松本潤主演映画『ナラタージュ』本日公開! 松潤演じる葉山先生と、葵つかさをヤリ捨てした松潤本人の共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
matsujun_01_171007.jpg
映画『ナラタージュ』の主演を務める松本潤

 本日、松本潤と有村架純が主演を、そして、行定勲が監督を務める映画『ナラタージュ』が公開された。

 この映画は2005年に出版された島本理生の同名小説の映画化。翌年の本屋大賞で6位に輝き、累計発行部数40万部を超える大ヒット小説の映画化ということもあり、大きな注目を浴びている。

 この作品は、有村架純演じる工藤泉が、高校時代に所属していた演劇部の顧問である松本潤演じる葉山貴司に、在学中から卒業して大学生になってからも一途に恋焦がれ、禁断の恋に苦しみ葛藤していく物語。

 教師である葉山には妻がおり、元生徒である泉とのいわば不倫の恋が描かれるのだが、泉の一途な思い、葉山の複雑な感情が繊細に描かれ、その恋愛模様は不倫でありながら瑞々しい印象で、泣けるとの声も多い。

 映画のなかで松潤演じる葉山は妻がいながら元生徒との恋愛に悩み苦しむのだが、リアル松潤の恋愛といえば、思い出されるのが、本命の井上真央とAV女優の葵つかさとの二股恋愛だろう。

 映画でもリアルでも2人の女性と関係をもつことになった松潤。しかし同じ二股でも、その複雑な関係に苦しみ繊細に揺れ動く葉山に対し、実際の松潤の二股恋愛におけるふるまいは繊細さのかけらもなく、真逆と言ってもいいものだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

松本潤主演映画『ナラタージュ』本日公開! 松潤演じる葉山先生と、葵つかさをヤリ捨てした松潤本人の共通点のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
5 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
6 櫻井よしこ、西岡力ら日本の右派と韓国の諜報機関の癒着問題にキーマン
7 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
8 X JAPAN、TAIJIの死の謎
9 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
10 有馬キャスター降板だけじゃない! NHKが世論調査でも政権忖度
11 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
12 三浦瑠麗が公安も失笑のフェイク拡散
13 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
14 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
15 岸田首相息子のフジ女性記者へのリーク疑惑で「まるで『エルピス』」の声!
16 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
17 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
18 佐藤浩市をフェイク攻撃した安倍応援団が批判殺到で逃亡
19 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
20 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄