野坂昭如が死の4ヵ月前に綴った、安保法制と戦争への危機感「安倍政権は戦前にそっくり」「国民よ、騙されるな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 戦争とはどれだけ酷く、悲しいものなのか。野坂は次のように言葉を重ねる。実際に戦争を体験し、その悲しみを身体に刻み込んできた彼から放たれるメッセージには並々ならぬ重みがある。

〈戦争は人間を無茶苦茶にしてしまう。人間を残酷にする。人間が狂う。だが人間は戦争をする。出刃包丁で殺そうが、核兵器で殺そうが同じことである。戦場で殺し合いをする兵士が、家では良き父であり、夫である。これがあたり前なのだ〉
〈戦争は人間を人間でなくす。では獣になるのか。これは獣に失礼。獣は意味のない無駄な殺し合いをしない。人間だけが戦争をするのだ。今を生きる日本人は、かつて戦争へと突き進んでいった人間たちと、どこがどう違うのか。何も変わりはしない。だからこそ戦争の虚しさを伝え続ける必要がある〉

「かつて戦争へと突き進んでいった人間たちと今を生きる日本人は何も変わらない」。この夏、我が国が「戦争のできる国」へと大きく舵を切った後に読むと、より考えさせられる言葉だ。この一文が象徴しているように、強硬なプロセスで採決された安保法制と安倍政権のやり方に対し、野坂は怒りを隠さない。

〈安保法案は衆院で強行採決された。じゅうぶんに審議は尽くされたという。審議尽くされたはずが、国民の大多数は説明不十分だと受けとめている。国民、学者、専門家から批判の声があがるが、お上はこれを無視。安倍首相をはじめ、政権側は、衆院に送り、今後国民にしっかり説明していくとのたまう。だが国会は説明の場ではない〉

 続けて野坂は、表現・マスコミに関わる者として、今のメディアを取り巻く環境を戦前のそれと重ね合わせる。

〈安保法がこのまま成立すれば、やがて看板はともかく、軍法会議設立も不思議じゃない。これは両輪の如きものとも言える。すでに特定秘密保護法が施行され、さっそくの言論弾圧。そのうち再びの徴兵制へと続くだろう。
 言論弾圧が進めば、反戦的言辞を弄する者は処罰される。すでにマスコミにも大本営発表的傾向がみられる。これがこのまま続けば国民の国防意識を急速に高めることも可能。たちまち軍事体制が世間の暮らしの仕組みの上に及んでくる。戦争ならば覚悟しなければならない。往年の国民精神総動員令がよみがえる〉

 彼が主張する戦前と今の類似点は、報道に対する圧力だけではない。国民の声は無視、まるで独裁者のように振る舞う政府の姿勢も戦前そっくりだと野坂は語る。

〈かつて軍国主義は軍隊が専横をほしいままにし、頂点に立つ何人かが協議。制度を整え、戦争を準備した。強力な指導者の登場は挙国一致体制が前提。今は軍国主義の世の中ではない。だが、世間が反対しようと無謀であろうと、無理のごり押しを平気でする。決めたらひたすら突き進む。この政府の姿勢は、かつてとそっくり〉

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

アメリカひじき・火垂るの墓 (新潮文庫)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

野坂昭如が死の4ヵ月前に綴った、安保法制と戦争への危機感「安倍政権は戦前にそっくり」「国民よ、騙されるな」のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍内閣安倍晋三新田 樹の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 補償なき自粛要請に水原希子、King Gnu井口、RAD野田らが声
2 立川志らくのティッシュ買占めや弟子への仕打ちが報道されない理由
3 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
4 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
5 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 田崎史郎を時事通が特別扱いした理由
8 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
9 大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11 金塊容疑者の写真はNEWS手越だった
12 安倍首相にマッチョ批判
13 昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
14 報ステが杉田水脈も赤坂自民亭もスルーした理由
15 五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
16 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
17 改ざん前文書に「安倍昭恵」の名前が!
18 感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
19 PCR検査拡大を訴える大谷クリニック院長がテレビから消えた!
20 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
1自殺した近畿財務局職員が手記であげた「刑事罰を受けるべき財務省職員」
2田崎史郎が明かした安倍首相のトンデモな五輪延期計画!
3「大阪・兵庫間往来自粛」は吉村府知事と松井市長の“完全なる誤読”
4五輪延期で発覚!安倍のお友だち「アパホテル」に組織委用の部屋
5 「人工呼吸器不足」は安倍政権の責任だ! 野党の指摘を放置
6 安倍首相が「退院者数」の少なさ隠蔽のためクルーズ船乗客を含めるペテン
7近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
8昭恵のNEWS手越ら芸能人と花見報道に安倍首相が逆ギレも説得力なし
9安倍のコロナ経済対策が酷い! 家計支援は観光・外食限定の「商品券」
10 安倍首相が赤木俊夫さんの妻の指摘まで否定も証拠の記録が
11俳優・伊勢谷友介が自殺した近畿財務局職員の手記を読み危機感表明
12 安倍首相のコロナ対応はなぜこんなに遅い? 28日の会見でもまだ具体的提示なし
13近畿財務局職員「遺書と手記」麻生太郎財務相の答えが酷い
14赤木さんの妻が安倍首相の反応に「夫が生きてたら悔しくて泣いている」
15感染爆発危機でも安倍首相と小池知事が“グータッチ”
16 近畿財務局職員の遺書と手記に、映画『新聞記者』の出演女優が涙
17K-1に自粛強要の一方で聖火イベントは強行する安倍政権
18大阪・吉村知事が支離滅裂! 大阪の感染者数が急増した途端兵庫県と合算
19吉村知事がリテラへの反論で馬脚「大阪・兵庫間の往来自粛」の真相
20 後藤謙次の降板で『報ステ』政権批判が完全消滅? 後任に米国より記者

カテゴリ別ランキング


マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄