安倍政権にNOの声が続々!宮崎駿、鶴瓶、美輪明宏、アジカン後藤、制服向上委員会…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
anpo_150715.jpg
反対の声には耳を傾ける気のない安倍首相(YouTube「ANNnewsCH」より)


 今日、衆院特別委で強行採決された安保法案だが、ここ数年、安倍政権が目指す“戦争のできる国”に反対の声を上げる芸能人・著名人が増えてきたことをご存知だろうか。

 作家、役者、映画人、タレント、アーティスト、歌手、そしてアイドル……。芸能、エンタテインメントを生業とする彼らにとって、政治的発言は、並大抵の覚悟ではできない。政権の意を忖度したメディアから自粛を要請されるだけでなく、商業主義に走るスポンサーや、心のないファンが離れることも懸念される。ましてや、少しでも政権に批判的なことを言っただけで、ネット右翼たちから攻撃を受け、炎上させられてしまう昨今だ。

 だがそれでも、戦争を憎み平和を愛すこと、戦後日本が戦争で直接的に人を殺さなかったことを誇りに思う気持ち、そして、この70年の歴史を脅かそうとする安倍政権に対する怒りを、彼らは発信し続けている。

 本サイトはこれまで、そんな彼らの発言をとりあげ、紹介してきた。彼らは政治家でもなければ、政治評論家でもないが、日本に住む一市民として、自分の言葉で、安倍政権への懸念を、安保法制の危険性を、憲法を守らなければならないという想いを、語っている。以下に再録するので、今一度彼らの声に耳をかたむけ、訴えていることの意味について考えてみてほしい。
(編集部)

【以下、五十音順】

●愛川欽也(役者)

●赤川次郎(作家)

●笑福亭鶴瓶(タレント、落語家)

●制服向上委員会(アイドル)

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

宰相A

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

安倍政権にNOの声が続々!宮崎駿、鶴瓶、美輪明宏、アジカン後藤、制服向上委員会…のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。安倍晋三宮崎駿編集部の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
4 町山、ロマン、水道橋、春日、豪の論戦
5 坂上忍『バイキング』打ち切りはフジ上層部による政権批判潰し
6 自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
7 維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
8 『女が嫌いな女』アンケートの噓を暴く
9 「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
10 古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
11 X JAPAN、TAIJIの死の謎
12 古舘伊知郎“最後の一刺し”がテレビ大賞
13 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
14 オリラジの吉本興業退所でマスコミが触れない松本人志をめぐる圧力
15 痴漢しても中島裕翔のドラマは放送開始
16 ペジー社社長の財団が山口敬之の実家に
17 ロシア入国禁止リストに“安倍元首相の名前なし”で「やっぱり」の声!
18 古舘降板は安倍とテレ朝上層部のせい
19 朴槿恵と同じ!安倍も操られていた
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1「報道の自由度ランキング」下落報道でNHKが政権忖度し削除した文言
2自公維の「国民投票法改正案」に批判の声!小泉今日子も反対表明
3維新に反省なし!女性蔑視の石井議員は開き直り、松井代表は経歴詐称を擁護
4 れいわから出馬 水道橋博士が主張する「反スラップ訴訟法」の重要性!
5古市憲寿が政府のコロナ対策を検証する「有識者会議」入りで疑問の声
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄