三浦瑠麗が「表現の不自由展」感想ツイートでまた無教養と御用ぶり晒し非難殺到! ナチスばりの芸術観まで披露

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ネトウヨのレッテルと論理展開をそのまま使って作品を批判する三浦センセイの不見識

 では実際、三浦センセイの連続ツイートの何が「ヤバイ」のか。解読してみよう。

 まず、三浦氏は〈実際に見た感想では、いくつかの配置や説明、そもそもの作品の取り合わせによる配慮不足が目立ちました〉と主張。次に、大浦作品や千葉の朝鮮学校の学生による作品などに言及する。そのうえで〈けれどもやはりこの部屋で目を引くのは二点〉と強調し、こう続けている。

〈いわゆる戦前回帰の危険を訴えた「日本人の墓」のアートと、そしてその向こうにすぐ見える少女像です。大浦作品によって、説明不足なままに天皇に対する愛憎のようなウェットな世界観を見せられた鑑賞者は、十分他の作品を消化することなしに、この「墓」アートと少女像に直面することになります。〉
〈感情のジェットコースターのように、情を掻き立てる表現と、「日本人の墓」のように鑑賞者に分断線を引く表現に晒されたうえで、鑑賞者は少女像に共感してみることを提案されるのです。ここでいう分断線を引く行為とは「目覚めた者」と「愚か者」、「知者」と「愚者」を分けようとする行為を指します〉

 えーっと、いちおう突っ込んでおくが、三浦氏の言う「日本人の墓」なんて名前の作品は存在しない。三浦氏が指しているのは、中垣克久氏の立体作品のことだろうが、この作品はかまくら型をしており、外壁には「日本は今病の中にある」と書かれた紙や、安倍首相の靖国神社参拝や政権の右傾化を批判する内容の紙片、あるいは新聞記事などが貼られ、頂上には日章旗が、内部には星条旗が置かれている。

 2014年の東京都美術館の展覧会で「憲法九条を守り、靖国神社参拝の愚を認め、現政権の右傾化を阻止して、もっと知的な思慮深い政治を求めよう」という紙片が館側から問題視され、その部分を撤去させられた。今回の中止問題でも、ネトウヨたちが「間抜けな日本人の墓」と呼んで“反日”レッテルを貼ったが、正式な名称は「時代の肖像−絶滅危惧種 idiot JAPONICA 円墳−」である。

 それを、ネトウヨと同じく「日本人の墓」なんて呼んでいる時点で「あ、三浦センセイ、ネットの聞きかじりだけでテキトーなこと言ってるだけなんじゃないの?」って気がしてくるが、それにしても〈「目覚めた者」と「愚か者」、「知者」と「愚者」を分けようとする行為〉って……。とりあえず引用を続けよう。

〈一見、この「墓」の芸術作品は倫理的なように見えます。しかし、この分断線が引かれていることで、まず「あちら側」にいる人間が参加しにくくなり、次にそのような態度をもつ作者の見解は必ずしも明白に真実とは言えないため、却って反感を呼び起こしがちです。〉
〈そもそも、何をもってして「目覚めた自分」と「目覚めていない大衆」を分けているのか。アートに使われた多数の新聞記事の報じた法改正や議論の中身を、この作者は果たして理解できているのか。様々な疑問が浮かびます。〉

 なんてことはない。ごちゃごちゃと書いているが、簡単に言い換えると「反安倍政権っぽいから政権が好きな人は嫌がるよね」という、極めて低レベルな感想。つまるところ、“反政権的な要素”という作品の表層をすくって、「こちら側」(反政権)と「あちら側」(親政権)に分け、作者が「あちら側」を「愚か者」に分類していると決めつけることで、“反感が生じてもしょうがない”と主張しているわけである。しかも「新聞記事の中身を作者は理解できているのか」とマウンティングのおまけ付き。三浦センセイが得意とする論法だ。

 いい機会なのでタネを明かしてしまうが、実はコレ、右派論壇による“朝日新聞バッシング”とか“リベラル叩き”とまったく同じやり口である。“反権力”的な言説ないしメッセージに対して「なんで上から目線なんだ。バカにするな」と食ってかかることで、権力構造を組み替え、本来ならルサンチマンが支配層へ向かうところを無理やり「進歩派」「リベラル」へすげ替えるという手法。だいたい、以前の展示会で「時代の肖像」の政権批判の文言を消さざるをえなかったという文脈に、三浦氏はどうして触れようとしないのか。その時点で作品の感想として二流もいいところだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

三浦瑠麗が「表現の不自由展」感想ツイートでまた無教養と御用ぶり晒し非難殺到! ナチスばりの芸術観まで披露のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。Twitterあいちトリエンナーレ三浦瑠麗小杉みすず自民党表現の不自由展の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
2 菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
3 菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
4 東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
5 山口敬之氏が詩織さんに卑劣すぎる反論
6 菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
7 釜山総領事更迭の裏に官僚監視秘密警察
8 山口達也の事件をNHKが隠蔽していた
9 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
10 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
11 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
12 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
13 俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
14 河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
15 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
16 安倍首相が隠した原発事故の責任
17 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
18 安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 葵つかさが「松潤とは終わった」と
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2 安倍前首相はやはり仮病だった!読売のインタビューでケロッと「もう大丈夫」
3菅義偉首相が使った官房機密費の“ヤミ金”は合計78億円!
4菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
5安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
8安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
9東京五輪招致をめぐるICC買収に新証拠! 菅首相も賄賂に関与か
10菅首相の叫ぶ「規制緩和」は30年前の流行語
11菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
12菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
13総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
14大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
15大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
16菅首相が山口敬之氏への資金援助を親密企業「ぐるなび」会長に依頼か
17菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
18河野太郎のパフォーマンスがひどい! 行政改革目安箱を私物化
19三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
20『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄