ダルビッシュの口説きの手口を元密会相手・MALIAが暴露! 彼女がいたのにいきなり…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
Darvish_150304.jpg
ダルビッシュ有オフィシャルブログ「Thoughts of Yu」Powered by Amebaより


 昨年11月に衝撃の“抱きつき”写真で交際宣言したダルビッシュ有と元女子レスリング世界王者の山本聖子だが、今年2月22日には山本の妊娠を発表、世間を驚かせた。

 世間が驚いたのは他でもない。ダルのこれまでの華麗な女性遍歴は半端ではない。妻だった紗栄子と離婚以降、古閑美保、加藤綾子、MALIA、明日花キララなどとの熱愛が報じられたが、そんな並み居る肉食系女子を押しのけて山本がダルをゲットしたからだ。

 もちろん彼女たち、特にダルとの子供を切望し、同棲までしていたといわれる元プロゴルファーの古閑美保は「結婚というフレーズに吐き気がする」と出演したテレビ番組で吐き捨て、それが大きなニュースになったほど。

 だが、そんなダルへ反撃の狼煙を上げた女性がいる。それがMALIAだ。MALIAはパキスタン人の父と日本人の母を持つモデルだが、プライベートでは“肉食系”として知られている。何しろ2002年、19歳の時に当時横浜F・マリノスに所属していた田中隼磨と結婚。長男をもうけたが、04年に離婚。しかし同年、総合格闘家の山本“KID”徳郁選手と再婚。さらに次男と長女をもうけるも09年に離婚しているのだ。

 そんなMALIAがダルと高級ホテルで一緒に過ごしたことを「女性セブン」(13年11月14日号/小学館)が報じている。当時ダルは日本に滞在している間、古閑と同棲していたが、その合間をぬっての“密会”だった。その後、2人は別れたとされるが、今年1月31日に出版されたMALIAの自伝『TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!』(講談社)には、ダルと思われる人物との関係や彼からのアプローチなどを暴露しているのだ。

 本書によれば、2人の出会いはダルの「はじめまして。アメリカで野球をやってます」というFacebookメッセージからだった。当初いたずらかと半信半疑だったMALIAだが、返信するとやはり“本物”だったという。そのやり取りの中で、彼は「ひとりで子どもさん3人を育ててすごいと思います」とMALIAを持ち上げ、デートを申し込んできたという。

〈話の内容なんかから、「いい子じゃん」って彼に好感を抱くようになった。
 でも「今度、日本に帰ったときにデートしましょう」って言われたときには、最初、私は断った。メディアを通じて、彼には日本にカノジョがいることを知っていたから。
「カノジョと別れたらデートしてもいいよ」
 私は彼にこう伝えていた〉(本書より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

TRUE LOVE 3度目は3人子連れで年下婚!

新着芸能・エンタメスキャンダルマンガ・アニメビジネス社会カルチャーくらし教養

ダルビッシュの口説きの手口を元密会相手・MALIAが暴露! 彼女がいたのにいきなり…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ダルビッシュ有モデル山本聖子林グンマ野球離婚の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
2 長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
3 「安倍はトランプに捨てられた」と海外で酷評
4 財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
5 柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
6 元家族会の蓮池透が「安倍は嘘つき」
7 セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
8 AKB48「Teacher Teacher」に批判の声 
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 恵俊彰が田崎史郎を「政権の代弁者」と
11 宮崎駿が『永遠の0』を酷評
12 セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
13 上戸彩とHIRO離婚危機報道の裏!
14 加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
15 コムアイが明かした社会的発信への葛藤
16 安倍の嘘つきは小学生時代からだった
17 安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
18 首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
19 松本人志『ドキュメンタル』のセクハラ
20 自衛官「国民の敵」暴言を生んだのは安倍政権
1セクハラかばう麻生財相の女性蔑視発言
2首相秘書官「本件は首相案件」
3首相案件文書に安倍首相と加計理事長の相談が
4森友「口裏合わせ」「身を隠せ」指示判明
5安倍首相が大阪でやらせ応援プラカード
6村田諒太が安倍政権の国民栄誉賞に異論
7 安倍が「こんな人たち」につづき「左翼は人権侵害が平気
8柳瀬秘書官が「安倍命の官邸についていけない」
9「安倍はやめろ」抗議デモが国会前を埋め尽くした
10羽生結弦パレードに和田政宗ら右派勢力が
11加計獣医学部講義で小川榮太郎のデマ本が
12柳瀬秘書官、安倍、加計が一緒にゴルフ
13財務省の矢野官房長がテレ朝に圧力
14財務省・福田次官のセクハラ否定がヒドい
15柳家小三治「総理いつまでやってんだ」
16田崎史郎が「僕“でさえ”会ってると思う」
17上念司もケントと同様、加計の客員教授
18長尾敬、杉田水脈…安倍チルがセクハラ暴言
19セクハラ被害のテレ朝記者に卑劣個人攻撃
20高畑勲監督が「日本の侵略戦争」を問うた幻の映画企画