加入率は米国の3倍以上!「死亡保険」を有り難がるのは日本人だけだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷
shibouhoken_150109.jpg
『日本人が保険で大損する仕組み』(橋爪健人/日本経済新聞出版社)

「結婚したら家族のために入る」「社会人になったら、そろそろ入る」など、「保険は入るもの」と考えがちな日本人だが、米国では「保険はできるだけ入らない」と考える――。米国人が保険に入ろうと考えるのは「住宅ローンを借りる時」「富裕層の人が相続対策でキャッシュが必要な場合」くらいだという。

『日本人が保険で大損する仕組み』(橋爪健人/日本経済新聞出版社)では、日本生命保険出身の企業向け保険ビジネスコンサルタントである著者が日本人の「保険幻想」に迫っている。

 とある保険の統計データでは「生命保険料ベースでは、米国が世界一、そしてほぼ並んで日本が2位、そのあと英国が3位で、4位がフランスです(略)生保の世帯加入率を見ますと、日本は約90%で米国が80%ですので、日米とも一般家庭に生命保険がかなり普及していることがわかります」

 しかし、日本だけが米英仏との間に大きな違いがある。日本人だけが死亡保障を重視しているのだ。

「米国では生命保険と言っても、そのうちの80%が年金保険と医療保険だからです。日本のような公的な医療保険制度のない米国では、国民が自分で医療保険に入らなければなりません」
「日本人が生命保険と聞くと、すぐに思い浮かべる代表的な死亡保険は、米国では20%に過ぎませんが、日本は約70%です」
「近代保険発祥の国である英国でも同じです。保険料規模では、米国、日本に次いで世界第3位ですが、保険商品は運用目的の一時払いの個人年金が中心です。日本で主流の死亡保障保険はごくわずかです」
「統計上で世界第4位のフランスは、米英よりさらに生命保険に入りません。(略)銀行で取り扱われている投資信託や債券のような運用系の金融商品のひとつとして、貯蓄系保険が扱われています。銀行は運用商品のラインナップのひとつとして貯蓄系保険を売っているわけです。人々は、死亡保障系の生命保険にはほとんど入りません」(同書より)

「夫が万一の場合に備えて妻や子供のために保険に入る」という日本では固定観念に近い考え方も、夫婦共働きが主流の米国や、社会保障が充実し高福祉で、伝統的に女性の社会福祉が進んだ欧州ではなじみが薄いのだ。

「問題は日本です。欧州と同じように国の社会保障が充実しているのに、依然として多くの人が死亡保険や医療保険に入っています」

 日本が欧州と同じように社会保障が充実しているとは思えないが、社会保障制度が充実していない米国に比べても3倍以上の割合で死亡保険に加入していることを考えると、日本人が「保険過剰」なのは間違いないだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

この記事に関する本・雑誌

日本人が保険で大損する仕組み

新着芸能・エンタメスキャンダルビジネス社会カルチャーくらし

加入率は米国の3倍以上!「死亡保険」を有り難がるのは日本人だけだったのページです。LITERA政治マスコミジャーナリズムオピニオン社会問題芸能(エンタメ)スキャンダルカルチャーなど社会で話題のニュースを本や雑誌から掘り起こすサイトです。保険医療小石川シンイチ年金の記事ならリテラへ。

人気記事ランキング

総合
ツイート数
1 八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
2 倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
3 外務省「旭日旗」正当化のインチキ!
4 高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!
5 高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
6 山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
7 河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8 葵つかさが「松潤とは終わった」と
9 安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
10 「詩織さん全面勝訴」で証明された警察と検察のおかしさ! 
11 八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
12 高市推薦、自民党ヒトラー本が怖すぎ
13 総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
14 安倍が支援、高市早苗が「さもしい顔して貰えるもの貰う国民ばかり」
15 高市早苗はなぜ“ネオナチ”といたのか
16 安倍首相と省庁幹部の面談記録が一切作成されなくなった!
17 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
18 八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
19 室井佑月の『ひるおび!』降板で麻木久仁子が滝川クリステルに疑問
20 小倉優香の番組中「辞めさせてください」の本当の理由は番組のセクハラ
1安倍晋三が「統一教会」イベントでトランプと演説!同性婚や夫婦別姓を攻撃
2八代英輝弁護士が「共産党は党綱領に暴力的革命」とデマ、維新の政治家も丸乗り!
3山口敬之の逮捕をツブした中村格の警察庁長官就任に広がる抗議!
4八代の共産党攻撃の根拠「公安調査庁」がまるで共産党PRの“失笑”報告書
5八代の降板なし『ひるおび!』のダブスタ 室井佑月と上地雄輔で対応の差
6総裁選に騙されるな、政府のコロナ対策の酷さは全く変わってない! 
7河野太郎に実は「コロナわかってない」説! 今頃、パルスオキシメーター解説
8高市早苗が右翼隠しに躍起! 反ワクチン極右活動家が高市支持デモ計画も
9 森友再調査問われ河野、岸田が呆れた忖度発言! 高市は桜で大嘘
10河野太郎が会見で露骨な安倍忖度!森友再調査の質問に答えずワクチンで大嘘
11倉持仁院長の総裁選をめぐる正論に橋下徹やネトウヨがいちゃもん
12安倍晋三の総裁選支配に今井尚哉、北村滋の二大側近がまたぞろ暗躍か!
13DHCテレビが敗訴判決!辛淑玉が語る「犬笛によるヘイト」と判決 
14高市早苗の最側近は「生産性がない」杉田水脈でテレビ局にも同行!

カテゴリ別ランキング

マガジン9

人気連載

アベを倒したい!

アベを倒したい!

室井佑月

ブラ弁は見た!

ブラ弁は見た!

ブラック企業被害対策弁護団

ニッポン抑圧と腐敗の現場

ニッポン抑圧と腐敗の現場

横田 一

メディア定点観測

メディア定点観測

編集部

ネット右翼の15年

ネット右翼の15年

野間易通

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

左巻き書店の「いまこそ左翼入門」

赤井 歪

政治からテレビを守れ!

政治からテレビを守れ!

水島宏明

「売れてる本」の取扱説明書

「売れてる本」の取扱説明書

武田砂鉄