GLAYの新アルバム収録曲「元号」がすごい! 令和ブームに逆らい戦争への反省呼びかけ、社会の弱者排除を批判

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
GLAYの新アルバム収録曲「元号」がすごい! 令和ブームに逆らい戦争への反省呼びかけ、社会の弱者排除を批判の画像1
GLAYの新アルバム『NO DEMOCRACY』


 90年代から2000年代にかけて社会現象とも言える人気を博したGLAY。かつては「ビジュアル系バンド」「ラブソング」というイメージが強かったが、10月、『NO DEMOCRACY』というタイトルのアルバムをリリースして、話題を集めている。

 リーダーのTAKUROはインタビューでこのタイトルをつけた理由について、「内輪だけで民主主義と浮かれていても、いざ一歩外に出てみると戦争や宗教問題など様々な理由から、未だ民主主義が確立されていない理想とは程遠い現実がある」と語っている(2019年8月17日付ニュースサイト「音楽ナタリー」より)。つまり、『NO DEMOCRACY』はいまの世界情勢や政治状況に対する強い危機感がストレートに表現されたタイトルなのだ。

 実際、このアルバムには、鋭い政治的メッセージが含まれた曲が複数収録されている。例えば、その一つが「戦禍の子」だ。

〈国を奪われ家族とはぐれ/国境を目指す民に/機関銃〉〈今度生まれてくる時は/ちゃんと見つめてもらいなよ/ちゃんと守ってもらいなよ/ちゃんと愛してもらうんだよ〉

 この歌詞からもわかるように、「戦禍の子」は、難民問題に真正面から取り組んだ曲だ。TAKUROによると、シリア難民の支援活動を行っているSUGIZO(LUNA SEA)から話を聞いたのがきっかけになったという。日本のメジャーバンドがこうした題材を扱うだけで異色だが、作詞のTAKUROはGLAY公式サイトのインタビューのなかで、この曲にさらなる深い意味を込めたことを明かしている。

「日本における子供の貧困っていうのも、実は隠れた数値ではものすごく高いらしくて、そういうことも同一線上にもってきたいと思いました。どれくらい悲劇かっていうのは、当事者にしかわからないので、「難民は不幸せで、日本にいたらとりあえず幸せでしょ?」ということでもないなって。誰かの痛みはその人にしかわかり得ない、そうなってくると、壮大な地球の裏側のことを歌っているようで、実はすごく身近なことを歌ってるような気がしてきて」

 日本人がほとんど無視している海外の難民問題に光をあてるだけでなく、それが日本でも現在進行形で起きている事態と地続きであること見抜き、表現する。これはTAKURO、そしてGLAYが非常に高い政治意識をもち、いま起きている様々な社会問題をきちんと勉強していることの表れだろう。

 さらに、驚いたのは、アルバムのラストを飾る「元号」という曲だ。平成から令和への代替わりでは、周知のように日本中が祝福ムード一色に染まり、メディアは元号の根本的な問題点に触れることもなく、無自覚に「日本の歴史を再認識」「新しい時代の幕開け」などと報じた。そして、芸能人やクリエイター、アーティストたちもまるで何か素晴らしい未来の代名詞であるかのように、「令和」という元号を使っていた。

 もしや、GLAYも同じパターンかと思いきや、しかし、「元号」ではこんな詞が歌われていた。

〈かつて兵士たちは目隠しのままで玉砕しました/消え去った祖国の夢と/今もあの戦争(とき)を悔やんでいるならば/声をあげて欲しい 新しい元号の下で〉

 昭和、平成、令和へと時代が移り変わっていく時の流れを歌う中で、昭和の時代に日本が起こした戦争に言及し、新しい元号になったいまこそ、そのことへの反省の声をあげるべきだと明言していたのだ。これは明らかに「令和」の時代、安倍政権下で進む、戦争肯定、歴史修正主義に抵抗する文脈から出てきた歌詞だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

GLAYの新アルバム収録曲「元号」がすごい! 令和ブームに逆らい戦争への反省呼びかけ、社会の弱者排除を批判のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。GLAYNO DEMOCRACYTAKURO元号田部祥太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
4 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
5 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
6 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
9 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
10 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
11 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
12 IR汚職“起訴”の企業会長夫人と同姓同名の人物が進次郎、鈴木道知事に献金も
13 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
14 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
15 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
16 King Gnu・井口理が米イラン緊張で日本の戦争加担に危機感
17 エイベックス松浦会長が「安倍さんでなくて菅さん」
18 秋元康の東京五輪に椎名林檎が危機感
19 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
20 ウーマン村本がよしもと社長からの圧力を激白!
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄