タメ口にキレた又吉直樹にもその片鱗が? 売れっ子作家たちのわがままと変人ぶりを元編集者が告発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 また、直木賞作家の田中小実昌は“はりきらない”が作風であり個性でもあったが、快楽追求には熱心な作家だった。その快楽とは女と食である。田中には“公式”な愛人としてゴールデン街の名物ママ「まえだ」の存在があったが、しかしそれ以外にもシアトルや明石に馴染みの女性がいた。田中はこの地に気に入った飲み屋がありそこのママと親しくなる。田中が2000年2月に肺炎のため逝去したが、それはこのママが店を移したロスの地だった。また校條は1980年くらいに“明石の女性”にも会ったことがあった。

「初めて会った彼女の印象は、失礼ながら『もの凄いブス』だった。なによりも頑丈そうな前歯の突き出し方が度を超していて驚いてしまったものだ」

 その半年後、校條は田中から衝撃の事実を聞く。

「あのさ、この間の彼女死んじゃったのね。線路のうえに横になっていたらしいよ」

 校條は彼女の自殺が田中とはおそらく関係ないとしてそれ以上の詳細は記していないが、陽気でスケベ親父と周囲には思われていた作家の、これも壮絶な一面だ。

 その他、本書で取り上げられる多くの売れっこ作家は皆“風変わり”だ。家族のいる豪邸に帰らず各地を彷徨った水上勉は、酒癖の悪い小林秀雄にネチネチと絡まれウソ泣きで切り抜ける。女性をこよなく愛し、晩年まで銀座でもダンディぶりを見せつけた渡辺淳一は、愛人の存在を隠さず妻に報告していた。外面の良かった藤沢周平だが、日常生活では最低限のことばしか発しなかった。様々な作風を使いこなした多島斗志之は2009年12月、家族、友人たちに手紙を送付して失踪し、現在でもその消息が知れない。

 まさに波瀾万丈、奇人変人の集まりのような“作家ワールド”。芥川賞作家となった又吉もまた、先達に見習って奇人変人ぶりや編集者への横暴ぶりを見せてくれるか、そして奇人変人の先輩たちにどう揉まれていくのか楽しみなところだが、しかしそれがマスコミで批判されるなんて心配はご無用だ。

 編集者にとって作家の悪口を公表するなどタブー中のタブー。本書が作家の“内実”を暴露できたのも、取り上げられた作家がほとんど物故者か引退同然の状態だからだ。

 だから、いくら又吉がおかしなことをしても、今後は“作家タブー”に守られ、マスコミでそれが報じられることはほぼないだろう。又吉センセイにはぜひ、思う存分やりたい放題やっていただきたい。
(林グンマ)

最終更新:2015.08.20 08:06

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

作家という病 (講談社現代新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

タメ口にキレた又吉直樹にもその片鱗が? 売れっ子作家たちのわがままと変人ぶりを元編集者が告発!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー林グンマ編集の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
2 北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
3 宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
4 入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難
5 大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
6 内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
7 『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
8 五輪3兆円超え戦犯・森喜朗の重大疑惑
9 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
10 竹田恒泰の「差別主義」を認めた東京地裁の判決文を改めて紹介
11 大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
12 コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
13 菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
14 池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
15 東京都が東京五輪の観戦に子ども81万人を動員! 感染拡大中に通達
16 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
17 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
18 自民党がネトサポに他党叩きを指南
19 義家前文科副大臣が学校法人から献金
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1大阪の入院率10%のなか、維新議員が「コロナ感染、即、入院」で非難殺到!
2コロナのさなか自公が高齢者の医療費負担を2倍にする法案を強行採決へ
3 菅首相がコロナ対応の失敗を改憲にスリカエる発言! 国民投票法も強行成立
4吉村知事が「変異株対応」を強調して私権制限主張も…国内初の変異株死者を隠蔽
5 菅首相が「人流は間違いなく減少」と真っ赤な嘘! 東京駅前は昨年の1.8倍
6『めざまし8』で3時のヒロイン・福田らが「吉村知事はタイプ」話で盛り上がる
7大阪で123の病床が削減! コロナ医療崩壊でも菅政権が強行する医療カット
8宮本亞門が「“お金がからない五輪”は架空」海外のVIP接遇費44億円
9北海道の感染爆発は菅首相忖度の鈴木知事が対応を遅らせた!
10菅首相「五輪選手と国民が交わらない」は嘘 528自治体で選手団と住民が交流
11内閣官房参与の高橋洋一がコロナ感染状況を「さざ波」「笑笑」とツイート
12池江璃花子のツイートを菅政権やメディアが反対運動封じに利用!
13菅首相が「休んでいる看護師がいるから五輪に500人」妄言の直前に…
14高橋洋一「さざ波」「笑笑」ツイートを擁護するお笑い芸人たちの浅はかさ
15西村担当相が「マスクでも感染」認めたのに濃厚接触者の定義変更しない菅政権
16入管法改正強行に小泉今日子らが反対表明!スリランカ人女性見殺しにも非難

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄