北朝鮮の日本人スパイ拘束で政府が事実上の報道管制! 安倍側近の内調トップが日朝交渉を担当している裏で何が?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
北朝鮮の日本人スパイ拘束で政府が事実上の報道管制! 安倍側近の内調トップが日朝交渉を担当している裏で何が?の画像1
官邸からも箝口令が!(首相官邸HPより)

 ショッキングなニュースが飛び込んできた。北朝鮮を訪問中の日本人男性が北朝鮮当局に身柄を拘束されているというものだ。

 11日土曜日の未明からいくつかの日本メディアが報じ始めているものの、官邸や外務省が一切公表しておらず、詳細は明らかになっていない。現在のところ、北朝鮮の国営メディアもこの問題に触れていない。

 北朝鮮による身柄拘束が事実とすれば、日朝関係を揺るがす大問題となるはずだ。しかし、日本のメディアはどうも腰が引けているようにみえる。全国紙の政治部記者が、日本側の報道事情についてこう打ち明ける。

「実は、10日金曜日の昼の時点で新聞各社とも『日本人の身柄が拘束されたらしい』と事件の発生を把握していました。いざ報道しようといたところ、政府が『まだ公にしないでほしい』と箝口令を敷いたんです。表向きは『まもなく拘束された邦人が解放されるから』という説明でしたが、10日の深夜になっても進展がなかった。実際のところ、拉致問題の解決向けて、安倍晋三首相が日朝首脳会談の実現に自ら取り組むと宣言しているときだけに、外交上の失態につながりかねないと、報道管制を敷いたのでしょう」
 
 禁を破ったのは11日午前0時すぎに特ダネとして一報を流したフジテレビだった。これを機に、朝日新聞や共同通信が相次いでネット上に配信している。前出の政治部記者は「フジテレビはどうも後発組だったようで。外務省や官邸がざわついているのを知って、事情を把握しないままニュースを流したようだ」と証言する。
 
 しかし、その後、このニュースは続報がほとんど出てきていない。丸一日たった11日夜の時点でも、拘束された男性の状況を報じるメディアはなく、逆に、一部のメディアはなんの情報もないまま北朝鮮による「揺さぶり」論を煽る始末だった。

時事通信はソウル電で「専門家は、北朝鮮が拘束男性を事実上の『人質』として日本政府との『交渉カード』に利用、揺さぶりをかけてくる可能性が高いとみている」と決めつけている。わざわざ韓国の拉致被害者家族を電話インタビューし、「拘束した日本人男性に記者会見をさせ、『日本の情報機関の指示でスパイ活動を働いた』などと『罪の自白』をさせたりすることも考えられる」などと想像たくましい記事に仕立てている。

だが、日本メディアとして真っ先に伝えるべきなのは、拘束された日本人の拘束の経緯や安否ではないか。国際ニュースを担当する報道機関のデスクは「われわれが把握している範囲だが」と断った上で、こう説明する。

「拘束されたのは30代の男性で、欧州系の旅行会社が組んだツアーを使って北朝鮮に入ったようです。西方の港湾都市・南浦(ナムポ)を訪れていたところを拘束されたみたいですね。渡航記録などから姓を『スギモト』といい、日本の外務省もフルネームを把握しています。過去に北朝鮮への渡航歴があるようです。本人は映像作家を名乗っていますので、撮影行為に対してスパイ活動の疑いを掛けられたとみられています。しかし、政府が認めないため、各社とも詳細は報道できない状態です(一部のテレビ局が11日夜に39歳の映像クリエイターであることとツアーで参加したことを報道)」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

北朝鮮の日本人スパイ拘束で政府が事実上の報道管制! 安倍側近の内調トップが日朝交渉を担当している裏で何が?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。スパイ内閣情報調査室北朝鮮北村滋安倍政権編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
2 籠池夫人が安倍夫妻、榮太郎、青山繁晴らの嘘と手のひら返しを暴露
3 稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
4 菅に日歯連から3000万円迂回献金
5 茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
6 民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
7 本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
8 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
9 原発事故前に安倍が地震対策拒否
10 安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
11 「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判
12 美智子皇后が誕生日談話で安倍にカウンター
13 森友学園問題で安倍の虚偽答弁が発覚!
14 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
15 グッディ!土田マジギレ真の原因
16 『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
17 貴乃花出馬を阻む森喜朗との不仲
18 安倍の原発事故責任逃れの手口とは?
19 『報ステ』小川彩佳降板は政権批判が原因か
20 りゅうちぇるがさんま・一茂・良純と「家事」論争
1加計理事長会見で新聞・テレビ記者が徹底糾弾!
2サザン桑田が“政治風刺辞めない”宣言!紅白での炎上にもめげず
3 柴山文科相「教育勅語」発言は政権の総意
4加計理事長のデタラメ会見に加計学園の職員が
5ノーベル平和賞ムクウェゲ医師が批判した慰安婦問題
6旭日旗問題で國村隼の発言は正論だ! 
7本田圭佑の朝鮮学校訪問と発言の勇気
8翁長前知事県民葬で菅官房長官に「嘘つき」の怒号
9百田、上念、有本、WiLL…安倍応援団の小川榮太郎切りが醜悪!
10安倍首相がカジノ法で虚偽答弁!トランプ圧力やっぱりあった
11靖国神社宮司が天皇批判!右派勢力が陥る倒錯
12百田尚樹がウーマン村本とのバトルで
13民放連が改憲CMを無制限垂れ流しの方針
14茅ヶ崎市での慰安婦映画上映に慰安婦像を蹴った極右団体が
15テイラー・スウィフトのトランプ批判に拍手
16フジ、テレ東、NHKの入管PR番組と安倍政権の排外政策
17『ワイド!スクランブル』コメンテーター就任の柳澤秀夫に期待
18稲田朋美が極右集会で小川榮太郎と
19 スクープ! 神社本庁・田中総長が辞意を撤回
20「トランプに皮肉」村上春樹の本格的トランプ・安倍批判

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄