活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
KAT-TUN_160504.jpg
恋愛でも“ツートップ”だった亀梨と赤西は意外に一途で純朴……?


 5月1日、東京ドームでのコンサートでグループ活動を停止したKAT-TUN。3人のメンバーたちはそれぞれファンへの感謝を語ったが、亀梨和也は相次ぐ脱退について触れ「とにかく、KAT-TUNというグループの一員として、情けなく悔しく申し訳ない気持ちでいっぱいでした」とその胸のうちを吐露した。

 そんなKAT-TUNだが、先日発売され本サイトでも紹介した暴露本『KAT-TUN6粒の涙』(元「KAT-TUN」側近スタッフ一同/主婦と生活社)でも相次ぐ脱退劇や確執の内情が描かれているが、やはり気になるのはメンバーたちの恋愛事情だろう。何しろKAT-TUNは歴代ジャニーズグループの中でもその恋愛が大きな話題となってきたからだ。実際、赤西仁も田口淳之介も、恋愛→結婚問題でグループ脱退に追い込まれた。

 しかし、同書に描かれているのは、意外に純朴で、恋愛に一途な彼らの姿だ。たとえば、亀梨和也に関して、十数年前、夕方の渋谷で目撃された興味深いエピソードが描かれている。

〈ある女性アイドルグループのメンバーは、ガラス張りの自動ドアの中側に立っていた。携帯電話で誰かとひそひそと連絡を取り合っている。その女性アイドルは当時まだ高校生で、その日は制服姿。(略)そのとき、そのビルの前の歩道を学ラン姿の線の細い男子が歩いてきた。携帯電話で話しながらそこに現れたのは亀梨だった〉

 2人はガラス越しに笑みを浮かべながら携帯越しに会話をしていたという。人目を避け、それでも会いたいという2人が行った“すれ違いデート”だったという。

 この女性アイドルは一体だれなのか。亀梨と同世代で、高校生だった女性アイドルグループといえばモーニング娘。であり当時亀梨と噂があったのは人気絶頂だった後藤真希だ。『アサヒ芸能』(2006年4月27日号)には2人の関係が報じられたこともある。

〈4年ほど前、ジャニーズファンだったゴマキは亀梨と接近してつきあうようになった。ゴマキはデートに飲食店を経営している実家をよく利用するんです。亀梨はいつものようにゴマキと“自宅デート”を楽しんでいたところ、ゴマキの弟、ユウキ(祐樹)が偶然帰ってきてしまい、亀梨と鉢合わせ。ユウキは、『てめえ、何やってんだ!』と怒りまくり、大モメになったことがあったようだ。〉

 渋谷での“すれ違いデート”に“自宅デート”。なんとも可愛らしい恋愛エピソードだが、しかし後藤を巡ってはジャニタレ同士の複雑な関係も取り沙汰されたことがあった。それは昨年、KAT-TUNの暴露本と同じ主婦と生活社から出版された『嵐、ブレイク前夜』(元「嵐」側近スタッフ一同」)に暴露された二宮和也と後藤(同書では匿名)の恋愛関係だ。その際、後藤を巡り二宮と亀梨で “取り合い”になったという。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
いいね! 数
1 安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
2 『グッドワイフ』が描く検察のダーティさがリアル
3 『報ステ』がまた政権批判アナ排除
4 ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
5 酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 ネトウヨ高須院長に息子が苦言!
8 山本太郎を評価せよ!
9 安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
10 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
11 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
12 ピエール瀧「韓国紙幣で吸引」報道の差別扇動
13 百田尚樹が辰巳琢郎を人格攻撃していた理由
14 安倍首相が隠した原発事故の責任
15 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」
16 沖縄2紙の記者を警察が拘束する暴挙
17 自民党NHK受信料義務化の狙いは?
18 グッディ!土田マジギレ真の原因
19 古舘の後任に浮上!安住紳一郎の悪評
20 消費増税反対の内閣官房参与“退職”の裏に官邸の圧力
1安倍首相が隠した原発事故の責任
2 震災から8年、安倍政権の被災者切捨て
3産経新聞が社員の1割をリストラ
4NHKの国会報道が安倍のPR動画状態
5 電力会社の原発広告復活! 関西電力、九州電力は3倍増に
6上田晋也が安倍政権とメディアの“沖縄県民投票無視”を痛烈批判
7安倍政権はエンゲル係数も偽装しようと企んでいた!
8ピエール瀧逮捕報道で炎上した深澤真紀は間違ってない
9安倍自民党「公約の9割成果」の嘘を検証
10安倍独裁で“法の番人”内閣法制局長官までネトウヨ化!
11安倍首相が元号を私物化!「新元号は日本の古典から」のインチキ
12『報ステ』がまた政権批判アナ排除
13 安倍が再びバノンから「偉大なヒーロー」と
14安倍首相が“外国人労働者受け入れ”でもお友達優遇か
154人のヘイトデモを大量の警察官が守る異様な過剰警備!
16安倍政権が米ジャパンハンドラーに3億円の寄付
17参院選出馬説の貴乃花が危険な極右オカルト発言!
18 防衛省元幹部が新基地建設事業投資ファンドの広告塔に
19酩酊状態にさせ暴行して無罪!甘い性犯罪判決の背景
20百田尚樹vs古市憲寿、ウソついたのは

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄