紗倉まな初の小説『最低。』は又吉の『火花』より文学的だ! 撮影、親バレ、引退後…AV女優のリアルを描く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 こうして描かれる撮影シーンだが、撮影が終わった後「痛くなかった?」と彩乃を気遣うベテラン男優に対し、紗倉は彩乃の心理をこう描写している。

〈「年間に一千万人の女性と絡んだことを誇らしげに語る──確かに的確な仕事はしているものの、そこに気持ちよさを与えていない瞬間もあるということには無自覚な男の──日に焼けた指先を彩乃はじっと見つめた。爪は丹念に磨き込まれていて、マニュキアのトップコートを塗っているような、つるつると滑らかな仕上がりだった。深爪をしているのではないかと思うほどに白い部分のないその先端には、彩乃の愛液がねちっこくまとわりついていた。つい目をそらす」〉

 だが彩乃は、そんなホンネとは違う言葉を口にする。

〈『わたし、鉄マンなんで大丈夫です』〉

 紗倉自身はどんなハードな撮影でも快くこなすことで知られるが、ここで描かれているのは、平気で受け入れているわけでもなく、ただ耐えているのともちがう、心の動きだ。

 紗倉は一貫して、彼女たちの感情の動きを白黒ハッキリしたわかりやすい感情に回収しない。

 それは、この作品のトピックともなっている「親バレ」についても同様だ。1章の主人公の彩乃は親バレし、もともと折り合いの悪かった母親と絶縁寸前のケンカをする。紗倉自身は、18歳になったとき母親に認めてもらったうえでAV女優になっており、自らにその体験はない。しかし、このAVの仕事につきものである「親バレ」をめぐる感情を、認めるか認めないか、知られたいか知られたくないか、といった紋切り型でない、繊細なタッチで描き出す。

 そして、彼氏との関係についても、これまでのAV語りとはまったくちがう描き方をしている。

この第1章では彩乃にとって、はじめてふつうのサラリーマンとの恋愛だという、編集者・日比野との恋愛の始まりが描かれるのだが、自分のAV女優という職業について日比野がどう思っているのか、彩乃はこんなふうに考えを巡らせるのだ。
 
〈そういえば、日比野との間で彩乃のささくれだった部分に触れるような話題というのは一切出ないのだった。わたしがどんな仕事をしているのか、この人は気にならないのだろうか。不思議に思うことすらあったのだが、聞かれないのなら聞かれないで気持ちが楽、というわけでもないのが彩乃にとって複雑なところだ。……仮に。彩乃の表の顔を剥ぎ取ると出てくるAV女優という素性を日比野がすでに知っていたとき、自分は彼の親切心を気持ちよく受け取ることができるだろうか。〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

最低。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紗倉まな初の小説『最低。』は又吉の『火花』より文学的だ! 撮影、親バレ、引退後…AV女優のリアルを描くのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。又吉直樹文学紗倉まな酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 葵つかさが「松潤とは終わった」と
2 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 三浦瑠麗が松本人志の悪質セクハラ発言を「問題ない」と擁護
5 三浦瑠麗が「医者はワイドショー見てコロナ怖がりすぎ」と医療従事者を嘲笑!
6 つるの剛士が畑泥棒を「近くの工場で働いてる外国人」「あそこ怪しすぎる」
7 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
8 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
9 安倍元首相と統一教会の関係に田崎史郎、三浦瑠麗、橋下、東国原、古市らが…
10 卒アル写真で未来はわかるのか
11 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
12 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
13 防衛省の情報操作計画はデマじゃない!入札企業に「目的は世論工作」と説明
14 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
15 松本人志追及に井上公造が「圧力ない」
16 青木理『モーニングショー』降板 政権批判コメンテーターを排除か
17 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
18 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
19 辻仁成が告白「彼女に新しい人が…」
20 いとう、アジカン後藤の”音楽と政治”論
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄