キムタクの“マツコ・デラックスと仲良し”アピールは中居・SMAPへの決別宣言か! マツコとSMAP潰しの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kimura_matsuko_180118_top.jpg
『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日)での木村拓哉の発言から改めて浮き彫りになった中居正広包囲網の存在(画像右は『夜の巷を徘徊する』番組HPより)


 本日21時からスタートする、1年ぶりの主演連ドラ『BG〜身辺警護人』(テレビ朝日)に向けて、キムタクこと木村拓哉が連日テレビに出まくっている。なかでも話題を集めたのが、マツコ・デラックスの『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日)への出演。昨年4月に2週にわたって初登場したのに続き2回目の登場だった。

 2人が千葉の高校で1年だけ同級生だったというのは知られた話だが、テレビ番組での共演は前回の『夜の巷〜』が初めてのこと。数年前にトヨタのCMで共演を果しているものの、共演NGという都市伝説もあっただけに、“共演解禁”同級生の2人ということで、前回に引き続き注目されていた。

 そして案の定、ネットでは放送後、「やっぱり静香じゃなくて、私だったんじゃないの?」と妻・工藤静香の名前をもち出したマツコに、「また始まったな、オマエの“ぶっこみ病”が始まったな」などとキムタクが返すやりとりが、「画期的」「ぶっこんだマツコすごい」「さすが元同級生」などと話題を集めている。

 たしかに、キムタクのほうも、終始マツコを「オマエ」呼びし、距離の近さをアピール。マツコもそれに合わせてはいたが、しかし実態は、完全に腫れ物に触る態度。キムタクは“ぶっこみ病”などと言っていたが、せいぜい静香の名前をもちだしたくらいで、「週刊文春」の企画「嫌いな夫婦」で2年連続1位に選ばれたことや、SMAP解散、SMAP分裂におけるキムタクの裏切り問題などには冗談交じりにも触れていない。“ちょ、待てよ”ネタのようなキムタクのキャラいじりすらせず、前回にひき続きキムタク様をヨイショし続けたのだった。

 同じジャニーズタレントでも、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)で共演している関ジャニ∞の村上信五に接する態度と比べれば、これが“さすが元同級生”というようなフランクな仲などではないことは明らかだろう。

 逆に今回の放送でありありと透けて見えたのは、“あの毒舌のマツコと元同級生で仲のいいキムタク”をアピールすることで、地に落ちたキムタクのイメージを回復させたいというキムタク側の意図だけ。ジャニーズ側は「キムタクとマツコの番組」というプランにも乗り気という話もあり、今後もことあるごとに2人の共演は見られるだろう。

 ただ、キムタクがマツコとの仲をアピールすればするほど気になることがひとつある。同じSMAPのメンバーだった中居正広のことだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

キムタクの“マツコ・デラックスと仲良し”アピールは中居・SMAPへの決別宣言か! マツコとSMAP潰しの関係のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。SMAPマツコ・デラックス中居正広夜の巷を徘徊する木村拓哉本田コッペの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
2 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
3 バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
4 河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
5 西野、梶原、又吉ら意識高い系芸人が吉本上層部を全面擁護
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
8 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
11 ぼうごなつこ『100日で崩壊する政権』は安倍政権のインチキの記録
12 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 キンコン西野批判こそ「お金の奴隷」だ
14 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
15 2017サブカル論争&炎上事件簿
16 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
17 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
18 木梨憲武個展が大盛況の“理由”
19 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
20 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
1 石原伸晃の無症状ですぐ入院に非難殺到! 入院中の国立大学病院は救急お断りも
2菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
3ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
4菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
5吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
6特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
7河野太郎の「ワクチン接種5月」デタラメ呼ばわりこそフェイクだ
8 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
9蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
10 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
11バイデン大統領就任でも日本のトランピストのフェイクは止まらない
12信者商法に批判 キンコン西野の映画『プペル』を安倍昭恵が絶賛! 
13 菅首相がこんな時期に山田太郎からネット指南、GoTo予算組み替えも拒否

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄