テレビ局が憲法国民投票のCM規制を拒否した裏! 金欲しさに公平性無視、安倍自民党の「改憲CM」大量放送に全面協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

安倍改憲をバックアップするナベツネ率いる読売グループ

 そして、実際問題として、ナベツネの威光は絶大だ。昨年、安倍首相は安倍応援団番組を地上波でも流せるようにするため、政治的公平を義務づける放送法4条の撤廃やネット事業者などのテレビ参入促進などを盛り込んだ放送事業見直しを画策したが、これにナベツネが激怒。ナベツネの指示で読売新聞が猛批判を展開した上、読売ジャイアンツ戦を一緒に観戦した際には、ナベツネが安倍首相に「日テレがテレ朝みたいになっていいのか」と恫喝したと報じられたほど。結局、安倍首相は放送法撤廃を引っ込めた。

 このときのナベツネの目的は、『ニュース女子』のような政権擁護ヘイト番組の放送を阻止しようとしたわけではなく、たんに放送局の既得権益を守ることだった。だが、今回の国民投票のCM規制問題は特需が生まれる上、ナベツネにとっても悲願である憲法改正を実現させる千載一遇のチャンスがかかっているのだ。

 そもそも、大久保社長と安倍首相はメシ友であり、そこにナベツネの意向も合致しているとなれば何の障壁もない。民放連会長として安倍首相を最大限にバックアップしていくことは間違いないだろう。

 安倍首相の息がかかった応援団が暗躍して進んでゆく憲法改正をめぐる議論──。民放連が公平性を確保できないというのならば、どう考えても国民投票法の議論をイチからやり直すのが道理だが、自分たちの利益がかかったこの問題を掘り下げる民放の報道・情報番組は、はたしてあるだろうか。

最終更新:2019.05.09 11:54

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

テレビ局が憲法国民投票のCM規制を拒否した裏! 金欲しさに公平性無視、安倍自民党の「改憲CM」大量放送に全面協力のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ナベツネ国民投票安倍晋三憲法改正民放連編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
2 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
3 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
4 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
7 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
8 「こども庁」名称変更の裏に統一教会!安倍、山谷との関係を物語る内部文書
9 統一教会と自民党の関係をごまかすメディア…民放は有田芳生に発言自粛を要求
10 統一教会「名称変更」めぐり下村博文元文科相の嘘と疑惑が次々発覚
11 検察・国税の元担当記者が明かす癒着
12 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
13 片山さつきは警察に圧力!自民党が隠したい安倍元首相と統一教会の深い関係
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 未成年飲酒疑惑の手越が日テレW杯番組に
16 テレ朝が萩生田に全面謝罪した背景
17 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
18 Twitter「永久凍結」菅野完氏インタビュー
19 テレ東が番組で統一教会信者隠しと捏造
20 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
1テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
2維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
3統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
4安倍元首相と統一教会の直接的な関係が発覚!「桜を見る会」にも関係者
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄