室井佑月の連載対談「アベを倒したい!」第12回ゲスト 原田眞人(前編)

『検察側の罪人』原田眞人監督が室井佑月に作品に政権批判を盛り込んだ理由を激白「あのくだり、脚本には書いてなかった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

原田監督「今の日本で起こっていることを入れないとリアルな社会派ドラマにはならない。そして今の日本社会は絶対におかしい」

原田 昨年の映画『関ヶ原』のときも反発はあったんです。朝鮮人兵士が登場するということで。しかし調べてみると現実にあったかもしれないことなんです。石田三成方にあった大砲、青銅砲の仏郎機は元々、豊臣秀吉の朝鮮侵攻にともなって、半島から持ってきたもの。同時に捕虜も一緒に来たし、大砲と一緒に砲兵が関わっていたとしても不思議ではない。それで『関ヶ原』は単純に日本人だけの話じゃない、というところを最後に入れた。すると、それに対する大きな反発が起きたんです。僕は韓国の映画人と一緒に映画を作りたいと思っているし、韓国の映画監督に好きな人も大勢いる。映画人として韓国人と繋がっていきたい思いもある。しかも歴史的に見て大きな可能性のあること。さらにいえば映画というものは、一国だけのものではない。

室井 国と国との関係や平和、そして表現ってそういうことですよね。絵画や映画、文学って国籍や人種なんて関係ない。いいものは誰が見てもいいですもんね。

原田 そうですね。僕はいろんな国に行って映画を撮っていますが、映画人が喋る言葉は共通しているなと思います。特に、不偏不党の精神を持っている人が多い。右寄りでも左寄りでも、映画の現場に入ったらリベラルになる。僕もその意識でずっとやってきました。そして『検察側の罪人』は「何が正義か」ということがテーマです。今の日本で起こっていることを入れないとリアルな社会派ドラマにはならない。そして今の日本社会は絶対におかしい。ですから政治メッセージというより、これは現実なんです。

室井 すごいすっきりしました。わたしは物書きですけど、物書きの根底は社会や権力に対し懐疑的じゃなきゃいけないと思ってきたんです。そして監督と同じで、今の世の中は変だなと思っています。たとえば原発団体の寄稿文を書いている人から、震災後「原発の悪口を言わないでくれ」と言われたり。重しがたくさんあって、好きなことを書いたり発言できなくなってきている。すごく歪んでいると思っていました。だから映画を見てすごくすっきりしました。

原田 映画のほうがある意味やりやすいかもしれません。物書きと違って、ひとりが突出するわけじゃないじゃないから。大勢の人が関わっている。ただ、日本は怖くなっていると感じています。『日本のいちばん長い日』を撮ったときもそうだけど、昭和天皇を人間として考えたらいちばん悪いやつが見えてくるんじゃないのかなと思ったんです。メディアに煽られた面もあり、国民があれだけ右のほうに、危険なほうに走っていってしまった。そこに昭和天皇はついて行かざるを得なかったという部分を描きたかった。でも理解してくれない人がずいぶん多かった気がします。

室井 わかります。作品の真意、本質を見ないで、表面的なところで攻撃される。

原田 そういうことが表現の自由を圧迫してくる恐れがある。時代劇ですと歴史的な問題などで微妙な駆け引きはありますが、しかし現代劇の場合は、現在、自分たちが関わっている時代でもあるので、闘いの姿勢を全面に出していいかなと思っています。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

『検察側の罪人』原田眞人監督が室井佑月に作品に政権批判を盛り込んだ理由を激白「あのくだり、脚本には書いてなかった」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。アベを倒したい!原田眞人室井佑月対談検察側の罪人の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
2 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
3 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
4 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
7 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 大阪に看護師不足は維新のせい!橋下徹は看護師の給料を「バカ高い」と攻撃
12 菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
13 DHC吉田会長の韓国差別コメント問題をなぜテレビは取り上げないのか
14 田中みな実がバーニング系からの移籍でこれから「わがまま」バッシングが?
15 室井佑月「アベを倒したい!」後編 望月衣塑子が語る菅官房長官の裏の顔
16 羽田雄一郎参院議員の死が示すコロナ検査の現実
17 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
18 菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
19 菅首相の激怒でNHK『NW9』有馬キャスターが降板か! 菅側近がNHK攻撃
20 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
1菅首相が官房機密費87億円を自分に支出 総裁選出馬前日に9000万円
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3菅首相が緊急事態宣言を出さない理由! 特措法改正は時間稼ぎ
4もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
5感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
6菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
7吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
8ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
9菅首相は「五輪を実現」と断言、森喜朗会長も「中止はできない」
10菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
11安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
13香港の言論弾圧激化のなか『電波少年』チューヤンが日本人に連帯訴え

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄