菅官房長官の右腕もIR汚職企業と関係か 内閣官房IR推進本部の事務局トップが500ドットコムCEOと仲良くシンポジウム参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
菅官房長官の右腕もIR汚職企業と関係か 内閣官房IR推進本部の事務局トップが500ドットコムCEOと仲良くシンポジウム参加の画像1
首相官邸ホームページより


 自民党の秋元司衆院議員の逮捕によって、カジノ(IR)を取り巻く状況は政界の巨大疑獄事件に発展しようとしている。逮捕された秋元司衆院議員、家宅捜索を受けた白須賀貴樹衆院議員以外にも、贈賄で顧問が逮捕された中国企業「500ドットコム」から接待や供与を受けたとして、さまざまな政治家の名前が取りざたされている。

 そんななか、今度は菅義偉官房長官率いる内閣官房のIR事務責任者が、中国企業「500ドットコム」が深く関わったシンポジウムに参加していたことがわかった。

 このシンポジウムとは、2017年10月29日、東洋大学白山キャンパスで開かれた「ギャンブル依存研究の最前線」。周知のように、カジノを認めるIR法成立にあたっては、ギャンブル依存症対策の必要性が叫ばれ、現在も、予算拡大、保険適用などの動きが進んでいる。このシンポジウムもそうした推進とセットで開催されたものらしく、会場に集まった100人ほどの聴衆も多くはIR関係者だった。

 シンポジウムではまず、京都大学医学部の高橋英彦准教授(当時)が基調講演を行ったのだが、これに続いて、なぜか500ドットコムの最高責任者・潘正明CEOが登壇。「ギャンブル依存症対策におけるビッグデータの役割」と題して特別講演を行なったのだという。

 そのあと、潘氏も残る形でパネルディスカッションが開かれたのだが、これに参加したのが、中川真・内閣官房IR推進本部事務局長(当時は次長)だった。中川氏はこの日、菅官房長官の「日本から依存症を減らすのではない。依存症をなくす」という言葉を紹介し、IR推進法の成立を受けて、政府はギャンブル依存症の取り組みを本格化させると力説。来場者からの質問に応じるかたちで、「IR法案を出すことになるのは、おそらく来年以降に開催される国会になるのではないか」と、法案提出の見通しまでとくとくと解説していた。

「中川氏は財務省出身ですが、2014年から内閣審議官として内閣官房に出向。菅官房長官に重用され、2017年からはIR法の策定やカジノ事業者の管理政策を一手に仕切ってきた。2018年には、来年から発足するカジノの監視機関・カジノ管理委員会の人選にも大きな影響力を発揮してきました」(全国紙官邸担当記者)

 いわば、中川氏は日本のIR推進のキーマンとなってきた官僚、IR政策における菅官房長官の右腕的存在なのだ。そんな人物が国会議員への賄賂ばらまきで捜査を受けているカジノ企業のCEOと同席していたというのは驚きではないか。

 しかも、これ、第三者が開いたシンポジウムにたまたま同席したという話ではない。というのも、このシンポジウム主催者は「依存学推進協議会」(以下・依存学会)というNPO 法人なのだが、この団体、500ドットコムと一時、密接な協力関係を築いていたからだ。2017年10月、500ドットコムと依存学会は共同でギャンブル依存症対策研究のテーマ検討部会を立ち上げており、前述したシンポジウム3日前の10月26日に、潘CEOと依存学会の西村周三理事長が同席して記者発表を行っている。

「当時、500ドットコムは8月に日本法人を立ち上げたばかり。その存在を政府や自治体、IR関係者にアピールするために、この依存学会に接近して、協力体制を築いたんでしょう。当初は、研究助成の名目で500ドットコムが資金提供する予定があるとの話も聞きました。内閣官房IR推進本部の中川局長が出席したシンポジウムも、明らかに500ドットコムの宣伝の意味合いがあったと思いますよ。実際、500ドットコム自体がまるで自社主催のような体でプレスリリースを出していましたから」(IR関係者)

 500ドットコムが依存学会に資金提供していたかどうかについてはまだ、はっきりした証拠はないが、少なくともこのシンポジウム自体、500ドットコムの息が強くかかっていたことは間違いない。

 逮捕された秋元議員も2017年8月、逮捕された500ドットコムの顧問が仕切って那覇市で開いたIRのシンポジウムで潘CEOとともに基調講演を行ったことが明らかになっているが、内閣官房のIR推進本部事務局長・中川氏も、同じことをしていたといってもいいだろう。

 また、これは裏を返せば、500ドットコムのアプローチが政権中枢にまで伸びていた証でもある。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

菅官房長官の右腕もIR汚職企業と関係か 内閣官房IR推進本部の事務局トップが500ドットコムCEOと仲良くシンポジウム参加のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。IRカジノ中川真依存学推進協議会勝見博光潘正明編集部菅義偉谷岡一郎の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相「108兆円経済対策」は詐欺だ! 30万円給付の説明も嘘だらけ
2 安倍首相が「布マスク2枚」につぎ込む予算は報道の2倍「466億円」!
3 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
4 自粛補償を拒否、“ドケチ”全開の安倍首相がコロナを利用して改憲に前のめりに
5 アパホテル借り上げは安倍が直接電話、歴史修正本も「撤去しない」
6 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
9 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
10 緊急事態宣言で従業員は逆に「休業手当」を貰えなくなる? 加藤厚労相も…
11 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
12 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
13 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
14 安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
15 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
16 糸井重里“『Fukushima50』で泣きっぱなし”に批判!町山智浩も
17 黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
18 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
19 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
20 田崎史郎が室井佑月に逆ギレ
1安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2アパホテル借り上げは安倍が直接電話、歴史修正本も「撤去しない」
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
5自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
6安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
7 安倍首相「108兆円経済対策」は詐欺だ! 30万円給付の説明も嘘だらけ
8昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
10阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
11 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
14「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
16安倍首相が「布マスク2枚」につぎ込む予算は報道の2倍「466億円」!
17感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
19大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄