オウム死刑囚大量執行は口封じか…検察に全面協力していた井上嘉浩死刑囚の変心、再審請求に怯えていた法務省

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

井上が再審請求をした日に7人の死刑囚を執行準備のため移送

 前述したように、検察のストーリーに沿って、多くのオウム被告たちを“より重罪”へと導いてきた井上証言だが、その証言内容については、根本から再検証すべきではないかという声があがっていた。

 とくに大きかったのは、3年前、当の司法からも井上証言に疑問符がつけられたことだ。2015年11月、17年間の逃亡の後逮捕された菊地直子氏は、一審では実刑判決だったものが一転、高裁で無罪となる。その際、一審有罪の根拠となった井上死刑囚の証言の信用性についても、高裁は「(井上証言は)不自然に詳細かつ具体的で、信用できない」として認めなかったのだ。

 数々のオウム裁判の方向性を決定づけてきた井上証言の信用性に疑問符がついたことで、司法界やジャーナリストのあいだでも、その他のオウム事件についても再検証が必要ではないか、という声が高まっていた。

 そして、井上自身にも大きな姿勢の変化が現れていた。今年3月14日、まるでそういった動きに呼応するように、自らの事件について再審請求をしていたのだ。弁護人によると「死刑を免れたいわけではなく、事実は違うことを明らかにしたい」と語っていたという。

 そのため、一部では井上死刑囚が再審で、検察のストーリーに沿って虚偽の証言をしていたことを自ら認め、真実を語るのではないかという声があがっていた。

 もちろん、井上死刑囚が再審でこれまでの証言を翻しても判決は変わらない。しかし、もし本当にそんなことになったら、それこそ、麻原死刑囚はじめ、他の死刑判決の信用性が根底からひっくり返り、検察と裁判所はメディアから大きな批判を浴びることになる。また、再審は阻止しても、もし井上死刑囚が本当にそう考えているなら、メディアにそのことを語る可能性もあった。

 法務省はこうした井上死刑囚の変化を察知して、井上死刑囚が真実を語る前に、刑の執行を急いだのではないか。そんな疑いが頭をもたげてきたのだ。そして、井上死刑囚だけがクローズアップされないように、複数のオウム死刑囚を一気に執行した。

 麻原死刑囚以外の6人の死刑囚が執行準備のために一斉に東京拘置所から各地の拘置所に移送されたのは、井上が再審請求をした3月14日のことだった。これはたんなる偶然だろうか。

 もちろん、これらの見方は推測の域を出ない。しかし、タイミングは偶然だったとしても、今回の死刑執行によって、一連のオウム裁判の鍵を握っていた井上が真実を語る機会がつぶされ、井上死刑囚と検察の取引疑惑や、地下鉄サリン事件での「リムジン謀議」をはじめとする数々の“真相”が永遠に封印されてしまったことには変わりはない。

 さまざまな謎を残したカルト事件は、事件首謀者たちの“異様な”死刑執行によって歴史の闇へと消え去ろうとしている。いや、国家権力が葬り去ろうとしているのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

オウム死刑囚大量執行は口封じか…検察に全面協力していた井上嘉浩死刑囚の変心、再審請求に怯えていた法務省のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オウム真理教編集部麻原彰晃の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍首相が秋葉原街宣で動員以外の一般市民を排除
2 安倍首相が圧力問題で自分の嘘をバラし犯人を示唆
3 安倍首相が総裁選でトンデモ発言継続中
4 樹木希林が辺野古に現れた日
5 安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
6 安室奈美恵のラストライブをめぐり自民党が
7 指原莉乃がセクハラをハニトラと
8 石田純一「セクハラは今も昔もアウト」
9 タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
10 安倍の北方領土交渉失態に応援団が沈黙
11 安倍チル議員から圧力受けた『ちびまる子ちゃん』映画
12 沖縄県知事選で創価学会幹部が暗躍
13 総裁選で安倍側近・西村官房副長官が地方議員に圧力
14 大坂なおみを“日本スゴイ”に利用する政治家とメディア
15 安倍政権が「賃金データ」を恣意的操作
16 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
17 “慰安婦像に蹴り”人物と杉田水脈、和田政宗の関係
18 美輪明宏が安倍と支持者を一喝!
19 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
20 BBCが山口事件の被害者・詩織さんを特集
1安倍首が総裁選討論会で嘘と逆ギレ連発
2北海道地震でも安倍はネトウヨ番組『虎ノ門ニュース』に
3北海道地震の停電でホリエモンら「泊原発再稼働させろ」
4関西空港の惨状は民営化と運営会社のせい?
5安倍政権が「賃金データ」を恣意的操作
6安倍チル議員から圧力受けた『ちびまる子ちゃん』映画
7 「新潮45」杉田水脈擁護に安倍応援団揃い踏み
8 “慰安婦像に蹴り”人物と杉田水脈、和田政宗の関係
9 安倍が「やってる」アピールで自ら地震の死者数発表するも大間違い
10 安倍首相がまたも台風21号被災地を放置
11 日露首脳会談で“外交の安倍”の大嘘が露呈
12 秋元康のガールズバンド計画が大炎上
13NHKが「安倍首相が〜」の冠ニュース連発する異様
14ウーマン村本が『朝生』を痛烈批判!「沖縄問題やれ」
15タッキー引退の裏にジャニーVSジュリーの派閥抗争
16仲里依紗が“夫・中尾明慶の家事”賞賛の声に異議
17大坂なおみを“日本スゴイ”に利用する政治家とメディア
18安倍がネトウヨ「虎ノ門ニュース」出演
19安倍の北方領土交渉失態に応援団が沈黙
20安倍陣営幹部が産経に「北海道地震は選挙戦にプラス」

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄