川崎中1殺害事件でも「新潮」が顔写真を! 是か非か、少年犯罪実名報道トラブル史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 さらに時代を10年ほど進めてみる。90年代から2000年代前半には、未成年による凶悪事件が多発し、「キレる10代」「心の闇」なる文言がメディアを賑わせた。こうしたなか、2000年の少年法改正で検察官送致年齢が16歳から14歳に引き下げられたことも記憶に新しい。いくつか印象的だった“実名・写真報道”を挙げてみよう。

 1997年の神戸児童連続殺傷事件、通称・酒鬼薔薇事件は、遺体損壊という猟奇的な犯行手口、犯人から送りつけられた“声明文”など、劇場型犯罪としてメディアを賑わした。ましてや犯行が14歳の少年によるものだったことで、世間に大きな衝撃を与え、社会不安を増長させた。少年の氏名、顔写真などを一貫して報じなかった新聞に対し、問題視されたのはやはり雑誌ジャーナリズムだった。

 一例として写真週刊誌「FOCUS」(新潮社/休刊)を巡る騒動を取り上げよう。同誌は97年7月9日号で「酒鬼薔薇聖斗」の顔写真を掲載。東京法務局は回収と再発防止策の公表を勧告した。流通業界でも販売自粛や、図書館が閲覧を停止する動きがあった。さらに新聞・テレビは一斉に「人権侵害」「商業主義」と批判。だが、それでも大衆は「酒鬼薔薇聖斗」の情報を求めていた。実際、扱いのあった書店では瞬時に完売したという。インターネット(当時はパソコン通信も)で、被疑少年の個人情報が飛び交うようになったのもこの頃からだ。「FOCUS」の誌面をコピーして、ネット上で販売する者も現れた。多発した酒鬼薔薇関係のサイトやカキコミには、露骨に「愉快犯」的なものが多く、現在でいうところの“祭り”の原初だったと言えるだろう。

 酒鬼薔薇事件の余波も覚めやらぬその翌年、堺通り魔事件が発生した。早朝、シンナー中毒の少年(19)が、通学中の女子高生(15)を包丁で刺し、立て続けにバスを待っていた幼稚園児の集団を襲撃。逃げ後れた幼女(5)に馬乗りになり背中を2回刺突。女子高生と、幼女を庇おうとした母親が重傷、幼女は死亡した。

 この事件では、容疑者の少年を実名で報道した「新潮45」(新潮社)とジャーナリスト・高山文彦氏が少年から訴えられるという事態に発展した。少年は、「実名報道で名誉を毀損された」として2200万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こし、刑事でも告訴した。これは少年法61条を巡る全国初の訴訟である。民事の一審は少年の勝訴(新潮社に250万円の支払い命令)、控訴審では一審を破棄する逆転無罪だった。

 この裁判の焦点はともに憲法で保障されている「表現の自由」と「基本的人権」の対立という構図だった。大阪高裁はルポについて「社会の正当な関心事」であり「表現方法において特に問題視しなければならないところも見受けられない」とした。著書『少年犯罪実名報道』(文藝春秋)のなかで高山氏は、これを〈(判決文は)「表現の自由」が実名報道を禁じた少年法61条に優先すると述べているのだ〉と書いているが、同時に大阪高裁はこのようにも述べている。

〈本件記事において、実名によって被控訴人(※引用者註 犯行におよんだ少年のこと)と特定する表現がなかったとしても、その記事内容の価値に変化が生じるものとは思われず、(略)本質が隠されてしまうとも考えられない。しかも、本件記事によって被控訴人に自分のしたことを認識させ分からせることができるかどうかは不明というべきであるし、そもそも控訴人(※引用者註 高山氏)らにそれをする権利があるとも解されないから、この点に関する控訴人らの主張は理由がない。〉

 つまるところ、この判決文の趣旨は絶対的に「表現の自由」の勝利を謳うものではなかったとは言えよう。ただし、光市母子殺害事件(99年)でも、加害少年(18)の実名をタイトルの一部に入れた書籍(顔写真も掲載された)を巡って争われたが、同じく裁判所は少年の弁護団側の出版差し止め請求を認めていない。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

『週刊新潮』はなぜ、読者に読まれるのか―「編集意図」「購買心理」から『週刊新潮』流を読み解く!

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

川崎中1殺害事件でも「新潮」が顔写真を! 是か非か、少年犯罪実名報道トラブル史のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。マスコミ少年犯罪川崎市中1男子生徒殺害事件梶田陽介殺人週刊新潮の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
2 G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
3 吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
6 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
7 平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
8 高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
9 五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
10 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
11 櫻井よしこ、西岡力、文春…朝日・慰安婦報道叩きのデタラメが次々露呈
12 自民党がネトサポに他党叩きを指南
13 変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
14 五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!
15 炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
16 聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
17 デジタル担当相・平井卓也は電通と組んでネット情報操作を始めた張本人
18 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
19 パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
20 安倍首相が会見も新しい対策ゼロ! 質問打ち切りに記者から怒号
1竹中平蔵パソナの利益が前年の10倍以上に!五輪とコロナ対策事業のおかげ
2JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
3パブリックビューイング中止は嘘!井の頭、日比谷、上野は開催、代々木公園も
4五輪組織委の現役職員が異常な人件費と中抜きの実情を告発!
5炎上、竹中平蔵がYouTubeで「一部の既得権者が利益」とおまゆう発言
6「大阪の自宅死が全国最多」でも吉村知事を追及できないマスコミ 朝日も…
7変異株クラスター発生のなか…政府は病床使用率の変更
8G7で“借りてきたネコ”状態の菅首相をヨイショするためNHKがフェイク!
9平井卓也のヤクザ並み恫喝はオリパラアプリのデタラメ発注をごまかすため! 
10吉村知事の大阪府は「時短協力金」支給も大幅遅れでダントツ最下位! 
11高須院長が田中事務局長と鈴木宗男に超法規的なリコール期限延長を陳情
12東京都が消防庁の職員団員3万人を五輪に投入、救急車も大量配置
13聖火リレーの醜いスポンサーファースト 子どもにスポンサー品の着用強要
14国会延長拒否の菅政権が「土地規制法案」だけ強行採決へ!その危険な中身
15五輪映画監督の河瀨直美が露骨な五輪礼賛発言、反対の声を八つ当たり扱い!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄