官能小説は時代とともに変化する! 女流作家の台頭、おっぱい派からお尻派への流れも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 83年には、〈現在の官能雑誌の主流となっている「特選小説」(辰巳出版)が創刊され、多くの官能作家を生み出す媒体になって〉いったこともあり、男根主義を覆す男性作家も登場する。

 鬼才・睦月影郎である。彼が描いた『聖泉伝説』(現在は幻冬舎アウトロー文庫に所収)は、〈当時はまだ読者感覚がその醇化されたフェティシズム、女性崇拝、妄想の豊潤さに追いつくのがやっとだった〉と評されるほどだ。たとえばこんな象徴的な一節がある。

《「僕も奈美子姉ちゃんに……」
舌がもつれ羞恥に顔が火照った。胸は高鳴り、蒲団の中でみるみる分身が誇張して脈打つように蠢いた。
「え? なあに」
「……僕も姉ちゃんに食べられたい」(略)
「姉ちゃんの身体の中で遊び廻って、最後は姉ちゃんのウンコになるの……」
 羞恥と発熱に、康彦は身体が宙に舞うような快感に浸った。》

 思えばこれが、“多様な嗜好の容認”の前夜だったのかもしれない。

 85年には〈それまで新書版だった官能小説が文庫化〉し、〈マニアでなくても日常的に読めるようになり、空港ロビーや駅の売店でも売られる時代に〉なったため、それまで〈公衆のなかで読めるようになることなど、想像できないことだった〉現象が現実となる。
 
 各出版社に独自色が出始めたのもこの頃。フランス書院系は〈ハードな性描写の陵辱もの〉が特徴になり、雨宮慶、鬼頭龍一、高竜也、そして結城彩雨のように、〈ひたすら肛交や肛虐に執着しつづける作家も生まれた〉。一方、マドンナメイト文庫は美少女ものに特色があり、〈「ロリータの吉野」といわれた吉野純雄などが活躍〉したそうだ。

 そして89年、ふんどし姿の宮沢りえのカレンダーが話題となったと同時期に、丸茂ジュン以来の大型女流作家・藍川京がデビューする。

 彼女は〈SM系の作品で話題になったが、そのハードな感触から、男性作家が女性のペンネームで書いているのでは〉と思われていたといい、それは〈女性が苛烈なSMシーンを描くことはできないだろう、という通念がまだ官能小説界には根強く残っていた〉ことを表している。

 たとえば『鬼の棲む館』(日本出版社)には、それまでの女性作家像を覆す苛烈さがにじみ出ている。

《右手にアナル棒、左手にクスコを持った片品に、里奈は鼻をすすって顔を戻した。
「ゆっくり大きく息を吐け」
黒いアナル棒を、片品は怯えてひくつく菊花に押し当て、ゆっくりと沈めていった。
「くううう……」
排泄のためだけの器官に異物が押し入ってくる。その不気味な感触に、汗をこぼす里奈の鼓動は乱れに乱れた。
「許して……あぁああ……いや……」》

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本の官能小説 性表現はどう深化したか (朝日新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

官能小説は時代とともに変化する! 女流作家の台頭、おっぱい派からお尻派への流れものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
2 日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
3 NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
4 持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5 吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
6 葵つかさが「松潤とは終わった」と
7 新国立競技場はザハ案のパクリだった!
8 検察庁法案改正賛成でわかった維新と吉村洋文知事の正体!
9 NHKのおおさか維新出演に批判殺到
10 ショーンKと同じ!安倍首相も学歴詐称
11 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
12 ジャニーズに弱いワイドショーが手越祐也を批判した理由
13 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
14 検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
15 NHKで国谷裕子を降板に追い込んだ人物が専務理事に復帰
16 自民党がネトサポに他党叩きを指南
17 安倍応援団が“森友学園”疑惑封じ!
18 テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
19 安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
20 橋下徹が都構想で使った詐術を検証!
1官邸が黒川検事長の“賭け麻雀”を悪用、稲田検事総長に「辞職」圧力
2 持続化給付金の作業を電通の“トンネル会社”が! 749億円の税金が
3安倍政権がコロナ「専門家会議」の議事録を残さないと明言する理由
4持続化給付金にさらなる疑惑もワイドショーは電通タブーで報じず
5安倍首相が「日本のコロナ対策が世界をリード」と自慢するトンデモ!
6松本人志が「黒川検事長は新聞記者にハメられた」と陰謀論で擁護!
7安倍首相「黒川検事長の“訓告”は検事総長の判断」はやはり嘘だった
8 つるの剛士「安倍首相にお疲れ様を言いませんか?」の的外れ擁護
9内閣支持率「27%」だけじゃない、安倍政権の危機を表すデータ
10吉村知事VS大村知事バトル 本当に正しいのはどっちなのか?
11田崎史郎が“黒川検事長と賭けマージャン”を正当化!
12NHKが持続化給付金疑惑をスルー、『日曜討論』で野党排除
13検察が河井陣営への“安倍マネー1億5千万円”で自民党本部関係者を聴取
14テラハ木村花さんの死を政権批判封じに利用する政治家と安倍応援団
15持続化給付金で中小企業庁長官が電通と接触、「Go To」3000億円も電通か
16検察庁法改正でダダ漏れ指原莉乃の政権批判を封じたい本音
17木村花さんの死の責任はSNS 以前にフジ『テラスハウス』にある!
18日本のネトウヨにも聞かせたいビリー・アイリッシュの反差別メッセージ
19ツイッタージャパンの反差別に対する消極性 代表と産経ニュースの関係
20箕輪のセクハラを告発した女性が暴露したエイベックス松浦の疑惑

カテゴリ別ランキング


人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄