洗脳なんかじゃない! 能年玲奈の才能をつぶしているのは所属事務所のほうだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 同誌によれば、仕事も入らず、くすぶっていた能年だが、滝沢氏の演技レッスンによって変化し、映画やドラマの仕事が少しずつ増え始めた。でも、事務所がプッシュしていたのは社長の肝いりである川島海荷のほう。『あまちゃん』オーディションも事務所としては川島が本命で、能年は“当て馬”でしかなかったのだ。

 いざ能年が主人公を射止めても、扱いは変わらなかった。『あまちゃん』出演時の月給はたったの5万円。朝ドラの主演というハードなスケジュールのなかでも事務所のサポートも手薄で、能年が頼れる人間は滝沢氏しかいなかった。同記事によると、『あまちゃん』の撮影も佳境に入った2013年4月、ついにパンクしてしまった能年は滝沢氏に電話し、「寮の乾燥機が壊れて、もう明日のパンツがない」「財布には二百円しかない」と泣きついた。そこから滝沢氏は能年の身のまわりの世話をするようになったのだという。

 そうして滝沢氏と距離を縮めた能年だが、その態度が事務所スタッフの怒りを買ってしまう。『あまちゃん』終了後にはチーフマネージャーが「玲奈の態度が悪いから、オファーが来てない。仕事は入れられないよね。事務所を辞めたとしても、やっていけないと思うけどね」と宣言。今年8・9月に公開予定の『進撃の巨人』からも出演オファーがあったが、レプロはこれを断り、仕事をもっとしたい能年との溝はさらに深まることになった。そしてついに昨年1月には、能年が「事務所を辞めたいです」とマネージャーにメールを送るまでに事態は発展。こうした能年の表明に対し、レプロの社長は激昂して「負け犬!」と言い放ったという。

 この記事では当事者である能年にも直撃している。独立騒動について記者に問いかけられても能年は無言を貫いているが、唯一「能年さんは仕事を断っているのですか?」という質問には、「私は仕事をしてファンの皆さんに見てほしいです。私は仕事がしたいです」と語っている。今年3月にもブログで〈仕事がしたい、仕事がしたい、仕事がした~い〉と書き込んでいたが、これが能年の正直な気持ちなのだろう。

 せっかく大ブレイクを果たしたのに、飼い殺し状態に追い込まれてしまった能年。もちろん、レプロとしては、同事務所の看板である新垣結衣の後に続く女優として育てようと、能年の評価を落とさない作品選びや露出量をコントロールしていた側面もあるはずだ。しかし、そのプロデュース自体が失敗だったと言わざるを得ない。

 たとえば、能年と同じく『あまちゃん』で注目を浴びた有村架純は大量露出路線で連ドラやCMに引っぱりだこ、映画も『ストロボ・エッジ』『ビリギャル』と主演作が目白押し状態。他方、そんな有村に大きく水をあけて期待されていたはずの能年は、『あまちゃん』以降、出演したのは『ホットロード』『海月姫』の映画2本と『世にも奇妙な物語』のオムニバスドラマ1本のみ。しかも、せっかく選び抜いた作品なのに話題性も弱く、いまでは出し渋りによって存在自体が忘れられそうになっている。挙げ句、こうした事務所の戦略を納得させることもできず、能年は信頼を置く滝沢氏との距離を縮めた。これでは事務所に内緒で独立を画策したとしても当然の話である。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

A'SCENE(エー・シーン)Vol.1 (パーフェクトメモワール)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

洗脳なんかじゃない! 能年玲奈の才能をつぶしているのは所属事務所のほうだ!のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。レプロエンタテインメント大方 草洗脳能年玲奈の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
2 裁判で「安倍首相は逃げている」と陳述、赤木さんの妻が小川彩佳に語った覚悟
3 松本人志「好きな人ができると女はだめになる」に指原莉乃が鋭すぎる反論
4 「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
5 徹底した検査で経済との両立を実現した韓国と対照的な日本政府の無能
6 電通社員自殺でも弘兼憲史が宴会芸賛美
7 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
10 GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
11 村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を
12 東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
13 『進撃の巨人』のシキシマはリヴァイ?
14 辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
15 自殺した赤木さんの妻が『バイキング』生放送中にLINEで…
16 GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
17 公安庁が沖縄めぐりネトウヨ並み報告書
18 “フジのスシロー”平井文夫解説委員の安倍擁護は“本家”田崎史郎より酷い
19 木下優樹菜の「新しい不倫相手」は本当に存在するのか?
20 東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
1東京の感染者は7月1日から100人超、発表67人を139人に修正
2「医療逼迫していない」は嘘だった!なのにGoToキャンペーン前倒し強行
3 年金積立金が1~3月期で18兆円マイナス! 国民の年金を溶かした安倍政権の責任
4安倍政権がまた「災害ないがしろ」!被災地に耐久性不十分の段ボールベッド
5GoToキャンペーンは、 “影の総理”今井補佐官と菊池桃子の夫が経産省の利権に
6森友公文書改ざんで安倍首相を守った太田充主計局長が財務省トップに
7「#GoToキャンペーンを中止してください」ツイート25万超
8 首相官邸のSNSはやはり電通が仕切っていた! 高橋まつりさんも母親に
9裁判で「安倍首相は逃げている」と陳述、赤木さんの妻が小川彩佳に語った覚悟
10大谷医師が明かしたネトウヨの電凸攻撃!「反日」と怒鳴り込まれたことも
11 河井克行の買収に安倍事務所が関与の新証言!現金渡した相手を首相秘書が訪問
12 安倍政権がコロナ増税の動き! 新会議に震災で復興税導入を主張した経済学者
13東京女子医大がボーナスゼロで400人の看護師が退職希望も、安倍政権は
14GoTo強行の安倍政権、専門家の感染拡大予測メールを破棄した東京都
15田崎史郎がGoTo擁護で「古希に九州旅行する」「6、7人で会食始めた」
16「桜を見る会」で昭恵夫人、菅官房長官と写真の“大物半グレ”が逮捕
17「東京でコロナ感染224人」は本当に検査を増やしたせいだけなのか
18辛坊治郎が新宿区のコロナ見舞金を「ホストが10万円狙いで感染」とデマ
19香港問題で安倍首相と自民党の二枚舌
20村上春樹が『猫を棄てる』で歴史修正主義と対決、父親の凄惨な戦中体験を

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄