バンクシーのネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲは逮捕! 小池百合子バンクシー騒動が日本社会に突きつけたもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
バンクシーのネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲは逮捕!  小池百合子バンクシー騒動が日本社会に突きつけたものの画像1
Twitterではしゃぐ小池知事……


 1月17日、小池百合子東京都知事のツイートに多くの人々から失笑が漏れた。

 小池都知事は、港区にある金属製の防潮扉に描かれた、傘を差したネズミの落書きと、その横に上目遣いの澄まし顔でしゃがむ自身の写真とともに、こんな文章を投稿したのだ。

〈あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました! 東京への贈り物かも? カバンを持っているようです〉

 東京都はすでにこの板を取り外して倉庫で保管しており、担当者は朝日新聞の取材に対して「本来、公共物への落書きは許されないが……、本物であれば大騒ぎになりかねないので外した」と話しているという。

 ここで思い起こさずにいられないのは、「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」の件だ。

 昨年11月20日、東京入国管理局の公式ツイッターアカウントは、入管庁舎近くの道路や横断歩道などに書かれた「FREE REFUGEES」(難民を解放せよ)「REFUGEES WELCOME」(難民を歓迎する)の落書きの写真と共に〈~落書きは止めましょう~ 11月19日早朝,港南大橋歩道上にて。表現の自由は重要ですが,公共物です。少しひどくはないですか。。。〉と投稿した。

 このメッセージには、他国に比べて極端に難民認定が少ないことや、入管施設に収容された外国人に対しての人権問題など、入管に対する批判的な思いが込められているはずだが、そういった指摘には向き合うこともなく、また、本当に「ひどい」のは誰かという問いに思いを馳せることもなく、東京入国管理局は「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」のメッセージを「落書き」問題に矮小化させた。

 国家による人権侵害、難民問題の軽視を指摘した「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」は「落書き」として痛罵し、バンクシーの描いた(と東京都は思っている)ネズミの絵には「東京への贈り物かも?」と浮かれる──同じ落書きでも180度異なる態度から、その時その時の権力に寄り添うことで現在の地位を築いてきた小池都知事らしいミーハーさが浮き彫りになった一件だが、ここで改めて明らかになったのは、小池都知事がグラフィティアーティストであるバンクシーについて何ひとつわかっていないということだ。

 バンクシーのグラフィティアートは、行政に清掃されて消されたり、転売目的の犯行で壁ごと盗難されたりと、そのままの状態で路上に残らなかったケースも多いが、バンクシーのアートは「グラフィティが描かれた場所」も含めてメッセージが込められている芸術であり、行政がそれを剥がして倉庫で管理することは、その作品の価値を無に帰してしまうことである。

 ネズミは「労働者」「無宿者」「難民」といった都会のなかで忘れ去れられた人々を象徴する、バンクシーにとって重要なモチーフではある。また、東京藝術大学大学院教授の毛利嘉孝氏らの指摘によると、バンクシーのホームページやバンクシーが監督を務めた映画『イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ』に今回話題となっているネズミの落書きと酷似した落書きが登場し、映画やバンクシーに関する情報を集めた「Banksy unofficial」というサイトでは2003年に東京で描かれたと示唆されているという。とはいえ、今回のネズミの落書きがバンクシーの描いたものなのかどうかはわからない。

 だが、たとえ本物であったとしても、いや、本物であればなおさら、小池都知事のような権力者が「東京への贈り物かも?」などと歓迎するのは笑い草にしかならない。

 誰もが知る通り、バンクシーの描くグラフィティアートには、大資本家への批判や権力者に対する風刺など、資本主義や戦争への批判、反権力的なメッセージが込められている。

戦争、資本主義を徹底批判してきたバンクシー

 とくに有名なのは、パレスチナの各所に描かれた作品群だろう。口にバンダナを巻いた男が爆弾の代わりに花束を投げる様子を描いた絵(「花を投げる人」)、防弾チョッキを着た鳩がスナイパーの照準に狙われている絵(「防弾チョッキの鳩」)、パレスチナとイスラエルを隔てる壁を風船で浮き上がって飛び越えようとする少女の絵(「少女と風船」)などには、平和を願う気持ちと、戦争や紛争を続ける社会への皮肉が込められている。

 もうひとつ、彼の作品で重要な主題に資本主義批判がある。

 ディズニーランドを徹底的におちょくった悪夢のようなテーマパーク「ディズマランド」の建設を監修したこともあるし、それ以外にも、ベトナム戦争時に裸で逃げる少女を写した有名な写真「戦争の恐怖」をコラージュし、少女の両隣にミッキーマウスとドナルド・マクドナルドを置いた絵(「ナパーム」)には、多国籍企業によって支配された世界に対する強烈な批判精神が込められている。

 こういった作風からもわかる通り、もしも小池都知事がアップしたものがバンクシーによる作品なのだとしたら、傘を差したネズミの落書きが「東京への贈り物」なんて、為政者が呑気に浮かれるものなわけがない。

 それを〈あのバンクシーの作品かもしれないカワイイねずみの絵が都内にありました!〉などとはしゃいでいるツイートから、小池都知事がいかにアートへの理解のない無教養な人物で、そのくせ、いかに「金」と「名声」には弱いかということを端的に示している。

 小池都知事の赤っ恥なツイートはどうでもいいとして、ここでもう一度立ち止まって考えたいのは、バンクシーであれば落書きも認められ(どころか喜ばれ)、そうでないなら批判もしくは逮捕という、権力者のダブルスタンダードについてである。実際、2015年には自民党ポスターの安倍首相の顔写真にヒゲを落書きした男性が逮捕されたという事件もあった。

バンクシーは「正義を貫くための市民の『暴動』を堂々と支援」

  前述の毛利嘉孝・東京藝大大学院教授は「週刊金曜日」2014年4月18日号に掲載されたいとうせいこう氏との対談で「日本でバンクシーのようなことをする人が出てきたら、告発する人も出ると思うんです。何か、そういう風に躾けられているというか。ネットで名前をさらしたり、ネガティブキャンペーンを張ったり」と語っているが、安倍首相の顔写真にヒゲの落書きや「FREE REFUGEES」「REFUGEES WELCOME」とバンクシー(のものと東京都は思っている)の落書きとの対応の差は、毛利氏の指摘を証明したものであるといえるし、今後もしネズミの落書きがバンクシーのものではないとわかったら、今度はインターネットを中心に犯人探しが行われ「逮捕しろ!」との大合唱が起きるのは目に見えている。

 そうした日本社会でバンクシーのアートへの理解が進まないのは、ある意味で必然と言えるのかもしれない。バンクシーの作品は、単なる芸術以上に「権力に対する人々の抵抗」という意味をもつものだからだ。

「AERA」(朝日新聞出版)2018年11月12日号のなかで、現代美術家の小田マサノリ(イルコモンズ)氏は、バンクシーというアーティストの特異性をこのように説明している。

〈飢餓などの慈善事業に協力する作家たちはいますが、正義を貫くための市民の『暴動』を堂々と支援する作家はバンクシーだけでしょう〉

 今回の落書きがバンクシーの作品であろうとなかろうと、バンクシーの匿名性により、ネズミの落書きと小池都知事のツーショット自体が、権力者の愚かさを表すアートになってしまっているということも含め、バンクシーというプロジェクトの批評性の高さがあらためて浮き彫りになったが、その批評に晒されているのは、小池都知事だけではない。日本社会の道徳ファシズムと権力に対する危機意識の薄さもまた照射されていることを忘れてはいけないだろう。

 小池都知事に、是非ともこの機会にバンクシーのアートについて学んでいただくとともに、バンクシーならずともグラフィティアートには単なる「落書き」ではなく、政治や社会に対する人々からの異議申し立ての側面もあるのだという理解が日本社会でも深まってほしいものである。

最終更新:2019.01.18 11:52

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

バンクシーのネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲは逮捕! 小池百合子バンクシー騒動が日本社会に突きつけたもののページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バンクシー入国管理局小池百合子編集部難民の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
6 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
7 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
8 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 警視庁の「しばき隊メンバー」逮捕は“安倍やめろデモ”潰しだった!
10 橋下が「人格障害」名誉毀損裁判で敗訴
11 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
12 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
13 恩知らずはメリー! 飯島マネの功績
14 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
15 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
16 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
17 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑
18 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
19 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
20 厚労省が休校補償の手続きをパソナに委託!一方、会長の竹中平蔵はコロナで…
1 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
2 官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
3 窮地の安倍首相が櫻井よしこの「言論テレビ」に逃げ込み嘘八百!
4 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
5 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
6 安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
7 松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
8 安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
9 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
10 黒川検事長と賭け麻雀、産経記者が書いていた黒川定年延長の擁護記事
11 検察OB意見書にあったロックの言葉を訳した安倍の大学時代の教授が
12 内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
13 河井克行前法相は東京の“緊急事態宣言解除”の直後に「逮捕許諾請求」
14 田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
15 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
16 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
17 検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
18 木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
19 岡村隆史問題で松本人志の逃げ方、古市憲寿のスリカエがひどい
20 箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄