「新潮45」でLGBT攻撃して痴漢を擁護した小川榮太郎と、安倍首相の一体化した濃密すぎる関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
「新潮45」でLGBT攻撃して痴漢を擁護した小川榮太郎と、安倍首相の一体化した濃密すぎる関係の画像1
小川榮太郎 著『約束の日 安倍晋三試論』 幻冬舎刊

 19日の記事でお伝えしたが、自民党・杉田水脈衆院議員の“LGBTは生産性がない”発言を「新潮45」(新潮社)10月号で擁護した、自称文芸評論家・小川榮太郎氏の文章が大きな批判を浴びている。

 小川氏は同性愛を〈性的嗜好〉だといって〈あからさまに語るのは、端的に言って人迷惑〉と非難。〈サドとマゾとお尻フェチ(Ass fetish)と痴漢(groper)を指す〉とする小川氏の造語「SMAG」と同様として、〈LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念〉と罵倒したうえで、このように続けた。

〈満員電車に乗った時に女の匂いを嗅いだら手が自動的に動いてしまう、そういう痴漢症候群の男の困苦こそ極めて根深かろう。再犯を重ねるのはそれが制御不可能な脳由来の症状だという事を意味する。彼らの触る権利を社会は保証すべきではないのか。触られる女のショックを思えというのか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく。〉

 ここまで醜悪かつ破綻した文章は、なかなかお目にかかれるものではない。その誤りについて詳しくは本サイトの記事(https://lite-ra.com/2018/09/post-4264.html)をご覧いただきたいところだが、この件で小川榮太郎という人物を初めて知ったという読者が、ひょっとしたらいる可能性もある。

 だとしたら、本サイトとしては、この小川氏がもともといかなる人間であるかをあらためて紹介しておく必要があるだろう。なぜならば、このLGBTヘイトにヘイトを塗り重ねた悪辣な文章は、単なるネット右翼的な放言ではなく、安倍首相と“一体化”している存在が狙って世に送り出したものに他ならないからだ。

●「新潮45」で杉田水脈擁護・LGBT差別の小川榮太郎は、安倍晋三礼賛本でデビュー

 小川氏は、2012年9月、安倍晋三と石破茂が争った同年の自民党総裁選の直前に、『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)という本でデビューした。その内容は、第一次安倍政権を振り返りながらひたすら安倍晋三の“功績”や”人柄”を讃えるというもので、ひらたくいえば“ヨイショ本”だ。同書は発売されるやいなやベストセラーとなり、安倍の首相再登板の原動力のひとつとなったとされる。

 しかし、この『約束の日』は、無名の文筆家が安倍のことを好きすぎるあまり出版したというようなイノセントなものでは決してない。実は、同書は最初から安倍晋三を再び総理大臣にしようという運動のなかで産み落とされたものだった。

 そもそも小川氏は、“安倍首相のブレーン”のひとりといわれる長谷川三千子・埼玉大学名誉教授の弟子にあたり、大学院修了後は塾講師などをして細々と生計を立てるかたわら、自民下野時には安倍再登板のための草の根運動をしていた。それが安倍首相の側近である下村博文・元文科相の目に留まり、評論家の三宅久之氏(故人)が中心となって始動していた「安倍晋三再生プロジェクト」なる秘密会に参加する。このことは小川氏が自著などで明かしているとおりだ。

 この「安倍晋三再生プロジェクト」は、のちに「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」として発展し、小川氏はその事務局的役割を担うことになる。その過程で安倍に近い右派文化人たちが計画していたのが「ノンフィクション作家が、安倍さんが1年間やったことを書く」という本の出版だった(朝日新聞15年10月2日付朝刊)。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「新潮45」でLGBT攻撃して痴漢を擁護した小川榮太郎と、安倍首相の一体化した濃密すぎる関係のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安部晋三小川榮太郎放送法遵守を求める視聴者の会杉田水脈編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
2 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
3 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
4 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
5 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
6 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
7 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
10 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
11 蛭子さん「集団的自衛権が怖い」発言
12 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
13 赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
14 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
15 安倍首相にマッチョ批判
16 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
17 『ゲゲゲの鬼太郎』が安倍政権を風刺してネトウヨが攻撃! 
18 昭恵夫人が近財職員自殺報道の夜に神田うのと
19 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
20 安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
4安倍「東京五輪は予定通り開催」に世界中からツッコミの嵐
5「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
6五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
7 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
8近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
9昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
10安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
11 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
12俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
13 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
14近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
15赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
16感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
17 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
18K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
19大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄