長渕、桑田、元木、フィールズ、ケイダッシュ…清原と親しかった人たちに身元引受人になる気があるかを直撃したら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
gendai_160309.jpg
「週刊現代」(講談社)2016年3月19日号

 逮捕から1カ月以上の時が過ぎ、初公判が5月17日に決まった清原和博容疑者。3月中旬には保釈されるのではないかと噂されているが、今、話題になっているのがいったい誰が身元引受人なるか、という問題だ。

 一時は清原が現役時代に修行に訪れたという最福寺(鹿児島県)池口恵観法主の名があがるも本人が否定。また時を同じくして、数年前に野球部へゼネラルマネジャーとして招へいしようと話し合いの場を持ったことがあるという、日本航空学園理事長の梅沢重雄氏も身元引受人に手を上げているが今後どうなっていくかはいまだ分からない状況だ。

 そんななか「週刊現代」(講談社)2016年3月19日号が、今後、身元引受人になる可能性のある人物を片っ端から直撃取材している。

 身元引受人として一番適するのはなんといっても家族だが、つい先日、離婚後も使っていた「清原亜希」のモデル名を「亜希」に改名すると発表した元妻はもちろん、両親や弟も、その意思はなさそうだという。

 そこで「週刊現代」が直撃したのが、因縁の元同級生・桑田真澄だった。逮捕直後、清原に「人生の逆転ホームランを」とエールを送った桑田だが、「身元引受人になる気はあるか」という質問にはこう答えている。

「いま、コメントすることじゃないので。現時点で僕がどうこう言えることではないでしょう。ただ、前にも言ったように、復活は心から願っていますよ」
「まずは本人が頑張らないといけないですよね。(手を差し伸べるかどうかも)本人次第ですしね。あとは経過を見ながら、としか言えません」

 明確に否定はしていないものの、身元引受人になる気がないことがありありと伝わってくるセリフだ。

 では、他の野球関係者はどうなのか。真っ先に思い浮かぶのは、メディアでは「弟分」と元木大介だが、彼の所属する事務所のマネージャーは、清原と元木の意外な関係性を語っている。

「確かに元木は、現役時代に清原さんにお世話になりました。しかし、プライベートでも一緒にいたかといえば、そうではありません。1対1で飲みに行ったこともありません。テレビには『良き先輩後輩』として出演していましたが、あくまでそれは番組上の話です。これまでコメントを出してこなかったのも、元木は清原さんのプライベートを知らないからです」

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

長渕、桑田、元木、フィールズ、ケイダッシュ…清原と親しかった人たちに身元引受人になる気があるかを直撃したらのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ケイダッシュ井川健二清原和博野球長渕剛の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
2 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
3 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦
4 吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
5 もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
6 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
7 特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
8 菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
12 ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
13 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
14 菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
15 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
16 田崎とケントに自民党からカネが!
17 安倍政権がコロナ対応よりも言論弾圧に必死!標的は『モーニングショー』
18 ヤマダ電機ブラック批判がタブーに!?
19 麻生太郎が愛人の店に2360万円
20 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
1菅首相のポンコツが止まらない!「変異種」を忘れ、患者を「お客さん」
2ノーベル賞・本庶教授が「PCR検査の大幅な拡充」訴えるも厚労省は…
3もはや権力の「中の人」…御用ジャーナリスト5位〜2位、大賞を発表
4感染者560人! 吉村知事の「感染拡大が抑えられている」に非難殺到
5菅首相ポンコツ会見で「国民皆保険の見直し」というグロテスクな本音ポロリ
6吉村知事のずさんな政策決定と責任転嫁の手口を“8割おじさん”西浦教授が暴露
7菅義偉首相の言い訳がホラー「専門家が年末年始に感染者が少なくなると」
8特措法・感染症法の改正案が酷い 嘘の申告した感染者には懲役も
9安倍政権でも菅政権でも権力大好き! 御用ジャーナリスト大賞10位〜6位
10菅首相 緊急事態宣言の記者会見で露呈したヤバさ!結婚式みたいなセリフが
11 菅首相が「明るい話聞いた」相手は「コロナはインフル並み」が持論
12蓮舫の菅首相演説事前公開はルール違反じゃない おかしいのは批判する側だ
13 読売新聞「菅首相が疲労」報道は安倍政権末期にもあった官邸の作戦

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄