“第二の又吉”との呼び声も高い紗倉まな、最新小説の中身とは? 中3のとき不倫で家を出た父、家族を失った苦しみ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「父が携帯電話でその女性と連絡を取ってて、通話料金がすごくなっちゃってて。気付いた母親が父親の携帯を取り上げようとしたんですよ、母「あんた、こんな払えもしないような金額の電話して! 貸しなさい」父「やめろぉぉぉ」って取り合いになり。あまりにもくだらないというか、携帯ひとつで家庭をこんなに振り回されるなんてってすごいイライラして、取り合ってる2人の間に割って入って、父の携帯を折りました(あっさりと)。(中略)携帯が悪いんだ! って。父親は好きな女性と連絡できないからショボ〜ンとして、母親は証拠隠滅されたとか言って怒りました」

 物語のなかで栞は母に向かって「……お父さんって、わたしのこと、愛していたと思う?」と泣きながら聞くのだが、彼女自身の実体験に即した描写がこれだけあることを考えると、この切実な台詞も紗倉自身の思いを投影しているのだろう。

 このように、前作以上に身を切るようにして物語を紡ぎ出している『凹凸』だが、実は、彼女のつくる物語のなかに父の存在が出てくるのはこれが初めてではない。そもそも『最低。』にも父の存在は色濃く影響を与えていた。

『最低。』の2章「桃子」では病に倒れて死期の近い父が登場し、3章「美穂」では死んだ父の葬式で妹と会話するシーンがあり(そこでの会話は物語の核となる)、4章「あやこ」は自分を捨てた父(肺がんに冒されもう先は長くない)と大人になってから再会するシーンで終わっている。1章「彩乃」も父こそ出てこないものの、AV出演がバレたことで母と対立し、AVの仕事を選んだことで家族を捨てる物語であり、そういった背景を鑑みれば、紗倉まなは作家性として「家族の喪失」という一貫したテーマをもった小説家であるとも言える。

『凹凸』発売記念イベントの壇上で彼女は「本当に今回は絞り出して書いたので、次は明確な目的がある訳ではありません。ですが、とりあえず書き続けることが今後の目標です」と語っていた。

『最低。』と『凹凸』を読むことで、紗倉まなには作家として書くべき核となるモチーフがあることがよくわかった。しかも彼女はそれを、いわゆる紋切り型の“赤裸々な自分語り”ではなく、冷静な批評眼をもって細やかに描写してゆく。その筆力に、“AV女優が書いた”という冠は不要だ。そう遠くないうちに3作目の小説が届けられるだろうが、今後の作品も注目したい。

最終更新:2017.11.22 01:28

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

“第二の又吉”との呼び声も高い紗倉まな、最新小説の中身とは? 中3のとき不倫で家を出た父、家族を失った苦しみ…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。新田 樹紗倉まなの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
5 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 X JAPAN、TAIJIの死の謎
8 川島なお美が近藤誠の診断を告発
9 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
10 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
11 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 吉村知事肝いりの大規模入院施設の利用率が最大7%で閉鎖
14 アムウェイにキラキラ女子が急増中!
15 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 国会審議で「総理は嘘つき」が“侮辱罪”にあたる可能性を政府は否定せず
18 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄