欲棒、肉芽、秘口、彼の分身…官能小説は「性器」をどう言い換えてきたのか。背後にあった検察の表現規制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
kannnousyousetsu_160522.jpg
『官能小説の奥義』KADOKAWA


 ろくでなし子による女性器をかたどったアート作品騒動、大阪府堺市の一部コンビニが始めた成人雑誌の店頭閲覧制限、児童ポルノ単純所持の罰則化、春画掲載による「週刊文春」編集長休養処分──ここ最近のものをまとめただけでも、これだけ「性」と「表現」をめぐっての騒動が頻発している。

 性表現に対し日に日に締め付けが厳しくなる昨今だが、官能小説研究家の第一人者である永田守弘氏は、そういった規制によってこそ官能小説は独特の進化を遂げたのだと語っている。

〈活字による官能表現が、ほとんど解禁になるのは1980年代になってからである。それまで作家たちは、摘発の網にかからないように、しかも、どれだけ読者を淫靡な世界に引き込むかに苦心し、修練によって独特の文体や表現をつくり出してきた。
 現在は、淫猥という視点からの摘発はされないが、その修練は絶えることなく受け継がれて、作家たちは官能表現の力量を競っている。豊潤な官能表現は、皮肉に見れば、検察と作家の共同作業によって生み出されてきた、といえなくもない〉(『官能小説の奥義』KADOKAWA)

 現在、性的な表現により規制を受けるのはもっぱらコミックやアダルトビデオだが、それ以前に対象となっていたのは活字による表現であった。たとえば、48年には永井荷風の作とされる『四畳半襖の下張』が摘発され、荷風も警察から事情聴取を受けている。また、50年に伊藤整による翻訳で小山書店から出版されたD・H・ロレンス『チャタレイ夫人の恋人』は、作中に登場する性行為の描写などからわいせつ文書であるとされ裁判に。表現の自由をめぐって最高裁まで争われたが、結果は有罪であった。

 このような前例から、性器の名称を露骨に書くのではなく何かに例えるなどの、官能小説ならではとされる婉曲表現が発達した。いまとなっては、「ペニス」など性器の名称そのものを書いても何の問題もないが、敢えて違う言葉に置き換え、その言い回しによりいかに淫靡な雰囲気を演出できるかというのが、官能小説作家の腕の見せどころとなった。

 前掲『官能小説の奥義』では、どんな言い換え表現があるのか、具体的な作品を引用しつつ紹介されている。

 まずは女性器の言い換えから。多いのが、花や果実などの植物にたとえる手法だ。

〈勇造の眼前に、佐都美の女の花が咲いた。清楚な花だった。色素の薄いピンク色の花びらが、ぴったりと口を閉じている〉(草凪優『おさな妻』双葉社)
〈中指で掘りおこされた蕾は、これまた珍しいくらい大きくて、固くて、ふくらんでいた。その固く尖った蕾を中指でリズミカルに押すうち、大粒の枝豆が莢からはじけるように、実はとがってきた〉(南里征典『新宿欲望探偵』光文社)

 このような植物にたとえる表現について永田氏は〈植物派表現の特徴は、ほとんどが女性器を見る目がやさしいことだろう。きれいで可愛いものとして捉えている。ぎらぎらしたところが少ない〉と解説している。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

官能小説の奥義 (角川ソフィア文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

欲棒、肉芽、秘口、彼の分身…官能小説は「性器」をどう言い換えてきたのか。背後にあった検察の表現規制のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田中 教の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
2 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
3 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
4 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
7 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
8 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
9 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
10 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
11 安倍首相の1億総活躍社会はインチキ
12 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
13 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
14 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
15 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
16 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
17 自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
18 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
19 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
20 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
1赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
7国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
8吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
9“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
10五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
11安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
12五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
13宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
14キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
15夫婦別姓もLGBT法案も安倍晋三がツブした!
16立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄