小藪の『美魔女批判』は本当に正論か? 35歳以上の女は着飾っちゃいけないのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 内閣府が2013年、家事・育児の労働を貨幣価値に換算したところ、専業主婦は年間約304万円、兼業主婦でも223万円、対して男性は51万円という結果が出た。「見えない労働」である家事・育児は経歴やスキルとして認められず、法的にも経済的にも、補償や権利が与えられない。このことは、1960年代から指摘され続けていることだ。それから半世紀近く、相変わらずの現在――小藪の美魔女批判は、母親たちが担う見えない労働を、「せめて賞賛して欲しい」という悲痛にも近い不満に共鳴したように見える。ここが、小藪の美魔女批判の巧妙さ。一見、多くの普通の主婦や母親たちの味方をしているようで、彼女たちの不満の矛先を美魔女に向けることで、こっそり問題をすり替えてしまうのだ。

 「美魔女vs普通の主婦」のような、いわゆる“女の敵は女”の対立構図の背景には、いつも男社会の論理が隠されている。

 小藪の主張を受けてワラワラと湧き出た、「家事・育児は尊い! おろそかにするなんてけしからん!」と大合唱する男性たちには、それならば、女性ばかりに押し付けるのではなく男性がもっと積極的に関わればいいと言いたい。

 小藪の美魔女批判で声高に叫ばれる「家事・育児こそ一番尊い!」という論調は、美魔女をこき下ろすことで普通の主婦の味方を装っているが、結局は家事・育児を女性だけに押しつけるための男社会の方便にすぎない。

 そこには、母親たちが美容やオシャレに夢中になって、家事・育児がおろそかになったら「困る」、という男性目線のご都合主義が垣間見える。実際、小藪の美魔女批判では、ことごとく家事・育児は女性がやることが前提となっているのだ。

 結局、小藪の美魔女批判というものは、「母親たるもの家族を優先して自分を犠牲にすべし」という昔ながらのガンコ保守オヤジにありきたりの良妻賢母像の押し付けと、そこからはみ出たものへの排他でしかない。今回の美魔女批判を是とする論調は、「母親はこうあるべき」という生き方の規定と、それにそぐわない母親へのバッシングをOKとして、結果的に普通の母親たちを追い詰めるムードに繫がるだろう。

 今回たまたま「美魔女」には当てはまらなかった母親も、「ベビーカーで電車に乗るな」とか、「学校の持参弁当は手づくりでないと」、などなど、今後どういうカタチで湧き上がるかわからないバッシングがひとたび自分に当てはまれば、はみ出た母親として集中砲火を浴びかねない。

「美」でも、はたまた家事や育児でも、何に価値を置くかは人それぞれ。「母親としてこうあるべき」などと生き方の部分を他人が説くのは、おせっかいもはなはだしい。昨今ブームの「毒舌芸人」の一人として着実に地位を築いている小藪だが、みんなが言いづらかった本音を露悪的にぶちまけるだけというのでは、あまりにも芸がない。毒舌芸は、自分より弱く叩きやすいものを追い詰めることではないはずだ。
(藤マミ)

最終更新:2017.03.02 12:39

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小藪の『美魔女批判』は本当に正論か? 35歳以上の女は着飾っちゃいけないのか?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。主婦家事藤 マミの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
2 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
3 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
4 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
7 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
8 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
9 高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
10 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
11 統一教会が安倍トランプ会談を仕掛けた
12 堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
13 DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14 「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
15 安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
16 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
17 海上自衛隊が「イジメ自殺」を過労死として隠蔽
18 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
19 自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
20 川島なお美が近藤誠の診断を告発
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
4高市早苗にネトウヨが総結集、「天照大神の再来」とバカ騒ぎ、膳場貴子を攻撃
5山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎がワクチンを総裁選に利用!はじめしゃちょー相手にデマも
8堀江、竹中だけじゃない 菅首相に「がんばった」と同情論寄せる世論
9「政治のせいで命失う」正論を口にした野々村真が炎上させた自民党応援団!
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
12自民党政権が「一般病床削減」を継続、看護師5万人削減の計画も
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄