幸福の科学出家騒動は清水富美加個人の責任なのか? カルト宗教信者の子どもたちが抱える問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 子どもたちは自らの生き方、意思でそこに入ったわけではない。親が信者だったことで、その教えを絶対として育った。つまり特定の価値観を子どもに刷り込み、条件付きの愛情と、恐怖で服従を強いるものだともいえる。カルト問題に詳しい紀藤正樹弁護士らによる『カルト宗教 性的虐待と児童虐待はなぜ起きるのか』(紀藤正樹・山口貴士/アスコム)では、こうした子どもたちの問題は“人権侵害”“児童虐待”にさえ当たるとこう指摘している。

〈希望した教育さえ受けさせられずに育った児童は、のちに成人してカルトを自らの意思で脱会した際にも、社会復帰の厳しさに直面して精神的に苦しむ結果となり、自殺してしまった子供もいますし、病気治療も受けさせられずに、施設内で死亡した例も出ています〉
〈子供の場合、生まれて育った最初から、価値観として、カルトの人格を植えつけられるわけです。(中略)つまりカルト内の子供の状態を考えた場合、カルトの人格に染めることは、むしろ端的に「児童虐待」としたほうが説明がつくように思えます〉

 今回“出家”宣言をした清水もまた、こうした子どもたちと同じ、両親が信者という境遇にあった。もちろん、これらの宗教と幸福の科学には違う部分も多くあり、こうした問題がそのまま清水にあてはまるわけではない。

 しかし、幸福の科学の信仰「エル・カンターレ」とは、大川隆法総裁への個人崇拝そのものだ。同教団HPによると、エル・カンターレとは、地球の至高神であり、全人類の魂の親、そして地球のすべての神々を導く存在であり、現在の日本に大川総裁として生まれたという。

 こうした教義を幼少期から繰り返し教え込まれ、子どもの頃から熱心な信者だったという清水。しかも、前述したように彼女の父親は昨年、自己破産していたという。そんな彼女が大川から、「覚悟せよ」と迫られて、すべてを投げ打ってしまったとしても、そのことを誰も責めることはできないだろう。

 子どもは親を選ぶことができない。しかも、親も熱狂的な信者であれば、家族でも解決することはできない。こうした問題を社会で解決できるような仕組みを考えていく必要があるのではないか。
(編集部)

最終更新:2017.11.16 04:43

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

幸福の科学出家騒動は清水富美加個人の責任なのか? カルト宗教信者の子どもたちが抱える問題のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エホバの証人オウム真理教カルトバーニングヤマギシ会レプロ宗教幸福の科学清水富美加統一協会編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 長澤まさみ『エルピス』脚本家・渡辺あやが抱くマスコミの権力従属への危機感
4 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
5 防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
6 統一教会被害者救済法策定に萩生田が関与で批判殺到
7 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
8 宮台真司「ネトウヨは感情の劣化」
9 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
10 りゅうちぇるがさんま・一茂・良純と「家事」論争
11 ゼレンスキー大統領を非難する日本のネトウヨの言い分がプーチンとそっくり!
12 りゅうちぇるの意見が真っ当すぎる!
13 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
14 オリックスDHC買収で「虎ノ門ニュース」に続き「DHC テレビ」も解体か
15 玉川徹が21日の番組で不在 菅の弔辞は「銀座の焼き鳥屋」もでっち上げか
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
18 安倍自民がトンデモ極右杉田水脈を擁立
19 衆院選極右候補者「ウヨミシュラン」
20 ジャニーズタブーで犯罪もみ消し
1防衛費増額財源で法人税を削除した政府有識者会議に読売社長、日経元会長ら
2 大阪・吉村知事「コメ10キロ配布」に非難殺到! 知事・市長選目的
3杉田水脈に反省なし!岸田首相が差別政治家を守る理由
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄