東山紀之が日曜ニュース番組キャスターに! 自伝で語っていた在日差別、沖縄への思い…松本人志と真逆の“反ヘイト”の姿勢に期待

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
higashi_150814_top.jpg
東山紀之『カワサキ・キッド』(朝日新聞出版)

 今年10月より、テレビ朝日にて日曜朝5時50分から2時間40分にわたって生放送されるニュース番組『サンデーLIVE』(番組名は仮タイトル)のキャスターを東山紀之が務めると発表された。

 ニュース情報番組のキャスターを務めるのは、彼にとっては初めての試みとなり、「昔よりも『社会の情勢を知りたい』という欲求が強くなっている。と同時に『伝えること』も年長者の役割なんじゃないか、と感じる日々。そんな時にいただいたチャンス。放送に向けて週1回の勉強会もありますし、とても楽しみ」(7月3日付スポーツ報知)と意気込みを語っている。

 日曜午前中のニュース番組といえば、『サンデーLIVE』と時間は被らないものの、『ワイドナショー』(フジテレビ)が思い浮かぶ。本サイトでもしばしば指摘している通り、『ワイドナショー』は、松本人志のネトウヨ気質がモロに出た醜悪な政権忖度情報番組と化しているが、東山が担当するニュース番組は、そういったものとは一線を画す内容になるのかもしれない。

 というのも、東山は保守化の進んだ現在の日本社会を跋扈する、差別やヘイトに対し、一貫して反対の姿勢をとっているからだ。

 そういった考えの背景には、東山の出自と生い立ちが関係している。彼は2010年に『カワサキ・キッド』(朝日新聞出版)という自伝エッセイ集を出版。そこでは、神奈川県川崎市で育った極貧の少年時代や、祖父がロシア人という出自など、それまで明かされなかった数々の秘話が告白されていた。

 そのなかでも、とりわけ象徴的に語られているエピソードが、彼が3歳のとき両親が離婚し、生まれて間もない妹とともに母子3人で移り住んだ川崎・桜本での思い出だ。

「僕たちの住む地域には在日韓国・朝鮮人の人々が多く暮らしていた。うちのアパートもそんなコリアン・タウンの一角にあった。
 近所には、日本名を名乗り、焼き肉屋を営む朝鮮人母子が暮らしており、僕より二つ上のおにいちゃんがいた。」
「僕と妹が毎日、お宅にあがり込むと、おばちゃんはいつも店の豚足を食べさせてくれる。僕たちはそれにかぶりついた。貧しくてお腹をすかせていた僕たちは、あのころ、あの方々がいなかったら、どうなっていただろうと思う」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

東山紀之が日曜ニュース番組キャスターに! 自伝で語っていた在日差別、沖縄への思い…松本人志と真逆の“反ヘイト”の姿勢に期待のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズワイドナショー東山紀之沖縄編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
5 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
6 乙武洋匡が不倫旅行、5人の女性と関係
7 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
8 ミスチル新曲に小林武史への憎悪が?
9 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
10 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
13 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
14 浅田真央の父逮捕にマスコミ沈黙
15 れいわ・大石あきこに維新・音喜多、足立康史が醜悪攻撃!
16 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
19 吉村洋文知事は「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人に
20 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
5 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄