年末特別企画 リテラの2015年振り返り

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 しかし、この「対立」、実は単なる演出で、同月末に静岡県のエコパスタジアムで行われたももクロのワンマンライブでは、前山田氏とももクロが共演。川上氏と前山田氏が抱き合って仲直りする場面もあった。ようは、「プロレス」とも呼べない、くだらない「茶番」にファンは巻き込まれたかたちだ。だいたい、川上氏と前山田氏のあいだに数年におよび確執があったことは、両者の数々の言動から明らかで、ファンも長らく心を痛めてきた。こんな茶番で回収するのは、あまりにお粗末な筋書きとしかいえない。

 元メンバーで、現在は女優として活躍する早見あかりがグループを脱退する時には、素晴らしいストーリーをつくりあげ、その独創的な演出が人気を後押ししてきたももクロ。しかし、運営がこのような「茶番」しかつくれなくなっていることが象徴しているように、今年は失速が著しい。日産スタジアム・国立競技場でコンサートを行った昨年に比べ、今年はワンマンライブでの話題づくりもうまく機能したとはいえず、結果として紅白落選にまでつながってしまった。しかも、先の「紅白卒業宣言」は「お互い成長して6人で紅白共演」という早見との大事な約束というストーリーまで、ぶち壊してしまった。

 来年は、五大ドームツアー(五大ドームというと関東圏は一般的に東京ドームを指すが、ここでは東京ドームではなく西武ドームとなっている)と、新しいアルバムの発売が予定されている。これらを成功させられるかどうかが、このまま沈没していくか、それともさらなる人気を獲得できるのかの分水嶺となる。ももクロにとって、来年は踏ん張りどころの年となりそうだ。


★2位 喉頭がんで声帯切除のつんく♂がハロプロの総合プロデューサーをクビに!

 喉頭がんにより声帯を切除、歌手としての生命線を絶たれたつんく♂。決定的なハンデを受けた後でも音楽プロデューサーとして必死に生きる道を模索する彼の姿はNHKでドキュメンタリー番組としても取り上げられ、多くの人の感動を呼んだ。

 そんなつんく♂は、9月に出版した闘病記『だから、生きる。』(新潮社)で、もうすでにハロー!プロジェクトの総合プロデューサーを降りているという事実を告白。多くのファンが衝撃を受けた。しかも、『だから、生きる。』のなかには、アップフロントグループ会長の山崎直樹氏がつんく♂の体調不良を理由に進退を進言、しかも、その提案に対し首を縦に振らなかったつんく♂の意向を無視してまで、総合プロデューサー卒業の人事が強行されていたということも明かされていた。

 この強行人事により、つんく♂は今後、いち楽曲制作者の立場としてハロプロと関わっていくことになった。それにより、つんく♂が代表取締役を務めるアップフロントのグループ会社・TNX株式会社は縮小を余儀なくされることに。つんく♂は声帯除去手術を受ける入院期間中、身体にケーブルが何本も刺さっている状況で事業清算の事務作業を行わなくてはならなかったという。これまでアップフロントやハロプロに尽くしてきたつんく♂の功績を顧みない、「非人道的」と呼ぶにふさわしい山崎会長の所業である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48つんく♂ももいろクローバーZランキング編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
2 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
3 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
5 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
12 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
13 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
14 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
15 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
16 維新府議の「即入院」がテレビではじめて吉村知事に質問されるも…
17 ディズニーの原点は千葉のヤンキー
18 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
19 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
20 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
1竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
2JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
3パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
4五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
5炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
6変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
7「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
11東京都が消防庁の職員団員3万人を五輪に投入、救急車も大量配置
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄