DMMニュースがジャニーズ記事を全削除! ネットニュースにも広がるタブー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
dmm_001_150509.jpg
次々と飲み込まれていくネットニュース、DMMのウラには山Pとの…(左・DMMニューストップページより)


「アガるニュース」を毎日無料配信──このような謳い文句で昨年9月にオープンしたニュースサイト・DMMニュース。エンタメにカルチャー、社会に海外、マネーなど、扱うジャンルは多岐にわたるが、なかでも人気を集めているのが芸能ニュースのようで、ランキングには「日テレ・内定取り消し女子アナは腫れ物扱い?報道もバラエティも「要らない」の大合唱」「【偽セレブ?】マリエ“借金6500万円”の危ない私生活」「【医師たちのリアル恋愛事情】西川史子も…女医が「非医師」の男を選ぶワケ」などといった記事が並んでいる(5月8日現在)。

 そんななかでもとくに人気を誇っているのが、ジャニーズの話題だ。最近も、「元SMAPの肩書で森且行がパチンコ営業…ジャニーズも容認か」(3月4日配信)や「億ションを複数所有…嵐メンバーのハイソな住居事情」(4月7日配信)、「木村佳乃の“芸人化”にジャニーズ事務所が困惑」(4月12日配信)「フジテレビが春の改編で大惨敗「ジャニーズとの蜜月関係解消」も要因か」(4月21日配信)、「関ジャニ∞がCMで披露した女装姿、ネット上に噴出した予想外の反応とは?」(5月2日配信)といった記事を掲載してきた。

 ジャニーズといえばマスコミではスキャンダルを扱うことが「タブー」となっており、週刊誌でさえジャニーズのネガティブネタを打てるのは「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊現代」「FRIDAY」(講談社)、「週刊女性」(主婦と生活社)のみ。スポーツ紙では東京スポーツの独壇場、テレビのキー局にいたっては一切取り上げられないという異常な状況だ。そんななかで、雑誌や新聞社系ではないネットニュースは自由にジャニーズネタを報じるメディア。DMMニュースもそのひとつであった。

 が、そんなDMMニュースに異変が起こった。なぜか最近、過去に配信されたジャニーズネタが、見られない状態になったのだ。ポータルサイトに配信された記事はまだ生きているが、直接DMMニュースのサイトにアクセスすると、ジャニーズを扱った記事はすべて「指定されたページは見つかりませんでした。」とデカデカと表示されてしまう。記事が削除されてしまった結果であることはわかるが、なぜ削除したかの説明はない。

 一体、何が起こったのか。事情を知る人間はこう話す。

「じつはDMMグループのCMにジャニーズの山下智久が起用されるんです。まだこの情報は公開されていませんが、じきにオープンになります」

 調べてみると、DMMニュースでは4月12日にも「山下智久にタレント生命の危機「演技が下手すぎる」」と題して、山下主演のドラマ『アルジャーノンに花束を』(TBS系)の演技に対してネット上に寄せられている意見を取り上げ、記事にしている。たんにネットの声を集めただけの記事ではあるが、もちろん、これも現在はサイト上で読むことはできない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ヤフー・トピックスの作り方 (光文社新書)

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

DMMニュースがジャニーズ記事を全削除! ネットニュースにも広がるタブー のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。AKB48ジャニーズタブー時田章広の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
2 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
3 共謀罪で小林多喜二の悲劇が再び現実に
4 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
5 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
6 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7 葵つかさが「松潤とは終わった」と
8 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
9 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
10 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
11 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
12 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
13 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
14 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
15 新証言!昭恵夫人が籠池夫妻に情報漏洩
16 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
17 神社本庁の田中総長が辞意、原因は不動産不正取引疑惑
18 吉村知事への批判がテレビでも…北村教授、日本城タクシー社長、小木博明も
19 吉本芸人「ほんこん」のサムすぎるネトウヨぶり!
20 「死ぬまでSEX」で朝日とポストが
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
14DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄