キムタクの“マツコ・デラックスと仲良し”アピールは中居・SMAPへの決別宣言か! マツコとSMAP潰しの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimura_matsuko_180118_top.jpg
『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日)での木村拓哉の発言から改めて浮き彫りになった中居正広包囲網の存在(画像右は『夜の巷を徘徊する』番組HPより)


 本日21時からスタートする、1年ぶりの主演連ドラ『BG〜身辺警護人』(テレビ朝日)に向けて、キムタクこと木村拓哉が連日テレビに出まくっている。なかでも話題を集めたのが、マツコ・デラックスの『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日)への出演。昨年4月に2週にわたって初登場したのに続き2回目の登場だった。

 2人が千葉の高校で1年だけ同級生だったというのは知られた話だが、テレビ番組での共演は前回の『夜の巷〜』が初めてのこと。数年前にトヨタのCMで共演を果しているものの、共演NGという都市伝説もあっただけに、“共演解禁”同級生の2人ということで、前回に引き続き注目されていた。

 そして案の定、ネットでは放送後、「やっぱり静香じゃなくて、私だったんじゃないの?」と妻・工藤静香の名前をもち出したマツコに、「また始まったな、オマエの“ぶっこみ病”が始まったな」などとキムタクが返すやりとりが、「画期的」「ぶっこんだマツコすごい」「さすが元同級生」などと話題を集めている。

 たしかに、キムタクのほうも、終始マツコを「オマエ」呼びし、距離の近さをアピール。マツコもそれに合わせてはいたが、しかし実態は、完全に腫れ物に触る態度。キムタクは“ぶっこみ病”などと言っていたが、せいぜい静香の名前をもちだしたくらいで、「週刊文春」の企画「嫌いな夫婦」で2年連続1位に選ばれたことや、SMAP解散、SMAP分裂におけるキムタクの裏切り問題などには冗談交じりにも触れていない。“ちょ、待てよ”ネタのようなキムタクのキャラいじりすらせず、前回にひき続きキムタク様をヨイショし続けたのだった。

 同じジャニーズタレントでも、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)で共演している関ジャニ∞の村上信五に接する態度と比べれば、これが“さすが元同級生”というようなフランクな仲などではないことは明らかだろう。

 逆に今回の放送でありありと透けて見えたのは、“あの毒舌のマツコと元同級生で仲のいいキムタク”をアピールすることで、地に落ちたキムタクのイメージを回復させたいというキムタク側の意図だけ。ジャニーズ側は「キムタクとマツコの番組」というプランにも乗り気という話もあり、今後もことあるごとに2人の共演は見られるだろう。

 ただ、キムタクがマツコとの仲をアピールすればするほど気になることがひとつある。同じSMAPのメンバーだった中居正広のことだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

キムタクの“マツコ・デラックスと仲良し”アピールは中居・SMAPへの決別宣言か! マツコとSMAP潰しの関係のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPマツコ・デラックス中居正広夜の巷を徘徊する木村拓哉本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
2 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
7 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
8 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
9 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
10 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
11 文春に疑惑報じられた青山繁晴の珍発言
12 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
15 沖縄知事選で佐喜真応援団が組織的なデマ攻撃
16 眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
17 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
18 小栗旬が芸能界を痛烈に批判
19 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
20 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
1Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
4甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
5ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 岸田内閣に少女時代をデマ攻撃した金子総務相はじめネトウヨ極右閣僚が
7岸田内閣の新閣僚はカネまみれ!鈴木財務相、金子農水相、後藤厚労相らも
8岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
9辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
10田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
11岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12すぎやまこういち死去報道で封印された歴史修正主義と性差別肯定発言
13眞子内親王をPTSDにした小室圭さんバッシングの裏にある差別的本質!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄