安倍首相の個人崇拝が止まらない! ネトウヨ・安倍応援団がタカ派・石破茂を「パヨク」攻撃する倒錯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
安倍首相の個人崇拝が止まらない! ネトウヨ・安倍応援団がタカ派・石破茂を「パヨク」攻撃する倒錯の画像1
月刊Hanadaセレクション『安倍総理と日本を変える』

 安倍首相と石破茂元幹事長の一騎打ちになると見られる自民党総裁選挙。自民党は立候補者の公開討論や街頭演説の機会を大幅に削減する方針を固めたと産経新聞が24日付で伝えた。党内の異論や議論を封じ込めて“安倍絶対有利”の情勢を盤石にしようとする政権与党。もはや民主主義に必要な熟議は敵視され、日本は“安倍独裁”にどんどん近づいていっている。

 そんななか、少し興味深いのがネット右翼の皆さんの反応だ。というのも、どうもこのところ、ネトウヨたちが口々に「石破は左翼」と触れ回っているらしいのだ。実際、ネット上ではこんな書き込みが目立つ。

〈パヨクの希望の星、石破〉
〈左翼反日勢力は、石破氏を使って本当に日本を乗っ取ろうと考えているのではないでしょうか〉
〈流石は、狂産シナに情報を流す様な売国極左活動家。石破ゲルショッカー首領〉
〈もう完全なパヨクやん〉

 「パヨク」とは左翼やリベラル派(とネトウヨがみなす者)を揶揄するネットスラングらしいが、それにしても、あの石破茂が「左翼」などと攻撃されるなんて、隔世の感というか、悪趣味なジョークか何かかと思ってしまうではないか。

 だいたい石破といえば、自他共に認める軍事オタクで、日本国内の核兵器配備を検討すべきとまでぶち上げたこともある超タカ派。言うまでもなく改憲派で、安倍首相案の9条3項加憲ではなく、交戦権の否認を宣言した9条2項の削除が持論だ。そうしたことや、あの癖の強い喋り方に「焦げたアンパンマン」などと評される容貌もあいまって、ネトウヨから独特の人気を博し、名前の「茂」をもじって「ゲル長官」なる愛称までつけられていた。

 にもかかわらず、いまやネトウヨたちは一転、かつて親しんでいた「ゲル長官」を「パヨク」「極左活動家」と総攻撃しているのだから、ちょっと頭が痛くなってくる。石破自身も今年1月、ネット番組で「昔、防衛庁長官になった頃は、あの右翼の石破が長官なんてとんでもないぞと言われたものだ。あの石破だぜって言われましたよ。いまは『軍事オタクの左翼』だと。言ってることは全然変わってないが、座標軸が動いていくと、右が左になっちゃう」(朝日新聞デジタルより)と嘆いていたが、いったいネトウヨ連中の政治的ポリシーはどうなっているのか、聞いてみたくなるではないか。

 まあ、もっとも、こうしたネトウヨによる石破攻撃の原因は、連中の価値観の転換とか、そういうレベルではないだろう。背景には、石破氏が安倍首相と距離をとり、ときに政権に対して苦言を呈してきたことがあるのは間違いない。

 以前から安倍首相の政治的なライバルだった石破だが、とりわけ前回総裁選を控えていた2015年の夏頃には、安保法制について「国民の理解が進んでいるとはいえない」と公言し、例の百田尚樹氏の「沖縄の2紙は潰さなあかん」発言が飛びだした安倍チルドレンらの勉強会にも「なんか自民党、感じが悪いよね(という国民の意識が高まっている)」とコメントするなど安倍を牽制。また、昨年からは森友学園問題について「国有地は国民の財産で、不当に誰かの利得になっていいはずはない」「非常に奇怪な話としか言いようがない」と自身の派閥の会合で発言するなど、安倍首相との“違い”を打ち出してきた。

 そうした安倍首相に異論を唱える石破の姿勢が、ネトウヨから見れば「売国極左」となるらしく、さらに今回の総裁選で石破が「正直・公正」を謳って対立軸を鮮明にしているせいでバッシングがヒートアップしている。どうやらそういうことらしい。そこに分別などなく、政治的スタンスとは関係なしに、安倍首相の「政敵」だからという理由で叩きに走る。いやはや、もはや応援団を通り越して、安倍晋三を個人崇拝する安倍教、安倍カルトと言ったほうがいい領域だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍首相の個人崇拝が止まらない! ネトウヨ・安倍応援団がタカ派・石破茂を「パヨク」攻撃する倒錯のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。HanadaWiLL安倍晋三産経新聞石破茂編集部自民党総裁選の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
6 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
7 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
10 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
11 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
12 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
13 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
14 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
15 橋下徹の維新・法律顧問辞任に「何を今さら」の声!起用したテレビの責任
16 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
17 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
18 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
19 安倍首相も森友土地取引に関与?
20 安倍「私は森羅万象を担当」発言の背景
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄