麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tomattatokei_01_150320.jpg
『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』

 地下鉄サリン事件から20年という節目の3月20日、オウム真理教に関する一冊の本が出版された。『止まった時計』(講談社)。著者は松本麗華──といっても、ほとんどの人が誰のことなのかすぐには分からないだろう。だがホーリーネーム・アーチャリーと聞けばすぐに分かるはずだ。そう、オウム真理教教祖・麻原彰晃こと松本智津夫の三女である。

 事件当時、松本家には他に姉2人、妹、弟2人がいたが、その中でアーチャリーはオウムの正大師という高い地位につき、オウムの後継者と目されてきた。その動向は当局から危険視され、世間からも大きな注目を集めていた。

 その後、アーチャリーは時折、一部の雑誌インタビューに応じたり、裁判の差異について会見を行ったことはあったが、表舞台からは姿を消していた。その彼女が実名を出し、表紙には顔写真まで掲載した自伝を出版。父親・松本智津夫の実像、サマナ(信者)たちとの交流、一連のオウム事件など、この20年間を赤裸々に語ったのである。

 そもそも、アーチャーリーは今、オウムに対してどういう立場なのか。一部では今も彼女がオウムの事実上の後継者であり、後継団体の「アレフ」にも大きな影響力を持っているとされているが(2014年12月にも公安調査庁はアレフ役員だと認定している)、本書ではそれを強く否定している。2000年に「アレフ」が設立された際、アーチャリーはこう決意したという。

「父が作ったオウム真理教を故郷のように思っていたわたしは、アレフという団体にその思いを託すことができなくなりました。(略)父の時代とのギャップを感じ、故郷は失われたのだと悟りました。元々教団内で限界を感じていたことも重なり、アレフに入会しないことを決めました。また弟たちはアレフの教祖にはなりませんでした」

 だが、その後も上祐史浩(アレフ元代表で、現在はその後さらに分派したひかりの輪代表)、そして母親の知子に教団運営に関して何度も名前を使われ、利用された。

「上祐さんがわたしの名前を使い、『アーチャリーが賛成している』といって教団運営をしているという話を聞きました(略)。上祐さんだけでなく、教団全体が『松本家は対外的な問題のために関わらないふりをしているだけで、本当は教団の構成員』だと思っていた節があります。しかし、わたしたちは実際に教団を離れており、アレフに入会もせず、支援も受けず、社会の中で自分の意志を持って生きていました」
「母は上祐さんが教団の運営から外れてからずっと、アレフでわたしの名前を使い、自分の指示を通そうとしていました」

 その後、トラブルも重なり、アレフは今、逆にアーチャリーを敵対視し「悪魔」とさえ呼ぶようになっているという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オウム真理教伊勢崎馨公安宗教洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 高須・橋下・ネトウヨのハンスト叩きを元山氏・村本が論破
2 自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
3 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
4 百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
5 直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
6 マツコ「安倍首相は馬鹿」にネトウヨが
7 安倍晋三が触れない“もう一人の祖父”
8 安倍が『委員会』でネトウヨトーク!
9 三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
10 宮崎駿がラジオで安倍と百田を批判!
11 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
12 元旦朝生のウーマン村本は間違ってない
13 櫻井よしこは嘘つきだ!小林節が告発
14 “バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
15 ネトウヨが『ひるおび』を勘違い攻撃
16 稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生
17 ゆずの愛国心煽動ソングはここが悪質!
18 つんく♂が秋元のメンバー差別に
19 DA PUMPがEXILEに挑戦状
20 能年玲奈のヤンキーテ―プ流出?
1追悼!市原悦子が生前語った安倍政権への怒り、反戦の思い
2所ジョージが沖縄米軍基地反対ソング! 
3竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
4ウーマン村本、ローラ…権力批判芸能人を排除する醜悪メディア
5安倍首相の“サンゴ移植した”嘘を追及しない本土メディア
6早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
7産経と菅官房長官が「辺野古赤土投入問題」追及の望月記者を攻撃
8 仏司法当局が東京五輪誘致汚職で竹田恒和JOC会長の捜査開始!
9日露外相会談の大失態を必死で隠す安倍政権
10沖縄県民投票“不参加”指南の背後に安倍官邸の存在か!
11外務省が日米地位協定のウソ説明をコッソリ修正
12安倍政権の反韓煽動が酷い!「韓国へ渡航禁止」まで主張
13三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
14直木賞受賞『宝島』が突きつけた「沖縄問題」の本質
15三浦大知が歌う歌は天皇皇后の沖縄への想い
16自民党大物職員の改憲PRソングが酷い
17“バンクシー”のネズミはOKで安倍首相の顔写真にヒゲはNG?
18松本人志が指原莉乃に悪質セクハラ差別発言! 
19百田尚樹『日本国紀』に“Yahoo!知恵袋コピペ疑惑”
20稀勢の里「ナショナリズムのアイコン」の相撲人生

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄