「長嶋家はもともとバラバラ、家族断絶」長嶋一茂が父との確執報道めぐり法廷で衝撃証言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

「(絶縁とは)何を持ってなのかな、と。話せば長くなりますけど、もともと長嶋家はバラバラで、母の生前も6人そろって旅行に行ったことも、食事だってそろってしたことは一度もないです」
「僕は中学から家を出ましたし、弟(次男・正興)もアメリカに行った。去年手紙はやりとりしましたけど、一度も会っていない。だいたい弟の所在を知る人間もいません。妹(長女のこと、法廷では実名)にしても、会っても年に1回です。このように、基本的にバラバラなので、もともとが家族断絶といってもよいと思います」

 なんと、ミスターの現役時代からも含め、いわゆる“普通の家族像”などはまったくなく、きょうだい間の交流も事実上の断絶状態であったことを明かしたのだ。

 弁護士からは、「家族関係がドライということですか?」と補足質問があったのだが、一茂は「ドライというか、これが普通だと思っていました」と受け流した。

 つまり、長嶋家は世間一般の家族像とはちがうものであるがゆえ、「新潮」がいうような「普通の家族の光景」などなくて当然ということなのだ。言い換えれば、一茂は“国民栄誉賞授与式の夜に家族でお祝いなどをしませんけど何か?”と主張しているのである。

 もちろん、家族のあり方にはさまざまな形態があるだろうし、率直にいえば、“普通の家族が何か”という問いに正解などないのかもしれない。

 だが、世間一般の人々が長年抱いてきた、“理想の家族像”的な長嶋ファミリーのイメージを根底から覆すような証言だったことは間違いないだろう。

 ところが、こんな衝撃的な事実が、法廷で当事者によって語られたにもかかわらず、メディアでは一切報じられていない。一茂の発言は、スキャンダル好きなマスコミにとっては、いかにもおいしいネタにも思えるのだが、どうしてまったく報じられないのか。

 前出の週刊誌記者がその背景を解説してくれた。

「実は一茂は、ほかにもいくつかの裁判を起こしています。前述したグッズ売却を報じた『週刊ポスト』とは係争中ですし、同様に『週刊文春』とは、昨年最高裁までいって勝訴しています。いずれも弁護士は最強とうたわれる弘中惇一郎氏。どの媒体も下手なことを書けば訴えられると尻込みして、一茂関連の話題には触れないようにしているという状態なんですよ」

 なるほど、ここにもマスコミお得意の自主規制が働いているということなのである。

 だが、一茂はただのタレントにとどまらず、テレビ朝日『モーニングバード』でコメンテーターも務めて、自らの意見を発信する立場にある人物である。こういった人物の実像を伝えることは、メディアにとって重要な役割の一つであろう。

 思考停止して、すぐにタブーを作るメディアの体質はどうにかならないものなのか。
(窪川 弓)

最終更新:2015.05.11 11:55

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

長嶋茂雄 最後の日。 1974.10.14

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

「長嶋家はもともとバラバラ、家族断絶」長嶋一茂が父との確執報道めぐり法廷で衝撃証言のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。タブー家族窪川弓の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2 葵つかさが「松潤とは終わった」と
3 夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
4 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
5 「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
6 櫻井よしこ、西岡力ら日本の右派と韓国の諜報機関の癒着問題にキーマン
7 たけしと瀬古が「玉川徹待望論」もテレ朝は玉川を政治にさわらせない方針
8 X JAPAN、TAIJIの死の謎
9 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
10 有馬キャスター降板だけじゃない! NHKが世論調査でも政権忖度
11 岸田政権の“防衛増額”に元自衛隊幹部が「砂糖の山にたかるアリ」と批判
12 三浦瑠麗が公安も失笑のフェイク拡散
13 東京五輪で増田明美と有森裕子が論争! 開催を主張する増田に有森が
14 コロナ第8波で三浦瑠麗、たむらけんじが医療機関を攻撃、非難殺到!
15 岸田首相息子のフジ女性記者へのリーク疑惑で「まるで『エルピス』」の声!
16 アパホテルのトンデモ極右思想の正体
17 三浦瑠麗が近財職員の自殺にトンデモ発言
18 佐藤浩市をフェイク攻撃した安倍応援団が批判殺到で逃亡
19 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
20 自民党の“アシスト係”維新が賛成した最悪の法案総まくり
1細田衆院議長が安倍元首相に全責任なすりつける醜い弁明もマスコミは
2「モーニングショー」まで…台湾有事を煽るマスコミの酷さ
3夫の会社が家宅捜索で三浦瑠麗に説明責任「太陽光発電」を後押しする発言
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄