小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑”に触れないのは事務所の圧力か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
koizumikyoko_150315.jpg
小泉今日子オフィシャルサイトより


 先週、週刊誌2誌で突如として報じられたキョンキョンこと小泉今日子のスクープ記事。「FRIDAY」(講談社)は、袋とじ8P(!)をさいて、新恋人とされる俳優・豊原功輔との複数の2ショット写真を掲載。「週刊文春」(文藝春秋)も、豊原の個人事務所と同住所に小泉も個人事務所を設立したことをつかみ、豊原との関係を絡めた独立騒動として報じた。

 だが、他の芸能マスコミの後追い報道は一切なし。そのうえ、キョンキョンの熱愛については、この2誌も報道していない疑惑があるらしい。それは、2人が不倫関係だったのではないかという疑惑だ。

「豊原には離婚歴があるらしいんですが、小泉とは結婚していた時から付き合っていたのではないか、といわれているんです。さらに、現在も別居しているが、まだ籍が抜けていないという情報もある。ところが、両誌はなぜか、そのことに触れていないんです」(マスコミ関係者)

 小泉といえば、芸能界のドンともいわれる周防郁雄社長率いるバーニングプロダクションの所属。社長のお気に入りの中でも特に高いランクにあるとされ、これまでスキャンダル報道からは守られてきた存在だ。ヨイショ的な記事はできても、スキャンダルに関しては事務所の顔色をうかがわざるを得ない。実際の彼女は交友関係も広くオープンな性格。夜遊び好きで、オトコ関係のネタをキャッチされることも少なくないが、ストレートには世に出ない。

「普通ならマイナスイメージになるであろう永瀬正敏との離婚すらも、事務所の働きかけで“自立した女性”のようなイメージを植え付けさせることに成功しています。その結果、小泉はアイドル時代から30年近くも芸能界で高い地位を維持し続け、50歳を目前にしても『あまちゃん』のような人気ドラマで重要な役どころでキャスティングされるというわけです」(週刊誌記者)

 そんなところから、今回もバーニングが動いて、両誌に“不倫”のことを書かせなかったのではないかといわれているのだ。

 そもそも、今回の報道を見た芸能マスコミ関係者の最初の印象は「お得意のリークでは?」というものだったという。バーニングは自社所属の女性タレントに恋人ができると、スクープとして暴かれる前に、事前にマスコミに情報を流すことで報道をコントロールする傾向があるからだ。

「基本的にバ―ニングは、自社の女性タレントが結婚したり恋愛することを好まない。そのため、わざと相手の男性のマイナス情報を流して、別れさせる方向にもっていくことが多いんです。たとえば、中山美穂と恋愛関係にあった井上ヨシマサや離婚した辻仁成などは交際直後から悪口を書かれましたし、藤原紀香と結婚した陣内智則、内田有紀と結婚した吉岡秀隆なども、途中から悪口を流され、離婚への流れをつくられてしまった」(ワイドショースタッフ)

 だが、今回の記事については、この見立ては無理筋だろう。というのも、「週刊文春」の記事をよく読むと、豊原をおとしめる内容は一切ないからだ。それどころか、事務所の内情も考慮して周防社長が“個人事務所設立を容認した”という芸能プロ関係者の証言までも紹介されているのだ。

 リークであるとするならば、その意図が見えず、「何のためにリークしたのか分からない記事」なのである。では、真相はいったいどこにあるのか。事情を知るマスコミ関係者に聞くと、声をひそめながら証言してくれた。

「要するに記事はガチなんですよ。その証拠にテレビやスポーツ新聞などのバーニングに近いとされる媒体がこの話題に一切触れていません。実は2誌からの連絡を受けたバーニングは、スポーツ紙とワイドショーの担当者(B担)に後追い報道を一切しないように指示しました」

 確かに、小泉と豊原との恋愛話は芸能マスコミの格好のネタのはず。スポーツ新聞やワイドショーが沈黙しているのは不自然としか言いようがない。

「バーニングも『フライデー』『文春』の取材を受けてはじめて交際を知ったらしい。それで、取材に動いていた強気の2誌にはマイナス情報を書かないように交渉し、一方、他のバーニングべったりの芸能メディアには、この話題には触るなとのお達しを出したということでしょう」(前出・マスコミ関係者)

 それにしても、毎度のことながら、こうしたご都合主義の“報道統制”を簡単に受け入れてしまう芸能マスコミのだらしなさにはうんざりさせられる。芸能マスコミにジャーナリズムを求める気はさらさらないが、せめてその下世話さをすべてのタレントに分け隔てなく貫くくらいの矜持は持つべきではないだろうか。
(窪川 弓)

最終更新:2017.12.19 10:15

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

T字路(初回限定盤)

  • amazonの詳細ページへ
  • 楽天ブックスの詳細ページへ
  • Yahoo! ショッピングの詳細ページへ
  • セブンネットショッピングの詳細ページへ

新着 芸能・エンタメ スキャンダル ビジネス 社会 カルチャー くらし

小泉今日子に新恋人発覚! マスコミが“不倫疑惑”に触れないのは事務所の圧力かのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。バーニングフライデー小泉今日子窪川弓豊原功輔週刊文春の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
2 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
3 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
4 『ひるおび!』出演者のバービーが番組の野党の扱いに疑問!
5 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し
6 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
7 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 甘利幹事長に「闇パーティ」広告塔疑惑
10 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
11 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
12 安倍晋三の新型コロナ対応と菅直人の原発事故対応とどっちが酷い?
13 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
14 厚労省が今度は「ドライブスルー検査」を“医師の診察が伴わない”とデマ
15 田崎史郎ら御用が垂れ流す「安倍さんは人事に不満」説の嘘,
16 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
17 『報ステ』ディレクターの自殺と原発
18 共謀罪 盗聴法 マイナンバーはセット
19 BTSを「ナチス礼賛だ」と歪曲攻撃したナチ信奉者たち
20 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
1 Dappi運営企業と取引報道の自民党ダミー会社は岸田、甘利が代表の過去
2 有名ネトウヨ「Dappi」の正体は自民党が取引先のウェブ制作会社!
3 甘利明が「スマホは日本の発明」「消費税の使途は社会保障に限定」の嘘
4 安倍、甘利、麻生、山口が立憲と共産党へのデマ攻撃!
5 ネトウヨDappiと自民党の関係が国会で追及されるも岸田首相はゴマカシ
6 Dappi運営会社社長が、“安倍の懐刀”元宿自民党事務総長の親族の土地に家を
7 維新の野党共闘ディスが悪質!吉村知事も“暴言王”足立康史と一緒に
8 菅田将暉らの「投票呼びかけ動画」参加のローラに差別丸出しのバッシング
9 岸田首相の解散直前『報ステ』単独出演に「放送の中立性欠く」と批判殺到!
10 辻元清美が自らの不正への対応を語って甘利明に説明要求!
11 岸田首相に「話が長くて中身がない」「何を言いたいのかわからない」と悪評
12 安倍晋三が杉田水脈の名簿順位を上げ、あの初村元秘書の公認ゴリ押し

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄