活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
KAT-TUN_160504.jpg
恋愛でも“ツートップ”だった亀梨と赤西は意外に一途で純朴……?


 5月1日、東京ドームでのコンサートでグループ活動を停止したKAT-TUN。3人のメンバーたちはそれぞれファンへの感謝を語ったが、亀梨和也は相次ぐ脱退について触れ「とにかく、KAT-TUNというグループの一員として、情けなく悔しく申し訳ない気持ちでいっぱいでした」とその胸のうちを吐露した。

 そんなKAT-TUNだが、先日発売され本サイトでも紹介した暴露本『KAT-TUN6粒の涙』(元「KAT-TUN」側近スタッフ一同/主婦と生活社)でも相次ぐ脱退劇や確執の内情が描かれているが、やはり気になるのはメンバーたちの恋愛事情だろう。何しろKAT-TUNは歴代ジャニーズグループの中でもその恋愛が大きな話題となってきたからだ。実際、赤西仁も田口淳之介も、恋愛→結婚問題でグループ脱退に追い込まれた。

 しかし、同書に描かれているのは、意外に純朴で、恋愛に一途な彼らの姿だ。たとえば、亀梨和也に関して、十数年前、夕方の渋谷で目撃された興味深いエピソードが描かれている。

〈ある女性アイドルグループのメンバーは、ガラス張りの自動ドアの中側に立っていた。携帯電話で誰かとひそひそと連絡を取り合っている。その女性アイドルは当時まだ高校生で、その日は制服姿。(略)そのとき、そのビルの前の歩道を学ラン姿の線の細い男子が歩いてきた。携帯電話で話しながらそこに現れたのは亀梨だった〉

 2人はガラス越しに笑みを浮かべながら携帯越しに会話をしていたという。人目を避け、それでも会いたいという2人が行った“すれ違いデート”だったという。

 この女性アイドルは一体だれなのか。亀梨と同世代で、高校生だった女性アイドルグループといえばモーニング娘。であり当時亀梨と噂があったのは人気絶頂だった後藤真希だ。『アサヒ芸能』(2006年4月27日号)には2人の関係が報じられたこともある。

〈4年ほど前、ジャニーズファンだったゴマキは亀梨と接近してつきあうようになった。ゴマキはデートに飲食店を経営している実家をよく利用するんです。亀梨はいつものようにゴマキと“自宅デート”を楽しんでいたところ、ゴマキの弟、ユウキ(祐樹)が偶然帰ってきてしまい、亀梨と鉢合わせ。ユウキは、『てめえ、何やってんだ!』と怒りまくり、大モメになったことがあったようだ。〉

 渋谷での“すれ違いデート”に“自宅デート”。なんとも可愛らしい恋愛エピソードだが、しかし後藤を巡ってはジャニタレ同士の複雑な関係も取り沙汰されたことがあった。それは昨年、KAT-TUNの暴露本と同じ主婦と生活社から出版された『嵐、ブレイク前夜』(元「嵐」側近スタッフ一同」)に暴露された二宮和也と後藤(同書では匿名)の恋愛関係だ。その際、後藤を巡り二宮と亀梨で “取り合い”になったという。

 ちなみに後藤はデビュー前から山下智久との関係が取り沙汰されるなど、ジャニタレからはかなり“モテ”ていた。しかし、亀梨はかなり本気でのめり込んでいたらしい。

 本書では、その亀梨と小泉今日子との熱愛騒動についても触れている。KAT-TUNデビュー直前の06年、『FRIDAY』(2006年5月12・19日号)が小泉のマンションに向かう亀梨和也の姿を激写。20歳年上の小泉と「同棲」状態にあると報じたことだった。

 しかし、当時、亀梨が年上の女性に夢中になっていたことはスタッフの間でも知れ渡っていたらしい。

〈デビュー直前の亀梨とある現場で雑談していたときのスタッフの話。
 誰ともなしに好きな女の子のタイプの話になった際に、亀梨に尋ねたことがあったという。
「どんな女の子がタイプなの?」
「今好きなのは断然、年上の女性ですね。包容力もあって、自分の知らない世界を知っていてとても刺激的だから」
 そうはっきり答えていたという。〉

 また、本書には〈後にベテラン俳優が、この女性と亀梨が結婚を考えていると本人に相談された事を暴露し、大騒ぎになった〉とある。

 実際、2人の交際発覚から2年後の08年に、かつて『3年B組金八先生』(TBS系)で共演した武田鉄矢が「「去年の暮れに亀が小泉さんと一緒に僕の所に来て『付き合ってます』ときちんと伝えてくれた」「小泉さんが先に帰った後、亀と話をしたのだが『結婚を考えてます』とはっきり言っていた」と「デイリースポーツ」の連載コラムで暴露し大騒ぎになった。その後、武田は謝罪に追い込まれたが、しかし本書では2人の関係をこう結んでいる。

〈デビューを間近に控えた亀梨が、将来の夢をこの女性中心に考えていたことになる。〉

 一人の女性への入れ込み具合は、亀梨と“ツートップ“を張った赤西仁も同様だ。赤西は黒木メイサとの結婚で自分を貫く姿勢を世間に見せつけたが、もともと恋愛に非常にオープンだった。

 ドラマ『ごくせん』がヒットした直後の頃だ。赤西は地球をモチーフにした丸いポール型のルイ・ヴィトンのネックレスをしていた。当時付き合っていた女性からもらったものだったようだが赤西は周囲にそれを隠そうとはしていなかった。

〈当時、赤西は某女性グループのメンバーとのツーショットを写真週刊誌にスクープされている。
 そんな直後のある撮影現場での出来事。
 赤西が元気なダックスフント犬を現場に連れてきたことがあった。犬を飼っていることを知らなかったスタッフは本人にそのことを尋ねた。
「あれ、犬なんて飼っていたっけ」
「ああ、これは彼女の犬です。今日は向こうが犬を連れて仕事場にいけないので、僕が預かっているんです」〉

 05年11月、赤西はSPEEDの上原多香子と「フライデー」で熱愛を報じられている。このエピソードはもちろん上原とのものだと思われるが、上原との交際について本書では赤西な意外な“一面”を見せたこともあった。

〈ある日、この彼女が某有名舞台俳優とバーで飲んでいて、その情報を人づてに知った赤西本人が、その俳優に文句を言うために彼女に電話をかけた。
「俺だよ。ちょっとそこの相手に電話変わってくんない?」
「あ、うん」
「俺の女と何やってるんだよ」〉

 赤西も若かったとはいえ、意外に嫉妬深いサマが描かれているが、一方その矛先が彼女ではなく、相手の男性に向くところは、なんともヤンチャな赤西らしい“男気”だ。しかし、相手の男性に「文句あるなら今から出てこい」と喧嘩を買われると、あっさり電話を切ってしまったらしい(苦笑)。それからほどなく赤西はこの彼女と破局を迎えている。

 こうして描かれるKAT-TUNメンバーたちの一途な恋愛模様だが、考えてみれば、同グループが活動停止に追い込まれたのも、こうした恋愛への姿勢が大きく影響しているといえなくもない。

 前述したように、赤西仁がジャニーズを脱退したのは黒木メイサとの結婚・入籍がきっかけだったし、今回、田口淳之介がKAT-TUN脱退、退社を余儀なくされたのも、事務所の反対を押し切って、小嶺麗奈との結婚に踏み切ろうとしたことが逆鱗に触れたからだといわれている。

 そういう意味では、理不尽なのはジャニーズ事務所の側であり、巷間言われているようなKAT-TUNの素行不良が原因でこうなったというわけではない。むしろ、表で優等生顏をしながら、裏で小器用に遊んでいる嵐などと比べれば、むしろKAT-TUNには、正直でいいヤツがそろっていた、というべきかもしれない。
(林グンマ)

最終更新:2016.05.04 11:02

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

活動を停止したKAT-TUNメンバーの意外に一途な恋愛事情を元側近が暴露! 亀梨は小泉今日子と結婚を考えていたのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズ林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
2 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
3 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
4 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
5 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
6 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
7 維新は優生思想政党! 馬場幹事長がれいわ舩後議員の「生きる権利」発言を否定
8 岡村隆史が『PRODUCE 101』で韓国人練習生にセクハラ・差別連発!
9 芸能人と熱愛したグラドルは引退?
10 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
11 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
12 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
13 炎上、欅坂46の歌詞の最大の問題点
14 田崎史郎が『モーニングショー』から消えた! 原因は玉川徹?
15 現役グラドルが芸能界の裏を暴露
16 RADWIMPS野田洋次郎の優生思想丸出し差別発言の背景にあるもの
17 安倍政権が海外からのコロナ政策批判チェックに24億円!
18 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
19 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
20 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
1 読売TV『あさパラ!』が岡田晴恵の容姿をからかうセクハラ的バッシング!
2 GoTo受託団体は二階幹事長らへ4200万円献金以外に巨額パーティ券購入も!
3 また打ち上げ失敗 ホリエモンのロケット事業に経産省が巨額の血税投入
4 Go Toのせいで軽症者用ホテル確保が困難に、でも菅官房長官は
5 自民党員の東京都医師会会長もブチ切れ「一刻も早く国会を開け」
6 安倍政権の“国会拒否”を田崎史郎と八代英輝がフェイク丸出しで擁護
7 GoTo大混乱でも安倍首相は会見せずに極右雑誌「Hanada」で嘘八百!
8 首相諮問会議入りした三浦瑠麗のトンデモコロナ言説
9 韓国の“首相謝罪”像が意外な展開に…「安倍首相は日本国民に謝れ」の声
10 コロナ感染が再拡大するなか安倍首相が有名人とステーキ会食!
11 天皇が元SEALDs 奥田父を招きネトウヨが批判、雅子皇后は貧困問題に関心
12 「布マスク、さらに8千万枚」に国民の不満が殺到、小泉今日子も疑問の声!
13 大阪のコロナ陽性率は東京の倍…それでも吉村知事は自粛呼びかけず
14 専門家の意提案を拒否する安倍政権、政権のいいなりになる尾身茂会長
15 小学館で新たに3人がコロナ感染も外部には公表せず!
16 日本のPCR検査数は世界158位、死亡率もアジアで最悪レベル
17 ALS患者を殺害した元厚労省医系技官らの優生思想! 麻生や古市と同類
18 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
19 坂上忍が“フジのスシロー”平井文夫のGoTo擁護に「政府の一員のよう」
20 槇原敬之の初公判でマスコミが報じなかった覚せい剤使用の否定

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄