紅白の安倍批判で「反日」と炎上の桑田佳祐 じゃあ『永遠の0』主題歌提供はなぜ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 だが、結論からいうと、これは深読みのしすぎだろう。桑田がそこまでの確信犯でないのは『永遠の0』への楽曲提供を決めた経緯を見ても明らかだ。主題歌の依頼は映画の製作サイドがオファーしたものだったようだが、桑田はそれを引き受ける前に仮編集の『永遠の0』を鑑賞して多いに感動したらしい。桑田はあるインタビューでこんなことを語っている。

「凄い映画を観た。手ぬぐいがビショビショになるくらい泣いた」
「映画の中に流れている“平和への祈り”のようなメッセージを、私なりに音楽という形を通じて、多くの方々に伝わっていくお手伝いができればと思っております」

 つまり、桑田は『永遠の0』をほんとうに反戦映画だと思って感動していたのだ。実際、できあがった歌詞も批評性がある訳ではなく、百田のつくりだした情緒的な世界観に丸乗りしたものだった。

 おそらく、桑田の政治行動にはたいして深い考えがあるわけではない。もっとシンプルに、そのときの正義感、怒り、感情、盛り上がりで行動しているにすぎないのではないか。

 横浜アリーナのライブも、安倍首相が来るというものだから半分冗談で仕掛けてみたら、安倍が何も知らずにのこのことやってきたということらしい。

 紫綬褒章についても、当初は何も考えずにありがたくもらったら、一部で「日和った」などといわれたため、ちょっと照れ隠しにたいしたことないよと言ってみせたという程度のことだろう。

 そういう意味では、その反戦メッセージがアメリカという国家から危険視され、FBIから監視され、国外退去命令まで受けたジョン・レノンなどとはまったくちがう。ただの思いつきで行動しているおっちょこちょい。その感じはむしろ、山本太郎に近いといってもいいかもしれない。
 
 だが、桑田の行動は思いつきで一貫性がないゆえに、大きなインパクトをもったことも事実だ。政権の顔色ばかりをうかがっているNHKをここまで慌てふためかせ、褒章の権威をここまで揺るがせ、ネトウヨをここまでいらだたせることは、ポジションが固定化された反戦・権力批判では不可能だっただろう。

 これからも、桑田にはネトウヨの炎上攻撃などは気にせず、ぜひ、思いつくまま安倍攻撃、戦争批判、政治的発言をがんがん展開していただきたい。ただし、百田作品の主題歌だけはイデオロギーとは関係なくイメージダウンにつながるのでやめた方がいいとは思うが……。
(酒井まど)

最終更新:2017.12.09 04:44

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦【初回プレス仕様】 [Blu-ray]

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

紅白の安倍批判で「反日」と炎上の桑田佳祐 じゃあ『永遠の0』主題歌提供はなぜ!?のページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。ネトウヨ反日桑田佳祐紅白歌合戦酒井まどの記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
2 安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3 岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 葵つかさが「松潤とは終わった」と
5 高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
6 テレ朝で『モーニングショー』統一教会報道中止、ネット動画削除!
7 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
8 統一教会とズブズブ萩生田「政調会長」に批判殺到!一方、テレビは…
9 JOC経理部長の飛び込み自殺で囁かれる「五輪招致買収」との関係,
10 中山美穂ラブラブ写真に辻仁成は
11 原発事故前に安倍が地震対策拒否
12 岸田政権の“改憲”の本命「緊急事態条項」はこんなに危ない!
13 グッディ高橋克実が北朝鮮危機で本音
14 イノッチが元東電社員の原発擁護論に反論
15 乃木坂46橋本奈々未が背負った貧困
16 神社本庁、天皇の甥の最高権威・統理に怪文書
17 森喜朗200万円受領問題だけじゃない! 五輪招致買収や神宮再開発利権も
18 安倍元首相「桜前夜祭」問題でサントリーに続きニューオータニとも癒着疑惑!
19 統一教会とズブズブ報道の萩生田光一政調会長がテレビ各局に圧力か
20 KADOKAWA夏野剛社長に新たな暴言が発覚! 一方、森喜朗には…
1高橋治之と安倍晋三は親戚関係だった!安倍家の自宅購入資金も高橋弟が捻出
2安倍こそ政治の犠牲になった国民を「悼む気持ち」のない冷淡政治家だった
3岸田首相が性差別発言や統一教会擁護の安倍応援団・小川榮太郎をブレーンに
4 統一教会問題で下村博文と山谷えり子の呆れた開き直りと嘘
5安倍国葬で大はしゃぎ 百田尚樹ら安倍応援団とフジサンケイの醜態
マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄