紗倉まな初の小説『最低。』は又吉の『火花』より文学的だ! 撮影、親バレ、引退後…AV女優のリアルを描く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
sakuramana_01_160402.jpg
紗倉まな公式ブログより


 現役AV女優としては初の小説である紗倉まなの『最低。』(KADOKAWA)が話題だ。

 紗倉といえば、数々の連載や昨年出版した自伝エッセイ『高専生だった私が出会った世界でたった一つの天職』(宝島社)で、その文才は高く評価されていたが、今作については、日刊SPA!のインタビューで「(エッセイは)明るい内容だったので、今回は業界のダークサイドを書きたかった」(日刊SPA!)と語っている。

 そこで、紗倉が体験したAV業界のダークな裏事情が赤裸々に暴露されているのか、と読んでみた。

 だが、読み進めているうちにそんなゲスい好奇心はどこかに消し飛んでしまった。とにかくうまい! そして深い! 読み終えた後、思わずこうつぶやいていた。

 これは、AV女優が書いた『火花』じゃないか!

 4人のAV女優をめぐる4つの短編からなる今作。業界暴露でもなければ、自分語りでもない。これまでメディア上で描かれてきた「AV女優」像、たとえば男にだまされたり搾取される被害者、セックス大好きの淫乱、裏返しとしてピュアで聖なる存在、あるいは過剰な承認欲求に突き動かされるメンヘラ女性……紗倉が描いたのは、そういう類型的なAV女優のよくある荒んだ設定の物語ではない。

 1章の「彩乃」。彩乃は、19歳でAV出演を決意した女性の物語。設定的には、18歳でAV女優となった紗倉自身にいちばん近い女性だが、たとえば、彩乃がAVの世界に身を投じ初めて挑んだ撮影は、こんなふうに描かれる。

〈彩乃の谷間に垂れた唾液が、光を跳ね返した。
 息つく間もなく、ゆっくりと後ろから男優のそそり立ったあれが入って来る。規則的な相手の振動に揺れ、彩乃は接合部をはずさないように、慎重に振り返った。レンズがそこにある。幾重にも重なるその構造に見入っていると、映り込んだ自分の目がこちらを、ぎょろり、と睨んでいた。あれ、わたし、こんなん、だっけ。口元を溶かすようにやわらげ、にこっと、映像向けの如才ない顔を作った。
 カメラの先に括りつけられた円盤形のタングステンライトが顔に近づくと、すこし熱を感じる。微かに開かれた(監督の)坂井の口元が、いいよ、と動いた。
「もっとアドリブでセリフを言っていいよ」
 数分前、坂井にそう耳打ちされたのだ。
 突き上げられ、下腹部に圧迫されたふくらみを感じて、あっ……と、彩乃はさらに声を荒立てる。だんだん急ぎはじめた男の波に、打ち付けられるように、揺れた〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

最低。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紗倉まな初の小説『最低。』は又吉の『火花』より文学的だ! 撮影、親バレ、引退後…AV女優のリアルを描くのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。又吉直樹文学紗倉まな酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
2 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
3 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
4 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
7 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
8 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
9 安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
10 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
11 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
12 「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
13 森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
14 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
15 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
16 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
17 安倍政権の「Go To」批判封じを『ひるおび』八代弁護士がポロリ
18 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
19 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
3小池百合子都知事が東京アラート解除のため陽性者数を操作していた疑惑
4「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
5安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
8 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
9大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
10 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
11 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
12「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
13東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
14吉村洋文知事がコロナワクチン開発でもペテン手口!
15東京都の感染者100人超で小池知事、加藤厚労相、安倍首相の仰天言動
16GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
17「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
18「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
19河井事件でバービーが「安倍首相の名前で金を受け取らせたのは圧力」
20辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄