高畑裕太事件で文春、セブン、フライデーが被害女性に“セカンドレイプ”的報道! 合意匂わせ知人男性を暴力団と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 本サイトは率直に言って、これらの報道は明らかにやりすぎだと考えている。たしかに、高畑裕太が被害者の告訴なしに立件できる「強姦致傷」という非親告罪で逮捕されたにもかかわらず、被害者との間で示談が成立して、釈放されたことは不可解だ。冤罪の可能性はゼロではないし、ある程度の事実解明も必要だろう。

 しかし、そのために、女性を特定できるようなプロフィールを暴き、セックスのディテールまで書く必要があるのか。これは明らかに“セカンドレイプ”だろう。

 しかも、その内容はミスリードに満ちている。はっきりさせておくが、女性は性行為に合意などしていない。高畑に押し切られて部屋にいっしょに行ったのは事実のようだが、高畑の誘いには最初から一貫して拒否の言葉を言い続けていた(これは高畑も認めている)。そのあとも、立場上、騒ぎになるのを恐れて大声をあげたりしなかっただけで、高畑に強引に迫られ、性行為をさせられた可能性が高い。それを、強い拒否がなかったことをもって合意があったかのように主張する高畑の言い分は、完全に男の身勝手な理屈である。

 また、これらの週刊誌は、この知人男性が「暴力団関係者」で示談でも中心的役割をしたと、まるで、この人物が金を脅し取ったかのような印象を垂れ流しているが、これも完全にミスリードだ。

 この知人男性はたしかに以前、暴力団に所属していたが、いまは足を洗っており、カタギだとされている。しかも、この男性は女性から相談を受けて、すぐに警察に通報している。もし、金を脅し取るつもりならば、そんなことはしないだろう。この男性は、単に女性から「レイプされた」と相談を受け、激昂して警察に通報しただけなのだ。

 男性が高畑の出演する映画スタッフらを脅していたというのも、捜査員が側にいた場所でのことで、単に怒って怒鳴っていたと考えるべきだろう。女性側の示談金交渉も、もちろんこの男性でなく、弁護士が行っている。それを“美人局”のように書くのは、どう考えてもおかしい。

 そして、一連の週刊誌報道には、もうひとつ気になることがある。それは、これら記事の情報の一部が、群馬県警から出ていることだ。「フライデー」が知人男性を暴力団関係者としたのも、群馬県警からの情報である可能性が高いし、「週刊文春」が書いた高畑の供述のディテールは、群馬県警から供述調書を入手しなければ書けないものだ。どう考えても、群馬県警が積極的に情報を出しているとしか思えない。

 実は、この背後には、群馬県警による自分たちの“失態隠し”の意図があるのではないか、と言われている。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

高畑裕太事件で文春、セブン、フライデーが被害女性に“セカンドレイプ”的報道! 合意匂わせ知人男性を暴力団と…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。セカンドレイプ伊勢崎馨警察週刊文春高畑裕太の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が施政方針演説でフェイク! 地方創生の成功例として
2 田崎史郎「桜を見る会」名簿問題で“民主党ガー”詐術、羽鳥慎一が思わず…
3 ル・モンドが安倍の歴史修正主義批判
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 安倍首相が東京五輪聖火ランナーの原爆との関わりや平和への思いを無視
6 安倍が日米安保改定60年で祖父自慢連発!でも岸信介の正体は…
7 久米宏が高まる東京五輪同調圧力に徹底抗戦!「大反対の気持ちは変わらない」
8 安倍の安保法制と岸信介の対米密約
9 麻生太郎“単一民族”発言もアイヌを描いた『熱源』が直木賞受賞
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 長渕剛が安倍政権を批判する新曲を発表
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
13 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
14 松尾貴史「日本を壊しているのは安倍さん」
15 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
16 安倍政権御用ジャーナリスト5位〜大賞発表!
17 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
18 会計検査院が森友への値引き過大と疑義
19 エイベックス松浦会長が「安倍さんでなくて菅さん」
20 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄