バンクシーのネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲは逮捕! 小池百合子バンクシー騒動が日本社会に突きつけたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
バンクシーのネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲは逮捕!  小池百合子バンクシー騒動が日本社会に突きつけたものの画像1
Twitterではしゃぐ小池知事……


 1月17日、小池百合子東京都知事のツイートに多くの人々から失笑が漏れた。

 小池都知事は、港区にある金属製の防潮扉に描かれた、傘を差したネズミの落書きと、その横に上目遣いの澄まし顔でしゃがむ自身の写真とともに、こんな文章を投稿したのだ。

〈あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました! 東京への贈り物かも? カバンを持っているようです〉

 東京都はすでにこの板を取り外して倉庫で保管しており、担当者は朝日新聞の取材に対して「本来、公共物への落書きは許されないが……、本物であれば大騒ぎになりかねないので外した」と話しているという。

 ここで思い起こさずにいられないのは、「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」の件だ。

 昨年11月20日、東京入国管理局の公式ツイッターアカウントは、入管庁舎近くの道路や横断歩道などに書かれた「FREE REFUGEES」(難民を解放せよ)「REFUGEES WELCOME」(難民を歓迎する)の落書きの写真と共に〈~落書きは止めましょう~ 11月19日早朝,港南大橋歩道上にて。表現の自由は重要ですが,公共物です。少しひどくはないですか。。。〉と投稿した。

 このメッセージには、他国に比べて極端に難民認定が少ないことや、入管施設に収容された外国人に対しての人権問題など、入管に対する批判的な思いが込められているはずだが、そういった指摘には向き合うこともなく、また、本当に「ひどい」のは誰かという問いに思いを馳せることもなく、東京入国管理局は「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」のメッセージを「落書き」問題に矮小化させた。

 国家による人権侵害、難民問題の軽視を指摘した「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」は「落書き」として痛罵し、バンクシーの描いた(と東京都は思っている)ネズミの絵には「東京への贈り物かも?」と浮かれる──同じ落書きでも180度異なる態度から、その時その時の権力に寄り添うことで現在の地位を築いてきた小池都知事らしいミーハーさが浮き彫りになった一件だが、ここで改めて明らかになったのは、小池都知事がグラフィティアーティストであるバンクシーについて何ひとつわかっていないということだ。

 バンクシーのグラフィティアートは、行政に清掃されて消されたり、転売目的の犯行で壁ごと盗難されたりと、そのままの状態で路上に残らなかったケースも多いが、バンクシーのアートは「グラフィティが描かれた場所」も含めてメッセージが込められている芸術であり、行政がそれを剥がして倉庫で管理することは、その作品の価値を無に帰してしまうことである。

 ネズミは「労働者」「無宿者」「難民」といった都会のなかで忘れ去れられた人々を象徴する、バンクシーにとって重要なモチーフではある。また、東京藝術大学大学院教授の毛利嘉孝氏らの指摘によると、バンクシーのホームページやバンクシーが監督を務めた映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』に今回話題となっているネズミの落書きと酷似した落書きが登場し、映画やバンクシーに関する情報を集めた「Banksy unofficial」というサイトでは2003年に東京で描かれたと示唆されているという。とはいえ、今回のネズミの落書きがバンクシーの描いたものなのかどうかはわからない。

 だが、たとえ本物であったとしても、いや、本物であればなおさら、小池都知事のような権力者が「東京への贈り物かも?」などと歓迎するのは笑い草にしかならない。

 誰もが知る通り、バンクシーの描くグラフィティアートには、大資本家への批判や権力者に対する風刺など、資本主義や戦争への批判、反権力的なメッセージが込められている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

バンクシーのネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲは逮捕! 小池百合子バンクシー騒動が日本社会に突きつけたもののページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バンクシー入国管理局小池百合子編集部難民の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
2 大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
3 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
4 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
5 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
6 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
7 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
8 三原じゅん子が「政権を握っているのは総理大臣だけ」と無知発言
9 菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
10 『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
11 香港の国家安全法制報道で安倍応援団の「デマ認定」フェイクに本田圭佑が
12 小籔だけじゃない、おかずクラブや尼神インターも政府PR
13 倒産したジャパンライフと安倍側近
14 区立中学の性教育に自民党が圧力!
15 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
16 三原じゅん子の演説がカルトすぎる!
17 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
18 田崎史郎のいない素晴らしい世界
19 大新聞が光通信の名前を伏せ字に
20 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
1菅政権で「公費不倫」の和泉洋人首相補佐官が“再任、官邸官僚のトップに
2菅官房長官がテレビでもポンコツ露呈!『報ステ』では徳永有美に陰険クレーム
3 菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!
4安倍首相は本当に病気だったのか? 辞任表明以降一度も病院に行かず
5つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
6デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
7安倍首相が昨晩、フルコースを完食しワイン、ゴルフの約束まで! 
8菅政権の官房長官に決定 加藤勝信厚労相がコロナ対応で見せた無能
9菅義偉“総理”誕生で権力のために不正を働く「忖度官僚」だらけに
10総裁選で自民党がまた新聞社に圧力文書!
11ジャパンライフ山口会長逮捕 焦点は消費者庁の立入検査中止問題だ
12大坂なおみの黒人差別抗議マスクに冷ややかなマスコミとスポンサー
13台風を理由にテレビ討論欠席も菅官房長官は“災害対応おざなり”の常習犯!
14小泉今日子が怒りの反論「共産党から出馬」ガセ情報は内調の仕掛けか
15大坂なおみを賞賛し黒人差別に抗議した自民党議員がツイートを削除し謝罪
16菅内閣が「第三次安倍政権」化! 6月の時点で密約説
17日産への政府保証1300億円は「半沢直樹」のモデル日本航空の倍!
18三浦瑠麗が特別講師「N高政治部」で麻生太郎が民主主義否定の暴言
19『バイキング』坂上忍パワハラ報道は政権批判潰しだった!
20百田尚樹が「安倍総理にメールしても返信なし」とすねると2日後に…
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄