年末特別企画 リテラの2015年振り返り

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 このようにスキャンダルがたびたび報じられてきたAKBグループだが、以上紹介してきた3つの事件はすべて「週刊文春」が報じたものだ。周知のように、AKBグループは各出版社に利権を散りばめることでスキャンダル報道を封殺し、長らくAKBのスキャンダルは「週刊文春」以外報じることができない環境にある。この「AKBタブー」の牙城は今年も崩れることはなかった。

 しかし、今年はそれを揺るがすような事件も起きている。発端は、当サイトでもたびたび取り上げている、秋元康が安倍晋三首相や幻冬舎・見城徹社長らとともに旧官邸で撮った「組閣ごっこ」の写真が「FRIDAY」(講談社)に掲載されたことだった。これを見て秋元康は激怒。講談社は一時AKB関係のイベント取材NGとなったという報道が出るなど、盤石に見えた利権体制に少しずつほころびが見え始めた。来年以降、この「AKBタブー」はどうなっていくのであろうか。


★3位 ももいろクローバーZの「茶番」と紅白落選 川上マネの手法に疑問の声も

 先日、『NHK紅白歌合戦』落選に際し、「紅白卒業宣言」を行ったことで話題となったのが記憶に新しい、ももいろクローバーZ。同じく落選したHKT48の指原莉乃やきゃりーぱみゅぱみゅが涙を流したと明かすなど悔しさや寂しさを素直に吐露したのに対し、このももクロの卒業宣言にネットでは「負け惜しみ」「大御所でもないのに卒業って図々しい」と批判が殺到した。

 この卒業宣言はマネージャーでプロデューサーの川上アキラ氏主導のもので、後日当のメンバーはブログで「ももクロは落っこちてしまいました」「正直、すごい悔しいし残念」「泣き疲れた」など悔しい思いを吐露しており、運営のチグハグさが露呈した。

 ももクロ人気を押し上げてきた原動力のひとつに川上氏によるプロレスを参考にしたサプライズ演出がよく挙げられるが、この「紅白卒業宣言」に代表されるように、ここに来て川上氏の「演出」が破綻する出来事が相次いだ。

 ももクロの代表曲「行くぜっ!怪盗少女」をつくったヒャダインこと作曲家・前山田健一氏との確執と和解をめぐる一件も、そのひとつだろう。

 今年7月、ももクロが所属するスターダストプロモーション芸能3部のトップである「理事長」こと藤下リョウジ氏のツイッターアカウントに、前山田氏との会食の写真がアップされた。ももクロをブレイクに導いた影の功労者とも言える存在ながら、数年前からももクロに楽曲提供を行っておらず、「不仲説」をささやかれていた前山田氏。会食写真には「もうそろそろいいんじゃないの?」とのコメントも添えられていたことから雪解けかと多くのファンが喜んだのも束の間、ももクロのプロデューサーである川上氏や、所属レコード会社・キングレコードのスタッフである宮本純乃介氏、スタイリストの米村弘光氏らが、それに異を唱えるような意味深なツイートを連続して投稿。内部分裂を連想させるような事態にネットは大いに盛り上がり、そして、ファンは当惑した。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

AKB、ももクロ、ハロプロ…いよいよアイドルブーム終焉か? アイドル事件簿ランキング(後編)5〜1位のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48つんく♂ももいろクローバーZランキング編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
2 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
3 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
5 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
8 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
9 自民党のネット誹謗中傷対策メンバーの平井卓也が女性蔑視書き込み
10 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
11 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
12 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
13 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
14 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
15 竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
16 維新府議の「即入院」がテレビではじめて吉村知事に質問されるも…
17 ディズニーの原点は千葉のヤンキー
18 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
19 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
20 林真理子が寝屋川事件被害者の親を批判
1竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
2JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
3パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
4五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
5炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
6変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
7「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
8平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
11東京都が消防庁の職員団員3万人を五輪に投入、救急車も大量配置
12聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
13五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
14G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄