AV誕生から35年──カンパニー松尾&バクシーシ山下、2人のレジェンド監督が語るAV業界の変遷とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
playboy_01_151128.jpg
「週刊プレイボーイ」(集英社)15年11月30日号

 来年2016年は、1981年に日本最初のAVと言われる『ビニ本の女・秘奥覗き』・『OLワレメ白書・熟した秘園』が発売されてから35年目を迎える年となる。それを記念して、各メーカーでは昔の作品が復刻されたりと、早くも今年から様々な事業が行われている。

 そんな状況を受けて、「週刊プレイボーイ」(集英社)では、カルト映画化した『劇場版 テレクラキャノンボール2013』でもおなじみの二人のベテランAV監督による「カンパニー松尾とバクシーシ山下のAV史講義 1981-2016」という不定期連載が2015年の9月7日号から11月30日号にわたって連載されていた。この「AV史講義」は、先日全9回で終了。80年代から人気AV監督として第一線で見てきた彼らの目に、AV業界はどう映ってきたのか?

 アダルトビデオ35年の歴史。それは、AV業界が健全化をたどった歴史でもあると言う。かつてのAV業界はいかにムチャクチャだったか、カンパニー松尾は新人監督時代の思い出を語る。

 カンパニー松尾が童貞を喪失した相手は、彼の初監督作品に出演していたAV女優の亜里沙であるというのはファンにはよく知られた話。しかし、彼女とカンパニー松尾が関係をもった後日談にはこんなエピソードがあったという。二人が関係をもった後、松尾が亜里沙をキャスティングして撮影に入った時の話である。

〈松尾 亜里沙って実は爆弾で。白夜書房で編集者やってたアナル市原さんに男優役を頼んだんです。男優兼雑誌の取材という形で。そこで市原さんに「俺、亜里沙のことが好きで……」って打ち明けたら、「亜里沙はみんなとヤッとるでぇ」と(笑)。
(中略)
 ダイレクトに言うと市原さんと亜里沙が付き合ってたんですよ。で、「なんや、兄弟やんけ」って関西弁で明るく言われて。(中略)まあ初監督作でAV業界の洗礼を受けたって話です(笑)〉(10月12日号より)

 このような現象は松尾のまわりだけで起きていたわけではない。かつては業界全体にこのような傾向があったという。

〈山下 昔はそれこそ隙あらば女優口説くのが普通で。誰が女優を自宅へ送るかって競争があったじゃん?
 松尾 家の前で突然、腹を壊すスタッフ続出で。
 山下 トイレ借りるフリして部屋に上がり込んでね(笑)〉(11月9日号より)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

封印されたアダルトビデオ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AV誕生から35年──カンパニー松尾&バクシーシ山下、2人のレジェンド監督が語るAV業界の変遷とはのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。田中 教裏側の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 久米宏が終了決定のTBSラジオで田中真紀子と
2 感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張
3 感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
4 安倍晋三前首相会見で馬脚!“桜”原資はポケットマネーで疑惑再燃
5 菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
6 小池都知事の都知事選! 感染者増加の原因はすべて「夜の街」のせいに
7 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO
8 五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
9 葵つかさが「松潤とは終わった」と
10 感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
11 大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
12 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
13 IOC幹部の発言で安倍の責任が明白に…「1年以内延期」「再延期なし」ゴリ押し 
14 五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
15 安倍首相が国会で嘘の上塗り! ポケットマネーによる裏金疑惑も浮上
16 組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
17 五輪選手の親はみんな“毒親”なのか?
18 フィフィが水原希子に狡猾なヘイト攻撃
19 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
20 五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
1大ウソだらけの東京五輪! 安倍・菅・森はどんな嘘をついてきたか
2 平井大臣の株売却益隠しの裏!タニマチIT企業がオリパラアプリを高額受注
3五輪サッカー・久保建英が南アの陽性者に「僕らに損ではない」と無神経発言
4 検査数少ないのに感染1387人 東京で医療逼迫が起き始めた!
5感染者急増、医療逼迫でもテレビは「五輪金メダル」報道一色、コロナ無視!
6菅首相「五輪中止ない」の理由「人流減った」「新たな治療薬確保」は大ボラ
7五輪入場行進にすぎやまこういちの曲、杉田水脈のLGBT差別に同調
8それでも謝罪しない…河野太郎がワクチン問題でついた嘘と”知の崩壊“発言
9南ア、チェコ選手の感染、イギリス選手の濃厚接触も隠していた政府と組織委
10五輪海外選手の猛暑への批判に同調の為末大が猛暑懸念の声を「反安倍」と
11五輪で “濃厚接触者との対戦拒否できず”のルールがこっそりできていた
12五輪開会式演出の小林賢太郎が“ユダヤ人大量惨殺ごっこ”ギャグで解任!
13感染3177人で小池百合子が会見トンズラ!「一人暮らしは自宅を病床」暴言も
14組織委は「復興」ないがしろ!被災3県の子どもの深夜動員にも批判 
15五輪入場行進曲の作曲者名カットはすぎやまこういち隠し?それとも
16NHKが開会式前日に放送『いだてん』が突きつける東京五輪への疑問
17感染3000人超でもテレビは五輪一色、加藤浩次が“五輪無罪”を主張

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄