川崎中1殺害事件でも「新潮」が顔写真を! 是か非か、少年犯罪実名報道トラブル史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 光市母子殺害事件に関しては、もうひとつ興味深い展開があった。この事件では一審で少年に無期懲役の判決が下った後、少年の手紙を「週刊新潮」が実名・顔写真入りで報道。他方、新聞各社は事件発生当初から少年を匿名で報じてきた。ところが、最高裁による上告破棄(2012年、差し戻し審での死刑判決の確定)の後、朝日、日経、読売、産経は元少年を実名で報道する方針に突如切り替えたのである。なお、毎日と東京(中日)新聞は匿名報道を維持した。当時の4紙の「おことわり」を要約すると、“死刑の対象者は明らかにされるべきであるから”という朝日、“死刑確定により更正の機会がなくなったため”とする日経と産経、読売は両者を合わせたものだった。

 少年法の規定が対象者の更正および社会復帰を目的としているとはいえ、なんとも釈然としない言い分ではなかろうか。うがった見方をすれば、この4紙は、かねてから少年を実名で報道したがったが「少年法第61条の取り扱い方針」が邪魔だったので匿名報道に甘んじていた、とも受け取れる。

 マスメディアは“変わり身”をする。それが際立ったのが、06年に発生した山口女子高専生殺害事件である。山口県の工業専門学校での研究室で、女子学生(20)が絞殺体で発見された事件だ。遺体に付着した血液などをDNA鑑定した結果、同研究室の学生(19)が容疑者として全国指名手配された。「週刊新潮」は06年9月14日号で容疑者の実名・顔写真入りの記事を出し、こう書いた。

〈凶悪事件において、犯人の身柄確保以上に優先すべきことがあるはずがない。そのための実名と顔写真の公表は、犯人の「自殺・再犯」の抑止にも繋がるのだ。〉

 容疑者は学校にほど近い山林で発見された。この号の発売日である9月7日のことだった。腐乱が進み、身体の一部が白骨化していたという。首つり自殺であった。

 その直後から、それまで匿名で報じていた複数のメディアが、学生の実名報道に切り替えた。同日夕方にはテレビ朝日と日本テレビが実名報道、読売新聞と「週刊朝日」も“転身”した。その理由は総じて“容疑者が死亡したため少年法の規定の対象外となったから”というものだ。「週刊新潮」の主張は“自殺防止”、テレビ朝日らは“死んだから匿名の必要なし”……まったく逆の言い分である。

 以上、本稿では50年代から2000年代まで、マスコミの“未成年の実名・写真報道”について、いくつかの実例をもとに追ってきた。読者諸賢はどういった感想をもたれただろうか? 

 昨今ネット上では、衝撃的な未成年による事件が発生すると、脊椎反射的に「実名を出せ」「クソガキは死刑にしろ」という意見が噴出する。しかし、こうして歴史を辿ってみると、少年法と報道の関係は一筋縄にはいかないものであることがお分かりいただけると思う。どうか、感情にまかせて「少年」の写真を“シェア”する前に、立ち止まり、この問題についてよく考えてみてほしい。本稿がその材料となれば幸いである。
(梶田陽介)

最終更新:2017.12.19 10:01

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

『週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか―「編集意図」「購買心理」から『週刊新潮』流を読み解く!

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

川崎中1殺害事件でも「新潮」が顔写真を! 是か非か、少年犯罪実名報道トラブル史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ少年犯罪川崎市中1男子生徒殺害事件梶田陽介殺人週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
2 吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
3 『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
4 安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
5 小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
6 中居がすべらない話でJのタブーに!
7 検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?
10 菅首相に飛ばされた元総務官僚が語った恐怖支配!「あそこまでひどい人は…」
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12 菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
13 『あさが来た』は籾井の機嫌取り企画
14 大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
15 菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
16 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
17 古舘伊知郎が激白“テレビは噓ばかり”
18 昭和の名作裏ビデオ史
19 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
20 イノッチが夫婦別姓反対派を一蹴!
1菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』めぐり内閣広報官がNHKに圧力
2 安倍晋三が調子に乗っている! 極右集団「創生日本」再始動
3菅首相の遅すぎる「GoTo見直し」はキャンセル料補填しないためか!
4大阪のコロナおざなり対策が酷すぎる!重症病床使用率もごまかし
5吉村洋文知事「命の選別」発言は事実! “治療を高齢者から若者に”
6菅、安倍、森がバッハ来日で…コロナ隠しにGoTo続行、NHKに圧力
7コロナ再拡大の最大の戦犯は菅首相!専門家の指摘無視「静かなマスク会食」
8検察がつかんだ「桜」前夜祭の公選法違反証拠!費用補填800万円の明細
9 大統領選不正デマを拡散した日本のトランプ応援団の妄言総まくり!
10安倍が宇野教授を任命拒否したのは宇野教授の父から批判された逆恨みか
11 学術会議任命拒否 宇野重規教授が書評「暴君」論で菅首相批判か
12「桜を見る会」安倍前首相の大嘘答弁・醜態総まくり
13『スシローと不愉快な仲間たち』12 安倍首相の寒すぎるポエム
14小田嶋隆・武田砂鉄対談 後編 糸井重里と松本人志をあらためて語る
15小田嶋隆・武田砂鉄対談 前編 ツイッターで安倍政権とどう向き合うか?

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄