小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑”に触れないのは事務所の圧力か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koizumikyoko_150315.jpg
小泉今日子オフィシャルサイトより


 先週、週刊誌2誌で突如として報じられたキョンキョンこと小泉今日子のスクープ記事。「FRIDAY」(講談社)は、袋とじ8P(!)をさいて、新恋人とされる俳優・豊原功輔との複数の2ショット写真を掲載。「週刊文春」(文藝春秋)も、豊原の個人事務所と同住所に小泉も個人事務所を設立したことをつかみ、豊原との関係を絡めた独立騒動として報じた。

 だが、他の芸能マスコミの後追い報道は一切なし。そのうえ、キョンキョンの熱愛については、この2誌も報道していない疑惑があるらしい。それは、2人が不倫関係だったのではないかという疑惑だ。

「豊原には離婚歴があるらしいんですが、小泉とは結婚していた時から付き合っていたのではないか、といわれているんです。さらに、現在も別居しているが、まだ籍が抜けていないという情報もある。ところが、両誌はなぜか、そのことに触れていないんです」(マスコミ関係者)

 小泉といえば、芸能界のドンともいわれる周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションの所属。社長のお気に入りの中でも特に高いランクにあるとされ、これまでスキャンダル報道からは守られてきた存在だ。ヨイショ的な記事はできても、スキャンダルに関しては事務所の顔色をうかがわざるを得ない。実際の彼女は交友関係も広くオープンな性格。夜遊び好きで、オトコ関係のネタをキャッチされることも少なくないが、ストレートには世に出ない。

「普通ならマイナスイメージになるであろう永瀬正敏との離婚すらも、事務所の働きかけで“自立した女性”のようなイメージを植え付けさせることに成功しています。その結果、小泉はアイドル時代から30年近くも芸能界で高い地位を維持し続け、50歳を目前にしても『あまちゃん』のような人気ドラマで重要な役どころでキャスティングされるというわけです」(週刊誌記者)

 そんなところから、今回もバーニングが動いて、両誌に“不倫”のことを書かせなかったのではないかといわれているのだ。

 そもそも、今回の報道を見た芸能マスコミ関係者の最初の印象は「お得意のリークでは?」というものだったという。バーニングは自社所属の女性タレントに恋人ができると、スクープとして暴かれる前に、事前にマスコミに情報を流すことで報道をコントロールする傾向があるからだ。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

T字路(初回限定盤)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑”に触れないのは事務所の圧力かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングフライデー小泉今日子窪川弓豊原功輔週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
2 キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
3 赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
4 宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
5 葵つかさが「松潤とは終わった」と
6 「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
7 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
8 立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」
9 五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
10 “G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
11 室井佑月「アベを倒したい!」後編 望月衣塑子が語る菅官房長官の裏の顔
12 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
13 組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
14 給食費未納で給食停止はヒドすぎる!
15 安倍が天皇“お気持ち表明”に報復人事
16 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
17 安倍首相の1億総活躍社会はインチキ
18 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
19 近畿財務局職員を自殺に追い込んだ「森友公文書改ざん」安倍首相の指示だった
20 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
1赤木ファイル公開で改ざん指示は安倍から菅、菅から佐川のルートが濃厚に 
2「五輪子ども動員」強行のために東京都が“キャンセル案内文書”を隠蔽!
3「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
4組織委が五輪取材の海外メディアに「隔離0日」になる“抜け穴”例文を提示!
5G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
6安倍晋三が「赤木ファイル」を冒涜するツイート!
7平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
9吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
10“G7でぼっち”菅首相フォローのため甘利明やFNNが妄想ストーリー
11五輪感染対策がザル化!開会式の観客は2万人、毎日PCR検査が抗原検査に
12五輪の有観客開催強行のため菅首相が会見で空疎な嘘を連発!
13宮本亞門が衝撃告白「トップの方が裏で大金を渡し招致を決めたと自慢げに」
14キャンセル続出も…「五輪観戦子ども動員」ラグビーでは1試合1万3千人!
15夫婦別姓もLGBT法案も安倍晋三がツブした!
16立民議員「50歳と14歳」問題でおぎやはぎが「多様性」「ロリータは名作」

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄