幸福の科学出家騒動は清水富美加個人の責任なのか? カルト宗教信者の子どもたちが抱える問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 本書に登場する中学3年生の中田智彦の両親は共にエホバの証人の信者だ。智彦は幼い頃からエホバの終末思想ハルマゲドン(地球滅亡)を叩き込まれて育った。その教えは現在、エホバ(神)がサタン(悪魔)と闘っており、近くエホバの勝利によって楽園「神の王国」が建設されエホバの証人だけが生き残れるというものだ。そのための活動として智彦は幼少期から母親に連れられ、知らない家への伝道訪問を繰り返した。

〈信者が親なら、わが子も楽園に連れて行きたいと願う。だが、エホバ神に気に入られる立派な二世に育てなければ、子どもは滅ぼされ、家族揃って楽園に行くことができない。そのために、炎天下だろうが吹雪の中だろうが、智彦がそうされたように、伝道訪問に子どもを連れて歩くのである〉

 エホバの証人が幼い子どもたちを連れ布教活動をするのは有名だが、しかしそれとて自身の意思ではないだろう。幼い心にハルマゲドンの恐怖を植えつけられ、しかも親に言われれば、従うのが子どもだ。さらに両親は教団の活動のため、定職につかず、経済的にも苦しい環境にあった。そして智彦は小学校5年生になった頃から、宗教活動に熱心でなくなる。そこで始まったのが父親の暴力だった。

〈集会に参加しなかったり、家庭での聖教研究に熱心でなかったり、節分の豆まきなど教団の戒律を破ったりすると、父親は智彦を布団叩きで叩いたり、拳骨で殴った〉

 これは智彦の父親だけではない。エホバの教えは体罰を容認するもので、エホバの子どもたちにとって暴力は日常茶飯事だった。時には皮のベルトや鉄のパイプや自転車のチェーンで叩かれる――。子どもを叩かないのは“悪い親”。智彦の父親はその教えを忠実に守っただけだった。そして智彦は中学2年生から不登校になった。

 それ以外にも、信仰は子どもたちに様々な影響を与える。母親が信者で、生まれたときから中学1年生まで二世信者だった19 歳の山口恵美の幼少期は過酷だった。エホバでは幼稚園や保育園は“サタンに毒されたこの世のかかわり”であり、それを嫌う。そのため恵美は社会から隔離されたような状況にあり、6歳まで弟としか遊んだ記憶がないという。エホバでは他にも誕生会、年賀状、クリスマスといった行事は禁止され、学校での学級委員や体育祭での騎馬戦、君が代斉唱の拒否などがあり、そのため周囲から白眼視されたりトラブルも起きる。しかもこれらを拒否するには、周囲に「エホバの証人だから参加しない」と言う“証”までもが義務付けられていた。恵美はこれが嫌だったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

幸福の科学出家騒動は清水富美加個人の責任なのか? カルト宗教信者の子どもたちが抱える問題のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。エホバの証人オウム真理教カルトバーニングヤマギシ会レプロ宗教幸福の科学清水富美加統一協会編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
4 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
5 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
8 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
9 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
10 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
11 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
12 河瀬直美監督とNHKが五輪反対派をデタラメ攻撃!
13 大阪のオミクロン死者急増も松井市長はウザ絡みに夢中、水道橋博士に訴訟恫喝
14 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
15 川島なお美が近藤誠の診断を告発
16 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
17 水道橋博士を訴訟恫喝、松井市長が感染者入力を外注、委託料は言い値の1億円
18 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
19 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
20 X JAPAN、TAIJIの死の謎
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄