麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tomattatokei_01_150320.jpg
『止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記』

 地下鉄サリン事件から20年という節目の3月20日、オウム真理教に関する一冊の本が出版された。『止まった時計』(講談社)。著者は松本麗華──といっても、ほとんどの人が誰のことなのかすぐには分からないだろう。だがホーリーネーム・アーチャリーと聞けばすぐに分かるはずだ。そう、オウム真理教教祖・麻原彰晃こと松本智津夫の三女である。

 事件当時、松本家には他に姉2人、妹、弟2人がいたが、その中でアーチャリーはオウムの正大師という高い地位につき、オウムの後継者と目されてきた。その動向は当局から危険視され、世間からも大きな注目を集めていた。

 その後、アーチャリーは時折、一部の雑誌インタビューに応じたり、裁判の差異について会見を行ったことはあったが、表舞台からは姿を消していた。その彼女が実名を出し、表紙には顔写真まで掲載した自伝を出版。父親・松本智津夫の実像、サマナ(信者)たちとの交流、一連のオウム事件など、この20年間を赤裸々に語ったのである。

 そもそも、アーチャーリーは今、オウムに対してどういう立場なのか。一部では今も彼女がオウムの事実上の後継者であり、後継団体の「アレフ」にも大きな影響力を持っているとされているが(2014年12月にも公安調査庁はアレフ役員だと認定している)、本書ではそれを強く否定している。2000年に「アレフ」が設立された際、アーチャリーはこう決意したという。

「父が作ったオウム真理教を故郷のように思っていたわたしは、アレフという団体にその思いを託すことができなくなりました。(略)父の時代とのギャップを感じ、故郷は失われたのだと悟りました。元々教団内で限界を感じていたことも重なり、アレフに入会しないことを決めました。また弟たちはアレフの教祖にはなりませんでした」

 だが、その後も上祐史浩(アレフ元代表で、現在はその後さらに分派したひかりの輪代表)、そして母親の知子に教団運営に関して何度も名前を使われ、利用された。

「上祐さんがわたしの名前を使い、『アーチャリーが賛成している』といって教団運営をしているという話を聞きました(略)。上祐さんだけでなく、教団全体が『松本家は対外的な問題のために関わらないふりをしているだけで、本当は教団の構成員』だと思っていた節があります。しかし、わたしたちは実際に教団を離れており、アレフに入会もせず、支援も受けず、社会の中で自分の意志を持って生きていました」
「母は上祐さんが教団の運営から外れてからずっと、アレフでわたしの名前を使い、自分の指示を通そうとしていました」

 その後、トラブルも重なり、アレフは今、逆にアーチャリーを敵対視し「悪魔」とさえ呼ぶようになっているという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

止まった時計 麻原彰晃の三女・アーチャリーの手記

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

麻原彰晃の三女・アーチャリーが手記を出版!「わたしだけは父の味方でいたい」と宣言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。オウム真理教伊勢崎馨公安宗教洗脳の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
2 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
3 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
4 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
5 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
7 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
8 山本太郎を評価せよ!
9 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
10 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
11 ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
12 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
15 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
16 百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由
17 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
18 安倍首相が隠した原発事故の責任
19 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
20 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3産経新聞が社員の1割をリストラ
4NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6上田晋也が安倍政権とメディアの“沖縄県民投票無視”を痛烈批判
7安倍政権はエンゲル係数も偽装しようと企んでいた!
8ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
10安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
12『報ステ』がまた政権批判アナ排除
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
17参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
19酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄