審議官安倍側近不倫カップルの醜聞が止まらない 「文春」より早く2人を告発したブログが新たな音声公開を予告の画像1
厚生労働省HPより


安倍首相の新型コロナ対応をめぐる失態が次々発覚し、批判が集まっているが、忘れてはいけないのはクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号の存在だろう。

 きょうようやく船長ら乗員が全員下船したが、同船からは死亡者、重症者が続出している。これは乗客・乗員を守るのではなく、とにかく上陸させないよう封じ込めた政府の姿勢がこの結果を招いているのだ。

 実際、政府が同船をただの“厄介払い”の場所としてしか考えていないことを証明するような人事も行われていた。安倍首相側近・和泉洋人首相補佐官との公費不倫問題を追及されている厚労省の大坪寛子・大臣官房審議官が2月の半ばからこのダイヤモンド・プリンセス号に派遣されていたのだ。

 たしかに大坪氏は健康危機管理・災害対策室の担当だが、これまでは東京で記者会見や総理レクを行なってきた。それがいきなりクルーズ船派遣というのは、明らかに、国会やマスコミの追及から身を隠すためだろう。実際、この公費不倫カップルを追及し続けている「週刊文春」3月5日号によると、大坪氏は背中に〈厚生労働省〉と記された紺色のジャージに身を包み、関係者の作業場となっている「サボイ・ダイニング」に詰めているというのだが、なんの仕事をしているのかさっぱりわからない状態だったという。

 しかし、大坪審議官といえば、一連の不倫報道でも明らかになったように、和泉補佐官の虎の威を借りた政策ゴリ押しや傍若無人な言動を繰り返し、いたるところでトラブルを引き起こしている問題官僚。ただでさえ、混乱をきたしているダイヤモンド・プリンセス号に派遣して、大丈夫なのか。

 実際、前述した今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)には乗船した医師の証言で、さっそく大坪氏の問題行動が暴露されていた。なんと、感染対策で飲食が禁止になっている作業エリアにスイーツやコーヒーを持ち込んだり、マスクをしていない姿をしょっちゅう目撃され、注意を受けているというのだ(大坪氏本人・厚労省は「文春」の取材に否定)。

 だが、責任はこんな問題官僚を追及から隠すために危機が切迫しているクルーズ船に送り込んだ政府にある。政府はそんな姑息な工作で現場に迷惑をかけるより、大坪氏を即刻戻して一連の問題について国会で説明させるべきではなかったのか。
 
 実際、大坪氏と和泉首相補佐官がやっていることは、ただの不倫ではない、その関係を仕事に持ち込み、行政を歪めているのだ。出張にかこつけた京都不倫デートに始まり、和泉氏による大坪氏の厚労省審議官昇格ゴリ押し、ノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大学iPS細胞研究所所長への恫喝、和泉氏への海外出張に無関係な大坪氏の同行、二人の部屋を内部でつながっているコネティングルームにしろとの要求……。

 さらに、本サイトがいち早く報じたAMED(独立行政法人日本医療研究開発機構)の問題も、疑惑の火付け役「週刊文春」(2月27日号)が取り上げた。

 あらためて説明しておくと、AMEDとは、安倍政権が「健康・医療戦略の司令塔」として設立させた独立行政法人で、和泉氏が室長をつとめる内閣官房の「健康・医療戦略室」が事実上の上部組織として担当してきた。ところが、大坪氏が和泉氏の威光をカサに健康・医療戦略室の次長に就任してからというもの、ノーベル賞受賞の山中伸弥所長を恫喝したのと同じような高圧的なやりかたで、AMEDの方針にことごとく介入。AMED側がこれに反発し、機能不全状態に陥っていた。

 すると、2019年7月、AMEDの担当である健康・医療戦略室室長である和泉補佐官が乗り出し、AMED幹部を呼び出したのだという。

「文春」の音声テープ報道以外にもAMEDを舞台にした和泉・大坪の行政私物化疑惑

「週刊文春」(2月27日号)の記事はその際の和泉氏の発言内容を「安倍首相補佐官愛人『溺愛』音声」と題して公開したのだが、中身は唖然とするものだった。何しろ、文春によると、和泉氏はAMEDの幹部職員3人にこんなセリフを吐いているのだ。

「大坪次長もさ、激しくてみなさんとうまくいっていないかもしれないけど、彼は健康・医療戦略……彼女か、健康・医療戦略室次長に残すし、AMED担当室長は彼女になるから。そういうつもりでちゃんと付き合ってもらわないと困るよ」

 和泉氏は、大坪氏は何があっても替えないし、出世させるから、お前らが態度を変えろ、と迫ったというわけだ。

 しかも、この前後に和泉氏は「ちゃんとできていないようだったら、もともとの出身省庁からこのポストを置くのはまずいってことになる」「財務省は全面的に、皆さん方の頭を飛び越えて、本省の各原課も飛び越えて、各々会計課と直接やるから。あなた方がどういうつもりか知らないけど、そんな生易しい話じゃないからさ」などと発言していた。

 ようするに、和泉氏はAMEDを愛人である大坪氏が思い通りに動かせる組織にすべく、人事や予算をちらつかせて圧力をかけていたのである。

 まさに行政の私物化の極みだが、しかし、AMEDを舞台にした和泉・大坪の不倫カップルの行政私物化は「文春」が報じたこの恫喝テープだけではない。本サイトが以前報じたように、緊急的な感染症対策に使われるような予算を、大坪氏が無理やり自分の担当するプロジェクトにつけた問題も明らかになっている。

 その所業が暴かれたのは、1月9日に開かれた第10回AMED審議会でのこと。専門委員のほかAMEDの役員、さらに大坪氏ら官僚も参加する会合だが、AMEDの末松誠理事長が挙手し、こう述べたのだ。

「事実を申し上げたいと思っていることがございまして、昨年の7月以降、実質的にはそれより前から始まっていたかもしれませんけれども、大坪氏が次長になられてから、我々のオートノミーは完全に消失しております」
「令和元年度の後半戦の調整費がどういう運用の仕方をされたかということを次に申し上げますと、その80億前後のお金がですね」

 ここまで話したところでAMED審議会会長の田辺国昭氏にさえぎられてしまったが、末松理事長が口にしたこの「80億前後の調整費の運用」こそが、大坪氏の新たな疑惑だった。

大坪審議官が感染症研究などの予算80億円を独断で無関係な自分の担当事業に投入

 AMEDには通常の予算とは別に、内閣府に計上される科学技術イノベーション創造推進費のうち175億円(2019年度見込み)が医療分野の研究開発関連の「調整費」として充当される。

 この「調整費」はAMED理事長がプログラムディレクターらの意見を勘案して現場の状況・ニーズに対応する「理事長裁量型経費」と、健康・医療戦略推進本部による機動的な予算配分をおこなう「トップダウン型経費」の2つに分かれている。この「トップダウン型経費」は〈感染症の流行等の突発事由により、可及的速やかに研究開発に着手する必要が生じた場合〉や〈ある領域において画期的な成果が発見されたこと等により、当該領域へ研究開発費を充当することが医療分野の研究開発の促進に大きな効果が見込まれる場合〉(「医療分野の研究開発関連の調整費に関する配分方針」より)に配分されるものなのだが、2019年度まで執行されたことはなかった。

 ところが、昨年11月にはじめて「トップダウン型経費」に88億4000万円が配分されたのだ。新型コロナウイルスなどの緊急的な感染症研究に使われたわけではない(時期的にも新型コロナウイルスが問題になる前だから当たり前だが)。約90%にあたる約80億円が厚労省の「全ゲノム解析実行計画」に使われることが、大坪氏の独断で決まったのだという。「全ゲノム解析実行計画」というのは、厚労省ががんと難病の患者を対象に、すべての遺伝情報(ゲノム)を網羅的に調べ、創薬などに活かそうというもの。医療産業に国際競争力をつけるという意味では重要だが、感染症対応のような緊急性や画期的な成果の発見があるわけではなく、「トップダウン型経費」の趣旨とはまったく違う。

 にもかかわらず、こんな不可解な予算のつぎ込み方がされたのは、ほかでもない、この「全ゲノム解析実行計画」の厚労省での取りまとめ役が大坪氏だったからだ。つまり、大坪氏は自分の省庁での担当のプロジェクトに金を優先的につぎ込むため、本来の使途を歪めるかたちで予算を充当しようとしていた。末松理事長はそのことを告発しようとしたのである。

 実際、末松理事長は前述したように、いったん、田辺会長にさえぎられながらも再び挙手して、こうつづけた。

「先ほどちょっと申し上げた80数億のお金、多くはゲノム関連の調整費として使われますけれども(中略)現時点までは我々はディスカッションには一切参加しておりません。これはトップダウンですので、そのような仕組みになっています。このような仕組みはルールの範囲内ではあるけれども、AMEDから見ても極めて不透明な決定プロセスで中身が決まっております」

 そして、末松理事長は、大坪氏のトップダウン型調整費の運用について、「利益相反になっている」と批判した。

「健康・医療戦略室の意思決定、トップダウン型の意思決定のプロセスというのは、明確に申し上げますと、大坪次長、現在は非常勤のAMED担当室長ということですけれども、かつ厚労大臣の審議官をやられております。そのような状況下で、研究者コミュニティーから見ると、研究費を応募した側と審査した側が同じになっているわけです。利益相反状態です。この利益相反状態で恣意的な省益誘導が行われたというふうに言われても反論のしようがないと思います」

 山中伸弥氏に対して大坪氏は「iPS細胞への補助金なんて、私の一存でどうにでもなる」と言い放ったとされているが、大坪氏は自身の “特権的地位”を利用し、自分がかかわる事業に予算を配分した。そう考えないわけにはいかないだろう。しかも、そこには“昵懇の関係”である和泉首相補佐官の存在が大きく影響しているのは間違いない。

  しかも、この「ゲノム解析実行計画」への不自然な予算投入の裏にはもっと深い疑惑があるとの見方もある。

「文春」より早くから和泉・大坪を告発していたブログが新たな音声公開を予告

 だが、AMED理事長による重要な告発がおこなわれたというのに、国会では和泉首相補佐官を参考人として出席させるよう野党が求めても、それを与党がシャットアウト。その一方で“無能答弁”を連発している北村誠吾地方創生相を補佐する職員の出席を強行採決で決めてしまった。

 都合の悪い人物は徹底的に国会招致を認めないのは安倍政権の常套手段だが、これには衆院予算委員会で立憲民主党の辻元清美議員が「(和泉氏は)加計学園の真実を知っているから厳しく処分できないんじゃないか」と追及。しかし、安倍首相はその後、「意味のない質問だよっ」と暴言ヤジを吐く始末だった。

“和泉隠し”でこの“不倫私物化”疑惑をスルーしたいのだろうが、しかし、和泉・大坪の不倫カップルの告発はまだ次があるとの見方も濃厚だ。

 というのも、二人のことを告発してきたブログ「漂流する日本の医療研究開発」が、新たな音声テープの存在を示唆したからだ。

 同ブログは、この間、和泉・大坪コンビの山中教授への恫喝やAMEDの問題を「文春」よりも早くから追及していた。しかも、その筆致からすると、明らかに内部の関係者だと思われる。

 そのブログが、文春の「安倍首相補佐官愛人『溺愛』音声」報道直後、記事を更新し、和泉首相補佐官にこんなメッセージを投げかけたのだ。

〈今回の音声データ、さすがに想定外だっただろう。
それでもまだ、目を覚ますことができないのか。
これくらいどうってことはないと強がるのか。
これで撃ち止めだと思っているのか。
いや、昨年12月26日にあなたがやったことを私は忘れない。
正気を取り戻すことができないなら、あの日の音声を世に問うことだって躊躇わない。
あの日、官邸の執務室で、また大きな嘘をついた。
面と向かって、目を覚ませと言われ、しかし言を左右にして逃げ続けた。
自分で始末をつけられないなら、正義を葬ろうとした事実は、国民の審判の前に照らし出さねばならない。〉

 安倍政権下でやりたい放題をやってきた和泉首相補佐官と大坪審議官の不倫コンビに次はどんな問題が飛び出すのか。要注目である。

最終更新:2020.03.02 10:34

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

和泉首相補佐官・大坪審議官“安倍側近不倫カップル”の醜聞が止まらない 「文春」より早く2人を告発したブログが新たな音声公開を予告のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。和泉洋人大坪寛子安倍晋三新型コロナウイルス漂流する日本の医療研究開発編集部週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
2 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
3 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
6 自民党がネトサポに他党叩きを指南
7 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
8 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
9 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
12 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
13 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
14 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
15 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
16 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
17 安倍政権は「放送法」の拡大解釈だ!
18 大阪万博が東京五輪と酷似!大阪ワクチン開発者が総合Pで顧問企業が
19 玉川徹が21日の番組で不在 菅の弔辞は「銀座の焼き鳥屋」もでっち上げか
20 維新の不祥事が止まらない! 猪瀬直樹セクハラ、新たに部落差別
1 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
4 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄