りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当すぎる意見連発! 「伝統に囚われるより個人の人生、多様性を」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当すぎる意見連発! 「伝統に囚われるより個人の人生、多様性を」の画像1
12月8日放送『news zero』(日本テレビ)より


 最近もスマホRPG『モンスターストライク』のテレビCMでセーラー戦士に扮し話題になるなど、ユニークな活躍を見せるタレントのりゅうちぇる。本サイトではこれまで、そのりゅうちぇるが同調圧力に屈することなく、徹底して個人の人権や多様性を尊重していることを紹介し、絶賛してきた。

 もちろんそうした姿勢はいまもまったく変わっていない。つい最近も「さすが、りゅうちぇる!」とうならせられたことがあった。

 それは、『news zero』(日本テレビ)が同性婚にまつわる諸問題を特集した12月8日(7日深夜)放送「“同性婚”できないカップル ある“夫夫”の生活は?」に、コメンテーターとして出演した時のこと。

 特集の冒頭で、キャスターの有働由美子から「同性カップルの結婚について考えたことがあるか」と問われたりゅうちぇるは、早速こう話した。

「自分のまわりでも、どんどん増えてきて…というか、前からいたと思うんだけど、それを公表しやすくなったのか、よく聞くし、人が人を愛する時代だし、すべての愛は美しいと思います、僕は。人が人を愛するって、異性愛とまったく同じことじゃないですか、だからなんの疑問も思わないです」

 どういう性のあり方もカテゴライズすることなく「すべての愛は美しい」と肯定するのはさすがりゅうちぇるだが、「増えているわけではなく公表しやすくなっている」という表現には、りゅうちぇるが考えなしに発言しているわけではなく、性的マイノリティに対する認識の細やかさをもっていることが見てとれる。

 番組では、七崎良輔さんと亮介さんという同性カップルに密着。七崎さんらは3年前に結婚したカップルで、番組では2人が結婚披露宴を行ったときの映像も紹介されていた。

 2人は2015年に役所へ婚姻届を提出している。日本で同性同士の結婚は認められていないため婚姻届が受理されることはなかったが、それを承知で届け出を提出したのは「当たり前のことを当たり前にしたい」という思いがあったからだ。

『news zero』のなかで良輔さんは「自分がゲイだっていうことに気づいたときに、結婚がこの先ないんだと。自分にはもう結婚できる未来がないんだと思ったときに、足元が崩れていくような感じがして。今後まわりの友だちはみんな結婚していくだろうけど、自分だけはないんだろうな」と語り、「愛する人と結婚して生きていく」という当たり前の権利が国から与えられていないことの絶望感を語った。

 また、亮介さんは「なにか特別なプラスアルファを求めているわけではなくて、ただ単に平等というところの話です」と、男女の「夫婦」と同性同士のカップルを比べると、人生や生活のさまざまな局面で「不平等」が蔓延しているシステムの不備を嘆いた。

 このVTRを受け、りゅうちぇるもこう語った。

「同じ愛じゃないですか、異性愛者の方と同じ愛なのに、そして、愛する人と結婚したいというのは当たり前に思うことじゃないですか。でも、性別のせいで愛が認められないというのがとっても不公平。悔しいですよね」

 同性愛も異性愛も等しく愛なのに、性別の違いで結婚が認められないのは不公平。りゅうちぇるは、問題の本質をきわめてシンプルに言い切った。

 続いて番組では、法的に婚姻の認められている男女の「夫婦」には認められているが、同性カップルには認められていない権利があるとして、「遺産の相続」「配偶者控除」「パートナーが集中治療室に入った際の面会や医師との話し合い」「介護休暇の取得」などを挙げた。こうした法整備がなされていないのは主要先進国7カ国のなかでは日本だけだ。

 こうした同性婚をめぐる法整備の遅れについても、りゅうちぇるは「やっぱり家族になるって、2人の絆も深まるし、僕たちもそうだったので、(同性愛カップルは)それを経験できないって、すごく大きい差がありますよね」とした。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

りゅうちぇるが『zero』同性婚特集でも真っ当すぎる意見連発! 「伝統に囚われるより個人の人生、多様性を」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。りゅうちぇる安倍政権新潮45杉田水脈編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 見城徹社長が騒動渦中、首相公邸で安倍首相と会食!?
2 韓国K-POPスキャンダルをめぐるヘイトとご都合主義
3 長谷川豊が「プロ、犯罪の」と部落差別発言
4 幻冬舎・見城徹社長に寄せられた作家の批判総まくり!
5 秋篠宮家の料理番がブラック告発
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
8 安倍首相が「サイバー攻撃受けただけで武力行使可能」と宣言
9 百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは
10 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 池袋暴走事故の容疑者逮捕なしに批判、元検察幹部も
13 つんく♂が秋元のメンバー差別に
14 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
15 玉川徹が『バイキング』の小室圭さんバッシングの嘘を批判!
16 読売が出会い系通い記事批判に失笑反論
17 佐藤浩市がテレビの右傾化に危機感表明
18 丸山穂高「戦争」発言で長谷川豊、百田尚樹がマスコミを批判
19 百田尚樹『日本国紀』批判で出版中止の津原泰水に直撃
20 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
1国民健康保険料が大幅値上げ、年間10万円増額も
2安倍首相と省庁幹部の面談記録ゼロ!安倍政権“公文書破壊”の実態
3石野卓球がワイドショーに勝利した理由
4忖度道路めぐり安倍の直接指示の新事実が
5安倍首相が「桜を見る会」に『虎ノ門ニュース』一行を堂々招待
6安倍が“忖度道路”の要望書を提出、山陰自動車道でも利益誘導
7上野千鶴子「東大祝辞」へのワイドショーコメントが酷い!
8 塚田「忖度」発言は事実! 麻生利益誘導の疑惑
9イチローに国民栄誉賞を断られ安倍政権が赤っ恥
10野党議員をデマ攻撃「政治知新」の兄・自民党県議を直撃!
11NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
12維新勝利で橋下徹が「反対した年配の人が死んじゃった」
13中村文則が安倍政権批判に踏み込む理由
14 『あさイチ』の「中高生に韓国が人気」企画炎上の異常
15 安倍首相「桜を見る会」招待状が8万円で売買との報道!
16菅官房長官「令和おじさん」人気の正体!
17ゴーン逮捕“国策捜査説”を裏付ける経産省メール
18「あつまれ!げんしりょくむら」以外も…原子力ムラの醜悪SNS戦略
19衆院補選で安倍自民党が大惨敗の予想が!
20 ピエール瀧出演の『麻雀放浪記2020』に“安倍政権への皮肉”

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄