紗倉まな初の小説『最低。』は又吉の『火花』より文学的だ! 撮影、親バレ、引退後…AV女優のリアルを描く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sakuramana_01_160402.jpg
紗倉まな公式ブログより


 現役AV女優としては初の小説である紗倉まなの『最低。』(KADOKAWA)が話題だ。

 紗倉といえば、数々の連載や昨年出版した自伝エッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)で、その文才は高く評価されていたが、今作については、日刊SPA!のインタビューで「(エッセイは)明るい内容だったので、今回は業界のダークサイドを書きたかった」(日刊SPA!)と語っている。

 そこで、紗倉が体験したAV業界のダークな裏事情が赤裸々に暴露されているのか、と読んでみた。

 だが、読み進めているうちにそんなゲスい好奇心はどこかに消し飛んでしまった。とにかくうまい! そして深い! 読み終えた後、思わずこうつぶやいていた。

 これは、AV女優が書いた『火花』じゃないか!

 4人のAV女優をめぐる4つの短編からなる今作。業界暴露でもなければ、自分語りでもない。これまでメディア上で描かれてきた「AV女優」像、たとえば男にだまされたり搾取される被害者、セックス大好きの淫乱、裏返しとしてピュアで聖なる存在、あるいは過剰な承認欲求に突き動かされるメンヘラ女性……紗倉が描いたのは、そういう類型的なAV女優のよくある荒んだ設定の物語ではない。

 1章の「彩乃」。彩乃は、19歳でAV出演を決意した女性の物語。設定的には、18歳でAV女優となった紗倉自身にいちばん近い女性だが、たとえば、彩乃がAVの世界に身を投じ初めて挑んだ撮影は、こんなふうに描かれる。

〈彩乃の谷間に垂れた唾液が、光を跳ね返した。
 息つく間もなく、ゆっくりと後ろから男優のそそり立ったあれが入って来る。規則的な相手の振動に揺れ、彩乃は接合部をはずさないように、慎重に振り返った。レンズがそこにある。幾重にも重なるその構造に見入っていると、映り込んだ自分の目がこちらを、ぎょろり、と睨んでいた。あれ、わたし、こんなん、だっけ。口元を溶かすようにやわらげ、にこっと、映像向けの如才ない顔を作った。
 カメラの先に括りつけられた円盤形のタングステンライトが顔に近づくと、すこし熱を感じる。微かに開かれた(監督の)坂井の口元が、いいよ、と動いた。
「もっとアドリブでセリフを言っていいよ」
 数分前、坂井にそう耳打ちされたのだ。
 突き上げられ、下腹部に圧迫されたふくらみを感じて、あっ……と、彩乃はさらに声を荒立てる。だんだん急ぎはじめた男の波に、打ち付けられるように、揺れた〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

最低。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紗倉まな初の小説『最低。』は又吉の『火花』より文学的だ! 撮影、親バレ、引退後…AV女優のリアルを描くのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。又吉直樹文学紗倉まな酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍首相が「布マスク2枚」につぎ込む予算は報道の2倍「466億円」!
2 『スシローと不愉快な仲間たち』第10話 安倍首相の「布マスク2枚」にあの人が…
3 安倍首相「108兆円経済対策」は詐欺だ! 30万円給付の説明も嘘だらけ
4 自粛補償を拒否、“ドケチ”全開の安倍首相がコロナを利用して改憲に前のめりに
5 コロナ補償で「在日外国人、生活保護受給者に払うな」の排除論が跋扈!
6 アパホテル借り上げは安倍が直接電話、歴史修正本も「撤去しない」
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 早野龍五・被曝論文に重大誤り!お墨付き与えた糸井重里の責任
9 森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
10 糸井重里“『Fukushima50』で泣きっぱなし”に批判!町山智浩も
11 三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
12 緊急事態宣言で従業員は逆に「休業手当」を貰えなくなる? 加藤厚労相も…
13 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
14 安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
15 安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
16 自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
17 黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
18 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
19 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
20 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
1安倍首相の「1世帯30万円支給」に批判殺到! 一方で大企業には1000億円出資
2アパホテル借り上げは安倍が直接電話、歴史修正本も「撤去しない」
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4自民党がまた『モーニングショー』に圧力! 和田政宗が青木理をデマ攻撃
5自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
6安倍チルドレンの政務官が「感染拡大を国のせいにしないでくださいね」
7 安倍首相「108兆円経済対策」は詐欺だ! 30万円給付の説明も嘘だらけ
8昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9森喜朗の暴露でわかった安倍首相「五輪後に任期延長と衆院選」シナリオ!
10阪神・藤浪選手や志村けんが証明した「検査不要論」の嘘!
11 安倍政権も小池百合子も「飲食店や酒場にいくな」だけで“補償”なし
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13黒沢かずこの検査めぐり鈴木おさむが“検査不要論”に反論!
14「桜を見る会」招待のマルチ企業に財務省が調査ストップ
15安倍首相「1住所あたり布マスク2枚」にネットでツッコミ殺到
16安倍首相が「布マスク2枚」につぎ込む予算は報道の2倍「466億円」!
17感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
18三浦瑠璃、高須克弥、八代英輝…この期に及んで「布マスク2枚」を擁護
19大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
20補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄