官能小説は時代とともに変化する! 女流作家の台頭、おっぱい派からお尻派への流れも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 もちろん、今も官能小説には新しいトレンドが起きている。〈社会に性的な開放感が広まって、不倫のタブーも薄らぎ、SMなども変態というよりは多様化したプレーの範囲として受け入れ〉られるようになったため、官能小説の題材は〈ほとんど際限なく広がって〉いるというのだ。

 題材の職種は〈身近な人妻、美味しそうな新人OL〉は当然として、〈社会に進出する女性たちの先端的職業〉の女性まで伸びる。

 たとえば、藤隆生の『美人ゴルファー 公開調教』(マドンナメイト文庫)や『美女スイマー シンクロ調教』(同)、高輪茂の『美人弁護士 肉罠に濡れて…』(同)や、美園満の『女美術教師』(フランス書院文庫)など。

 また、神社ブームを反映してか、「巫女もの」も人気だ。『下町巫女三姉妹』都倉葉(フランス書院文庫パラダイス)、『三人の熟巫女【添い寝】』(巽飛呂彦)(フランス書院文庫)、『巫女の秘香』睦月影郎(竹書房ラブロマン文庫)、『美少女脅迫写真 鬼畜の巫女調教』柚木郁人(マドンナメイト文庫)など、多くの作品が同時期に出ている。

 作家陣にも変化の兆しがある。09年頃から女流作家が次々とデビューし始めたのだ。元バスガイドの花房観音。キャビンアテンダント出身の蒼井凛花。現役ナースの櫻乃かなこ。ミュージシャンでもあるうかみ綾乃。そしてAV界のカリスマ美熟女・川奈まり子。みな10年代にデビューし、何らかの官能小説の賞を受賞、その名を業界に轟かせるだけではなく、現在も精力的に作品を描き続けている。

 ほかにも、官能小説界全体の流れとして見られるのが、〈おしり派の優勢〉である。

 官能界にはいつでも〈お尻派とおっぱい派〉の派閥があり、〈このところおしり派が優勢で、次第に定着する傾向をたどって〉いるという。永田氏によると、〈生活に余裕がなく食べ物も充分でない時代には、おっぱいはが優勢になり、飽食の時代にはお尻派が増えるという〉説もあるらしいが、社会情勢と官能小説は切っても切れない関係と言えよう。

 また、男性優位の社会が是正されつつある反動か、昨年くらいからは、女性が強い社会へ変容している反動で、〈作品のなかだけでも男性の優位を味わおうとする欲求からか、従来のSMものに加えて、最近の社会状況や人間関係にSMを取り入れた加虐もの、あるいは過激な性技で女体を屈服させるといった作品も〉増えているらしい。

 そして〈読者の高齢化傾向〉もあり、〈中年男性が若い時代の性を蘇らせたり、失意の環境で思いがけない性運に恵まれて、女体を渉猟する〉という“回春もの”が人気になっているという。

 時代と共に幅を広げ続ける官能小説。“活字離れ”が叫ばれる時代だが、同書を読んでいると、官能小説にはまだまだ未来があるように思えてならない。
(羽屋川ふみ)

最終更新:2018.10.18 05:11

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本の官能小説 性表現はどう深化したか (朝日新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

官能小説は時代とともに変化する! 女流作家の台頭、おっぱい派からお尻派への流れものページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。性教育羽屋川ふみの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 上田晋也『サタデージャーナル』終了の不可解
2 退職代行サービスだけでは対応できないブラック企業の恫喝手口
3 交番襲撃“父親が関テレ常務”より「元自衛官」
4 『いだてん』が関東大震災「朝鮮人虐殺」を示唆!
5 マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
6 秋篠宮家の料理番がブラック告発
7 くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
8 安倍が統計不正答弁中の根本厚労相に「戻れ」指示
9 東山紀之が“反ヘイト本”を出版
10 橋下徹に恫喝された女子高生が告白!
11 香港市民はデモの力示したが、日本は…
12 安倍イラン訪問でNHK岩田明子記者がまた安倍フェイクPR
13 グッディ!土田マジギレ真の原因
14 葵つかさが「松潤とは終わった」と
15 『クロ現』降板の国谷裕子が圧力を語る
16 『朝生』で百田尚樹が徹底論破され大恥
17 久米宏が電通タブーに踏み込む激烈な五輪批判
18 拍手・起立を井筒監督と松尾貴史が批判
19 DT浜ちゃんの息子がシティボーイ!?
20 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
1安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
2くりぃむ上田晋也が“政権批判NG”に敢然と反論
3金融庁報告書で厚労省年金局課長の驚愕無責任発言
4産経新聞コラムが「引きこもりは自衛隊に入隊させて鍛え直せ」
5安倍首相が「老後2000万円」追及に逆ギレ!
6菅官房長官が望月衣塑子記者への“質問妨害”を復活
7金融庁「年金下がるから資産運用」報告書で麻生太郎が開き直り!
8F35捜索打ち切りと大量購入続行でNHKが「背景に政治性」と報道
9金融庁炎上の裏で安倍政権が「年金」の“不都合な事実”を隠蔽!
10防衛省イージス・アショア失態 、玉川徹が原因を喝破!
11長谷川豊が部落差別発言「謝罪文は馬場幹事長が作った」
12講談社「ViVi」の自民党広告は公選法違反か!
13映画『主戦場』上映中止要求の右派論客に監督が徹底反論!
14渡辺謙が語った『ゴジラ』出演と震災、原発、戦争
15マンガ『スシローと不愉快な仲間たち』第1話
16田崎史郎「65歳から年金もらってます」
17川崎殺傷事件「不良品」発言こそ松本人志の本質だ!
18 香港市民はデモの力示したが、日本は…
19松本人志が「不良品」発言問題で謝罪も説明もなし!
20農水元次官子ども殺害正当化は、橋下徹、竹田恒泰、坂上忍も

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄