2019年参院選ウヨミシュラン(前編)

参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編! ヘイト、表現への圧力、人権否定、女性差別…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

和田政宗 ☆☆☆☆☆☆☆ もはや極右以上!人権を破壊する「和田改憲試案」の恐ろしい中身

 とても☆☆☆では言い表せない、今回の参院選のなかでも郡を抜いたネトウヨっぷりを発揮する和田氏。ネトウヨ御用達雑誌「JAPANISM」2014年6月号掲載の鼎談では「極右かもしれません(笑)」と自らおどけているが、もはや思想的な“極右”かどうか、そんな基準で測るにも値しない。
「まさかとは思いますけども、太田理財局長は民主党政権時代の野田総理の秘書官も務めておりまして、増税派だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権を貶めるために、意図的に変な答弁をしているんじゃないですか?」
 森友問題をめぐり、国会質疑で太田充・財務省理財局長(当時)に対してブッ放ったこの陰謀論攻撃は、ある意味で伝説となった。最近も「週刊文春」に「公示前の事前選挙運動」を報じられ、「切り貼りされた」「文春の加藤晃彦編集長、『とにかく和田政宗を攻撃する記事を書け』と指示したというのは本当でしょうか?」などとほざいていたが、結局、文春にノーカットの音源を公開された。批判されると陰謀論で逆ギレする姿はネトウヨそっくりだ。端的に言って、無様である。そんな和田氏を応援する集会に安倍昭恵夫人が登場し、熱烈なエールを送ったのは本サイト既報のとおり。
 だが、はっきりしておきたいのは、この人が単なる“ネトウヨ芸ひけらかしおじさん”ではないということだ。たとえば著書『日本国憲法「改定」』では、〈「日本が侵略戦争をし、植民地支配をした」という論〉を〈これは歴史的事実からも否定されるもの〉〈日本は韓国、台湾を統治したが、それは植民地支配ではない〉などと言って否定しつつ、〈日本精神をくじくための教育界をはじめとした工作活動が効果を発揮してしまっている〉などと述べているのだが、同書に掲載されている憲法改正の「和田試案」を読むと、本当に頭がクラクラしてくる。
 和田試案では現行の9条に関して〈国家固有の権利として自衛権を保持し、自衛のための軍その他の戦力を保持する〉を加えるなど、もはや平和憲法の形跡など微塵もない。だが、これは序の口だ。
 国民の権利や自由に関する規定では〈日本国民は、法律に反しない限り、政治活動の自由がある〉、〈日本国民には、法律に反しない限り、居住、移転および職業選択の自由がある〉、〈日本国民は、法律で定められた例外を除けば、通信の秘密を侵されない〉、〈日本国民は、法律に反しない限り、勤労者の団結する権利および団体交渉その他の団体行動をする権利がある〉などと並べられている。お分かりだろう。国民の諸権利に対して、いちいち「法律に反しない限り」などの文言がつけられているのだ。
 言うまでもなく、「法律に反しない限り」などと憲法に書き込むと、それら「権利」や「自由」を弾圧する法律をつくることに制限がなくなる。これは和田氏が、憲法は権力を縛るものだということ(最高法規性)を全く理解していないのはもちろん、発想として、個人の人権や自由を政治体制が制限することに躊躇がないことを意味している。
 他にも、法の下の平等を定める現行第14条、請願権に係る現行第16条、議員および選挙人の資格を定める現行第44条には、いずれも差別を禁じる規定があるのだが、「和田試案」ではこれらがすべて削除されている。まして和田氏は、試案について〈人権に関する条項の数はできる限り絞り込み、法律で規定するかたちにする〉〈憲法や民主制は、国家が存在して初めて成立するものである。よって、政党については、国家の存在を認めることを最低限の条件とする〉などと自慢げに解説しており、個人の権利に関する条文を大幅に消している。
 思い出してもらいたい。安倍自民党はいま、9条など日本国憲法を変えようとしている。さすがに和田氏の試案ほど頭が悪くはないが、本音は似たりよったりだろう。少なくとも、こういう人物を公認し比例で出馬させるのが、正真正銘、いまの自民党なのである。


……………………………………………………

 いかがだっただろうか。やっぱり自民党候補ばかりになってしまったわけだが、上で紹介した以外にも、タカ派改憲論ないし歴史修正主義をバラまく極右候補は大勢いる。また、後編では参院選挙区での「ウヨミシュラン」を公開するので、そちらも是非ご一読いただきたいところだ。
 いずれにしても、当たり前のように「憲法9条改正」を唱える候補者ばかりで、ちょっと感覚が麻痺しそうになるが、その裏には差別意識や、人権を否定するグロテスクなイデオロギーが潜んでいるのである。選挙で正面から連中を止められるのは、有権者だけだ。それを忘れないでほしい。

最終更新:2019.07.20 08:14

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

参院選の極右候補者をチェック「ウヨミシュラン」比例代表編! ヘイト、表現への圧力、人権否定、女性差別…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ウヨミシュランヘイトスピーチ参院選編集部自民党の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
2 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
3 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
10 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
11 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
12 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
13 自民党がネトサポに他党叩きを指南
14 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
15 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
16 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
17 吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
18 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
19 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
1検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
4安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
10内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
11河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
12田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
18木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
20ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄