アダルトビデオがクールジャパンに!「ぶっかけ」が海外でBukkake=ブッカキーと呼ばれ大ウケ…その理由は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
nipponav_01_160116.jpg
『ニッポンAV最尖端 欲望が生むクールジャパン』(文春文庫)

 アニメ・マンガは言うにおよばず、原宿ファッションや、きゃりーぱみゅぱみゅ・BABYMETALのようなJ-POPまで、世界中で日本発のポップカルチャーが人気を博している。こうした状況をメディアは「クールジャパン」と持ち上げ、経済産業省もクールジャパン戦略を日本経済活性化の切り札として、最重点政策に掲げている。

 しかし、日本にはこれら表の動きでは一切取り上げられない、もうひとつの「クールジャパン」コンテンツがある。それは、アダルトビデオだ。

 中国・韓国などの東アジア諸国では、蒼井そらが国民的人気を獲得。中国版ツイッターと呼ばれる微博では、彼女のフォロワー数は1600万を突破している。さらに、最近では「ポスト蒼井そら」として波多野結衣が台頭。台湾では女優として映画出演を果たすなどもしている。

 日本産AV人気はアジア諸国だけにはとどまらない。日本のAVはジャポルノ(Japorn)と括ってジャンル化され、さらに、日本産のアダルトコンテンツを総称して「Hentai」と呼ぶのもいまや世界共通語となりつつある。

 なぜ日本産のアダルトコンテンツは世界中でここまでの人気を得ることができたのか。ライターの藤木TDC氏は『ニッポンAV最尖端 欲望が生むクールジャパン』(文藝春秋)のなかで、日本の法規制、そして「モザイク」の存在がこういった状況を用意したのだと語っている。

〈ポルノとしては致命的なハードコア表現の不可能性を克服するため、AVは別のベクトルを持つエロスを模索し、映像として創造しなければならなかった〉

 欧米のポルノとちがって直接セックスを見せることのできない日本のAVにおいて、ユーザーを満足させるにはひと工夫が必要だった。それが、ニッチな性癖に応えるようなマニアな作品を生み出したり、奇想天外な演出を練り上げたりと、世界中どこにもない独特なポルノをつくりあげていくことになる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ニッポンAV最尖端 欲望が生むクールジャパン (文春文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

アダルトビデオがクールジャパンに!「ぶっかけ」が海外でBukkake=ブッカキーと呼ばれ大ウケ…その理由は?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ノンフィクション田中 教裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
2 「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
3 葵つかさが「松潤とは終わった」と
4 維新も統一教会とズブズブ!松井、馬場、音喜多、足立
5 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
6 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
7 吉高が“私の裸を見て”と迫った男
8 岸田首相息子のフジ女性記者へのリーク疑惑で「まるで『エルピス』」の声!
9 元タカラジェンヌが告白した性的虐待
10 X JAPAN、TAIJIの死の謎
11 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
12 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 「芸能人よく言った大賞」前編! ローラ、ぱるる、古舘寛治も
15 『進撃の巨人』はなぜ人間を食べるのか
16 ナンシー関の長渕剛論がすごい
17 加齢キムタクに父親がダメ出し!
18 三浦瑠麗が戦前賛美、その御用学者体質
19 米の対イラン軍事行動でも安倍首相は映画にゴルフ
20 最強肉食女子・深田恭子を見習え
1「カジノ用地疑惑」追及が松井市長から恫喝・嫌がらせ受けるも新事実を敢然と報道
2細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
3高市早苗と赤旗が「政治資金規正法違反」報道でバトル!
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄