ジャニーズ“ヤラカシ”事件簿を検証!「過激なファンは殴られても仕方ない」のか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
akayamanishi_01_150320.jpg
過去には赤西軍団が一般人の携帯電話を強奪する事件も……


 先日、「明星」(集英社)を筆頭に、「ポポロ」(麻布台出版社)「WiNK UP」(ワニブックス)「POTATO」(学研マーケティング)「duet」(ホーム社)といった複数の競合アイドルグラビア誌が、相次いで同じ警告文をTwitterの公式アカウントで発表し、話題を集めている。

 例として「明星」編集部がアップした警告文は、こんな文章だ。

〈最近、雑誌に掲載されている写真および文章を、写真撮影やスキャン等を行ない、許諾なくツイッターで公開する行為が目立っております。これらの行為は著作権、肖像権等を侵害するものであり、場合によっては刑事罰が科され、あるいは損害賠償を請求される可能性があります。くれぐれもご注意ください。〉

 他社のアイドル誌も上記とほぼ同じ文面だったため、これを見た人々のあいだではすぐさま「ジャニーズからのお達しか?」という憶測が広がった。芸能事務所のなかでもとくにジャニーズ事務所は肖像権にうるさく、いまだにジャニーズタレントはドラマに出演したり雑誌の表紙を飾っても、ドラマの公式サイトや電子書店では画像が使用できないケースも多いからだ。

 だが、今回アイドル誌が出した警告は、あきらかにファンを含んだ一般読者に向けたものである。ファンたちが雑誌のグラビアや記事を写真に撮ってネット上に公開することはよく見られる光景だが、それで商売をしているのならいざ知らず、ファンがSNSで楽しむ分にまで刑事罰や損害賠償請求など穏やかではない話を持ち出して脅しをかけるのは、あまりに行きすぎた行為ではないか。

 しかし、こうしたジャニーズの強気な攻勢に対し、ファンのあいだでは「またヤラカシのせいで!」といった“ヤラカシ批判”が起こっている。

「ヤラカシ」というのは、アイドルの追っかけのなかでもプライベートまでつきまとうなどのマナー違反をはたらくファンを指した言葉。じつは、これまでもジャニーズタレント絡みの事件では、このヤラカシたちがファンのなかで批判の的になってきた。

 たとえば、『ジャニーズJr.ランド』(BSスカパー!)などに出演し、愛らしい顔立ちで人気を集めていたジャニーズJr.の水越大介の事件でもそうだった。水越は2013年の後半からコンサートやアイドル誌から姿を消し、ファンのあいだでは退所が噂されていたが、昨年12月、「週刊女性」(主婦と生活社)で退所の経緯について驚きの告白を行った。退所の原因はヤラカシだと述べたのだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

ジャニーズ50年史 モンスター芸能事務所の光と影

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

ジャニーズ“ヤラカシ”事件簿を検証!「過激なファンは殴られても仕方ない」のか!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ジャニーズタブー林グンマの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 田崎史郎のいない素晴らしい世界
2 徴用工問題で日本の元外務官僚が「韓国に100%の理、日本に100%の非」
3 「桜を見る会」名簿問題で菅官房長官の会見が支離滅裂!
4 ジャパンライフの広告塔に田崎とNHK島田も
5 田崎史郎と三浦瑠麗が『朝生』で無理やりすぎる安倍政権擁護連発!
6 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(前編)
7 菅原経産相辞任で田崎史郎不在の『ひるおび!』が政権批判
8 安倍晋太郎が山口会長に「金儲けの秘訣を教えて」と懇願した夜
9 「桜を見る会」ジャパンライフ招待問題にマスコミが消極的な理由
10 葵つかさが「松潤とは終わった」と
11 安倍の成蹊時代の恩師が涙ながらに批判
12 安倍政権御用ジャーナリスト大賞(後編)
13 田崎史郎が御用批判に失笑の言い訳
14 安倍首相が「桜を見る会」国会答弁で下劣言い訳を連発
15 休みも残業代も0!美容師のブラック労働
16 維新応援団・野村弁護士が懲戒、橋下徹にも請求が
17 警視庁捜査、ジャパンライフと安倍政権
18 池上彰が朝日叩きとネトウヨを大批判
19 安倍政権が消費者庁のジャパンライフ立入検査ツブシ、内部文書が
20 三浦瑠麗が「保守速報を禁じるんならリテラも禁じるべき」
1久米宏が「テレビが反韓国キャンペーンをやってる」と真っ向批判
2安倍政権・厚労政務官が外国人在留申請で口利き「100人で200万円」
3 玉川徹がGSOMIA破棄で加熱するテレビの嫌韓煽動を批判
4明石家さんまが吉本上層部と安倍首相の癒着に痛烈皮肉!
5『ゴゴスマ』で今度は東国原英夫がヘイト丸出し、金慶珠を攻撃!
6『報ステ』の“安倍忖度”チーフPがアナやスタッフへの“セクハラ”で更迭
7『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」
8文在寅側近の不正に大はしゃぎの一方、安倍政権が厚労政務官の口利きに無視
9埼玉知事選で警察が柴山文科相への抗議を排除!柴山も表現の自由否定
10安倍首相がトランプからトウモロコシ爆買い
11菅官房長官「トウモロコシ大量購入は害虫被害対策」は嘘
12 GSOMIA破棄は安倍のせい 慰安婦合意から始まった韓国ヘイト政策
13安倍が後に先送り財政検証の酷い中身
14 GSOMIA破棄で日本マスコミの「困るのは韓国だけ」の嘘
15 松本人志や吉本上層部批判の友近、近藤春菜にバッシング、報復か
16『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事は「小学館幹部の方針」の内部情報
17GSOMIA破棄!八代・有本ら安倍応援団は「嫌なら来るな」
18 『モーニングショー』で「暑さに耐えるのが教育」元高校野球監督は右派論客
19 古市憲寿の芥川賞候補作「参考文献問題」に選考委員が猛批判
20『関東大震災「朝鮮人虐殺」はなかった!』のデマとトリックを暴く

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄