>  >  > 冨永愛の自伝が壮絶すぎる!

冨永愛の自伝が壮絶すぎる!「裸の男二人が鎖で…」「風呂場で包丁を…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
tominagaai_01_141030.jpg
カバーもスゴいが中身も……『Ai 愛なんて 大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 モデルでタレントの冨永愛が初の自伝『Ai 愛なんて大っ嫌い』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を出版した。冨永といえば、2012年に俳優の塩谷瞬と料理研究家のとの三角関係が大きく報じられたが、その後もサバサバとしたキャラが受け、バラエティにも進出。おしゃれでカッコよく、素敵な元スーパーモデルとして、またバツイチのシングルマザーとして活躍中のタレントだ。

 そんな冨永は、さぞかしモテモテで、楽しい人生を歩んできたと思いきや、しかし全く様相が違うのだ。

「殺してやる──、
 絶対にぶっ殺してやる。
 許さない」

 冒頭からこんな物騒な言葉が並ぶ冨永の幼少期はとてつもなく貧しかった。母は結婚と離婚を繰り返し、3人姉妹の父親は全員違う。また姉妹には関係のない男性が、常に入れ替わり同居するような生活だったという。

 そして母親はネグレクト気味でもあった。
「母は、ほとんど家にいなかった。どこでどういう仕事をしていたのか知らない。(略)たまに帰ってくるときには、酔っぱらっていた」

 小学校4年生のとき、学校でいじめられると言っても関心を示さない母。
「お母さん、
 呼びかけても、呼びかけても、あなたは答えてくれない」

 そんな母を憎みながらも、母に従うしか生きる術のない幼い冨永。そして孤独感を深めていく。
「心はどんどん閉じこもってしまって、“本当のわたし”は、誰にも見せない、誰にも知らせられない、と思うようになった」

 冨永へのイジメは小学校から、モデル活動を開始した高校時代になっても続いたという。

「学校は毎日、地獄のようだった」

 不良男子には毎日のように肩口を小突かれ、なじられた。

「あ…怖ぇ…にらんでんじゃねぇよ! この巨人女が!」
「モデルよりかプロレス行ったほうが有名になれるよって!! ジャイアン冨永!」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

Ai 愛なんて 大っ嫌い

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 厚切りジェイソンが日本のお笑い批判!
2 国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
3 石原慎太郎を増長させたメディアの責任
4 読売・清水アナが維新から市長選出馬?
5 金正男暗殺映像にテレビ局が数百万円
6 木村拓哉帰国でJがトンデモ情報操作
7 安倍が「云々」を「でんでん」と読み恥
8 ジャニーズでSMAPとキスマイいじめ!
9 安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
10 宮根が能年玲奈を「ルール違反」と攻撃
11 故・松田優作の在日差別への恐れ
12 共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
13 ロンブー亮の芸能タブーツイートと松本
14 『めちゃイケ』にジャニーズの圧力
15 新海誠に川村元気が「気持ち悪いです」
16 国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
17 『夫のちんぽが入らない』の深い意味
18 石原都知事時代の贅沢三昧は舛添以上
19 翼がSMAP解散でメリーと滝沢を批判
20 豊洲問題で石原慎太郎が言い訳手記!
PR
PR
1「安倍晋三記念小学校」は安倍も了承
2安倍晋三小学校問題を報道しないテレビ
3保育所で国旗と国歌強制する安倍のバカ
4「おしどりマコ」の原発取材
5稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状
6国有地疑惑の愛国小学校と安倍の関係
7共謀罪で法務省がテレ朝玉川の取材拒否
8安倍トランプ会談を絶賛ワイドショー
9安倍はトランプにFTAを要求されてた
10稲田の憲法蹂躙発言に国会前抗議デモ
11山崎まさよしの憲法9条の歌とは?
12安倍とトランプが反マスコミで意気投合
13南スーダン日報の隠蔽に稲田も加担
14室井佑月が山口二郎と語る野党の闘い方
15ゴルフめぐり安倍とトランプ嘘つき合戦
16国有地不正取得の学校と安倍の蜜月証拠
17米山新潟知事が語った共謀罪と原発
18安倍もうひとりの祖父の物語
19厚切りジェイソンが“日本スゴい”批判
20アパ代表「ユダヤ陰謀論」
PR
PR

人気連載

政治からテレビを守れ!

水島宏明

テレ朝とNHKの"失態"につけこむ安倍政権とほくそえむ籾井会長

政治からテレビを守れ!

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄

"体育会系相田みつを"松岡修造は本当に「ブレない男」なのか? 年を追うごとに変わっていく修造語録を読み解く

「売れてる本」の取扱説明書

ネット右翼の15年

野間易通

高市早苗はいかにして"ネオナチ"と出会ったか

ネット右翼の15年

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

戦争を放棄せよ! 軍事力がなくても侵略と闘う方法はある、自由のために闘える!

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」